余剰薪放出 ~ 2回目

本日はかねてから薪を譲る約束がしてあったN田さんが来られました。N田さんは、私のマキトモのYossyくんやM森くんの友人で、ログビルダーをしておられます。そして今日はYossyくん同伴でありました。


譲る薪は矢印の薪、2014シーズンの広葉樹ミックスで、トウカエデやヤマザクラ、ソメイヨシノ、リョウブ、イヌツゲ、タブノキ、シロダモ、ケヤキ、アキニレ、イチョウ、イロハモミジなどで、面積で約2坪半を予定しておりました。
160611-01




まん中のスペースには40cm薪を3列に詰めました。最前列の背もたれには板を当てて高く積みました。
160611-03
ちなみにこの車の背もたれにはヘッドレストは元から付いてなかったそうです。




エンジンルームの上もギッシリ詰めました。
160611-02




目一杯詰めたつもりでしたが、これだけどうしても積めずに残ってしまいました。
160611-06
積んだのは面積で約2坪です。体積では2.6立米といったところですね。




家の前の曲がり角で重ステ車は何度か切りかえしてました。荷室に重量物を載せるとハンドルは軽くなった記憶がありますが、今回は全体に荷重がかかったのでしょうか。
160611-04




ワーゲンバス、安楽峠を行く。160611-05
帰路は通行量の少なくかつ距離の短い安楽峠からのワインディングロードを選択されました。私のジョギングのホームコースでありますが、今日はハイエースで滋賀県に出るまで見送りました。無事に峠越えでき、滋賀県側の下り道も無事通過しました。



という訳で、「薪」カテゴリーとしては以上でした。
このあと納屋DIY関連の作業をしましたが、また明日(6/12)もするので本日はこれにて失礼させて頂きます。


スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#925 No title
今晩は。ご苦労様でした。
 目一杯積みましたね。
この角度から見させてもらうのは初めてような、そうでもないような。
それにしても立派な薪棚です。
 太い薪もありますが、乾燥してるのでこのままストーブにブチ込むのか、それとも割るのでしょうか。
#926 No title
yamadagagaさん
薪棚をお褒め頂きありがとうございます。でもさまざまな部分で良くない所があり、そんなに遠くは無い時期に建て直しになるかもしれません。太い薪はそのままストーブにぶち込みます。極太薪に対しては賛否両論有りますね。でも私自身は極太の薪があのストーブに相性が良いと感じています。割る手間が惜しいというのもあります。
#927 No title
massanさん、おはようございます。

薪を譲られたのですね。massanさんのところには薪がたくさん
ありますので、十分譲ることができますよね。

以前に来られた方もワーゲンだった気がします。オレンジ色の。
今回は違う方ですよね。
しかしギッシリと積まれましたね。無事に到着されたでしょうか。

今日はDIYの作業をされるのですね。やはり、体を動かしていた
ほうがいいようですね。今日も暑いと思いますので、水分補給を
しながら作業をされてください。

良い1日を。
#928 No title
テツさん
覚えていて下さってありがとうございます。そうです、彼ら2人はワーゲンバスのオーナーです。前の人もついて来ました。今回は峠越えで帰られたので登るかどうか不安でしたが、案外軽く登っていきました。そして無事に到着されたようでした。

そうです、薪だけは十分ありスペースをあけることに注力しています。私の手や私のチェンソーの刃が触れてない薪は1本もありませんが、積んでしまうと不思議と執着が薄れます。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する