ひさびさの土いじり




薪狩りシーズンは終了、これからブログ記事に苦労するシーズンです。
まず今回は、久しぶりの土いじりです。




この春から納屋を東へ増築する予定なのでこのエリアの植物を移植しなければなりません。
160402-01
パンパスグラス、アジサイ、スイセン数株、おのれ生えのムスカリ、畑ワサビ、キンモクセイなどです。キンモクセイは1本をのこして伐採です。




パンパスグラス、これを掘り起こすのが一苦労なんであります。
160402-07
刈り払い機で低く刈っておいて、横からヒラクチでひたすら根を切ります。




アジサイ、もう既に新芽が大きくなってしまっています。本当はもっと早い時期にやるべきでした。
160402-08
切り詰めました。テキトーではありますが、一つ目の新芽だけは残すようにしました。
160402-10




これは納屋の西側エリア、台風で倒れたポプラの切り株です。既に枯れています。
160402-04
ヒラクチで掘り起こして撤去です。
160402-05




そこへ切り詰めたアジサイとパンパスグラスを移植しました。
160402-11




パンパスグラスの脇にはおのれ生えのムスカリが増えています。せっかく勝手に生えてきてくれたものなので、これも移植します。
160402-06




畑ワサビです。8年たっていますが余り増えてはいかないですね、一応移植です。
160402-09




自生のノビルは今夜のおかずとなります。
160402-13
味噌をつけて生で食します。




芝生の中におのれ生えしたバルボコジウムは草と落ち葉とモクレンの花ガラにまみれて咲いております。年々増えて行っています。
160402-03
これも移植したいのですが、花が終わってからにします。




宿根アサガオの蔓は冬の間放置で、ゾンビのようです。薪狩りシーズンに入った頃はまだ青々としていたのでそのままシーズンに突入し、忙しさにかまけてこの納屋周囲エリアは完全放置でした。
160402-02
芝生の雑草は刈り払い機で刈って、刈れない所は手でむしります。これを繰り返していればそのうち芝生が伸びてくるので気にならなくなります。




ニャンコは草が大好きです。
160402-12




スイセンもデッキの前のエリアに移植しましたです。
160402-15
160402-14
ローズマリーも剪定してさっぱりさせました。
あと、ここへレンギョウとユキヤナギを植える予定になっております。思いつきの植物を思いつきの場所へ植えて行っているので節操のない見映えになっていくと思います。




スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#864 No title
massanさん、こんにちは。

薪狩りシーズン終了、お疲れ様でした。
ブログは、ノンカテゴリが一番楽です。私のブログのカテゴリは、未分類を入れないで36個もあります(ありすぎ・・・笑)

お庭には、たくさんの花があるのですね。私が驚いたのは、その品種名をすべて知っておられることです。素晴らしいことだと思います。

猫、かわいいですね。最近、猫ブームとかでかなり騒いでますが、生き物の飼育をブームにしてはいけないと思っています。数年後、殺処分される猫が増えなければいいのですが・・・
#865 No title
今晩は。
 大変な作業量ですね。
お仕事が現役ですから仕方がないでしょうが、私なら3日ほどかかりそうです。
“ヒラクチ”は、私の地方では見かけません。
検索してみたら、“マムシ“をいう地方があるようです。
#866 No title
テツさん
ノンカテゴリー、アドバイスありがとうございます。カテゴリーが36はすごいですね。カテゴリーに迷う時に新たなカテゴリーを作ってしまえば良い訳ですよね。

家にある植物の品種を全部知っている訳ではありませんが、自分がなんなり関わったものは名前を知りたくなってしまいます。webで調べて知ったあと関わらない期間が長いと忘れてしまいますが。

ニャンコ、確かにブームのあとが心配です。いい加減な気持ちで飼わないで欲しいです。うちは筋金入りの猫好きなので捨てるなんて絶対に考えられません。死んだあともいつまでも引っ張っているくらいのくちです。
#867 No title
yamadagagaさん
そんな大した作業量ではなかったです。薪狩りの方がずっと動いていると思います。まだこの時期はなんとかいけますが、もう少しすると実作業時間は半分くらいに減ってきますね、暑いとだめです。

ヒラクチで検索するとマムシの別名の方が多いですね、農具のヒラクチは平口でも出て来ません。でもホームセンターではヒラクチで売っていると思うのですが。ツルハシと同系列の道具だと思います。筍掘り鍬とかバチ鍬で出てきますね。
#868 こんばんは
土いじりと無関係なコメントでごめんなさいm(__)m

私が電動刃研ぎ器を買って使った事は杣家のブログでご承知かと思いますが、お仲間ではどなたか使っておられますか?
じつぁ~あれ
まだ使い始めたばかりでナンですが、いささか不信感を抱くようになったのです。
ヤスリが高速回転をするので、刃に "焼き" が入ってしまうのではないかと。

きょう、山の師匠を訪ね、その事を話しましたところ案の定、「そりゃ焼きが入るわ」との事でした。

80才をとうに越した師匠ですが、老眼鏡なしてチェンソウの刃を見るなり、「この刃なら真っ直ぐ切れる」「この刃だけ焼きが入っとるな」などと明解するのです!
師匠の現役のころの研ぎをご覧ください。
http://1125ochiai.blog60.fc2.com/blog-entry-227.html
#869 No title
そまやさん
電動の刃研ぎ機、一人持っていますが今使っているかどうかはわかりません。刃に焼きが入ってしまったとして切れに影響が出るのかどうか、ですね。それは既にそまやさんが体験済みでしょう。そして、ずっとアレで研磨していくのなら仮に焼きが入ってしまったとしてもたかだか硬度は知れているので電動刃研ぎ機のダイヤモンドバーなら刃の焼きなどものの数ではありません。ただそのあとでヤスリで研ぐなら滑るのでしょうか、やったことないのでわかりませんが。農機具屋で機械擦りするにしても、ベンチグラインダーは高速回転で砥石で研ぎますが問題は無いですよね。

山の師匠さんすごいですね、そんな人と関わりたかったです。

私は「キマル」を持っていますが、いまいち納得いかない部分があるのと、ソーチェーンが4種類ほどあるので合わせるのが面倒なので、普通にヤスリホルダーでやってます。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する