台所の水栓金具 - 水漏れ発生




薪棚の脇に芽生えていた、春からずっと紅いモミジ(カエデ)であります。品種名は知りません。
ノムラモミジかもしれません。
160423-02
隣のおじさんの木から種が飛んで来てはよく生えてくるのですが、大きくなったためしはありません。草といっしょに刈られてしまうのでしょう。




すでに季節はシイタケの時期を過ぎてはいますが少しだけ上がっていました。
これは日本農林菌種すその620で、変な形のシイタケばかり出ます。1年たたないうちに上がり始める品種なのですが、この形ではちょっと ...  と言った感じですね。
以前に使っていたすその360の方がいい形です。
160423-08




本題です。
おととい台所の水栓金具からの水漏れがひどくなり一刻の猶予もならぬッ!との妻からの命で、夜勤明けの眠い目をこすりながらの水道屋でありました。




水漏れはセパレート型混合水栓(吐水管及び湯と水のコックが別々になったタイプ)の吐水管からでありました。吐水管は象のお鼻のようになっていて360°回転します。その可動部から水漏れしないようにゴム製のOリングをかませてあり、劣化で徐々にジワジワ来てはいましたが突然ひどくなりました。なにせ16年以上前に台所をリフォームした時からなので。




まずシンクキャビネットにもぐって湯と水の給水管を取り外してから、奥まった所にあるナットを
160423-03
狭くてレンチは回せないので専用工具(アングルを溶接)を使ってゆるめます。
160423-07




ここから漏れるんであります。始終右へやったり左へやったりする訳ですからゴムも傷むでしょう。
160423-04




この奥にOリングがあり
160423-05




KOHLER社(アメリカ)から取り寄せてもらった専用Oリングです。
160423-01
何の変哲もないOリングで、たぶん日本にも合うのがあるとは思いますが。




この部分が前回は取り外せたのですが、
160423-10
今回はどうにもゆるまないのです。
途方に暮れた私はKOHLER社正規ディーラーに電話を掛けてたずねましたが、担当者さんも「固着した物は我々でもどうにもなりません」とのことでした。よくあるそうです。前回の時にグリスでも塗っておくべきでした、後の祭りです。




でも応急的な処置であっても何かをしないと非常に困るので、Oリングをはめて可動部の隙間に当てて見ました。
160423-06
小さめのOリングなのでかなり締め付けるので、もしかすると行けるかとかすかな期待をこめた私はアホでした。ホースの先をふさぐと水が遠くへ飛ぶのと同じ原理で、みごと遠くへ水が吹き出しました。
本来Oリングとは内径側も外径側も隣接する部品で拘束されて初めて機能する物であったはず、まったく自分の考えの幼稚さに呆れてしまいました。




残るはコレ、ギリギリ巻きの刑しかありません。
160423-09
おそろしく単純な発想です。先にシールテープ(配管用の漏れ止めテープ)を巻いてからビニールテープを巻きました。
首を振ってくれなくなったのは言わなくてもおわかりでしょうが、水漏れは完全に止まりました。




半日以上を水道に費やしてしまって、別の作業に手をつけるモチベーションはもう私には残っていませんでした。
来シーズン焚く薪を裏の小屋に取り込まなければならないのに ...




首の回らなくなった蛇口をずっと放置する訳には行きません。
同じ物は高すぎて買えません。16年前はリフォーム代金に入れてあったしもっと安かったです。
安いアンティーク風水栓金具を物色して本日終了と相成りました。



スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#881 No title
massanさん、こんばんは。

台所の水漏れは大変ですよね。少し前に家も、水漏れで大変な目に
あいました。

とりあえず、漏れるところをテープで貼ったのですね。
でもこれでは、蛇口が回りません。
安くていい物が見つかるといいですね。
#882 No title
今晩は。
 果敢な挑戦に敬意を表します。
事前の部品発注や専用治具まで自作され、大変ご苦労様です。
私は、自分の能力と根気では収拾がつかなくなるのが解っているので、水と電気ははなから降参、手をつけないことにしています。
 緑の木々の中に赤い紅葉をいつも不思議に思っていましたが、ノムラモミジかもですね。
はじめて知りました。
#883 No title
テツさん
電気の漏れはヤバイですが水の漏れはヤバくなくてもウザイです、と若者風の言葉で言ってみても、やっぱりどちらも良くはないです。高圧のかかる所ではないので下向きの蛇口なら漏れてないのでしょうが、一旦上がってから落ちる蛇口なので隙間があれば漏れますね。蛇口が回らないのは慣れれば我慢出来そうなのですが、次はコックの可動部からも水漏れが始まってしまいました。もう面倒になってきたのでwebでそこそこのが見つかったので注文しました。
#884 No title
yamadagagaさん
果敢でもなんでもないんです、なんでもバラしてみないと気が済まない困ったヤツなだけです。この性分で何度も後悔してます。でもこの水栓を扱っている本職さんも固着に手を焼いているようでした。価格の割りに一旦ダメになると手の打ちようがありません。やはり日本製が良いとは思いましたが、デザインはダメですね。向こう製の安いのを探しました。今のよりは見劣りがしますが価格は5分の1くらいでした。

納屋からの景色に春から紅いモミジが1本あり、2シーズン前に私が伐ったのですがヒコバエが伸びてきてます。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する