屋敷林のスギ・ヒノキ搬出


地元で電気店を経営しておられるM井さんから、
「屋敷林のスギやヒノキを伐ったけどいらんかや?」
と、お声かけを頂きました。そろそろ山仕事はオフにして春に予定していたことを進めようかと思う頃にお声かけを頂いて山に引き戻される(笑)、えてして木の便りというものはこういうものなんであります。

スギであろうがヒノキであろうがもちろん有り難く頂くに決まってます。天は私にこの木をもらえと言っているにちがいないからです。これで地主さんとのつながりがまたひとつ増えたということ、光栄です。




夜勤明け、4時間睡眠で体は少々疲れが残っていても心は張り切っています。
田んぼの中の道を一輪クローラーで現場に向かいます。狭い道なのでハイエースを停めておくとこの時期もう既に田んぼの衆が動き出しているので迷惑が掛かるからであります。場所は家の近くです。
160326-20




この奥です。搬出にはクローラーなしでは無理です。地面がデケボコで柔らかいです。
160326-01




奥には切り刻んだスギやヒノキが。
160326-03
160326-04
160326-02
おやじさんが植えていった木が果樹に影をするので伐ったそうです。
まだ枝がついたままなので、ひたすら枝払いをして搬出です。




クローラーで道の近くまで約20m。
160326-05




原木は道の近くに盛りました。
160326-08




林の中はスッキリ、
160326-06




そして柴山ができました。
160326-07




ハイエースにけっこう一杯になり、クローラーは置き去りにするしかなくなりました。
160326-09




そして、やって来たのはココ、借りている土場です。
160326-10




田んぼの薪小屋の間に原木をおろし、
160326-11




玉切って、
160326-12




コロもたくさん出来ました。
160326-13




積みましたです。
160326-15




コロの容器も一杯に。
160326-14




こんどこそホントにシーズンオフでしょうか ...
160326-16




今シーズンも予定量の薪を焚けておらず’11や’12の薪がまだけっこう残っていて、加えて薪小屋1棟を老朽の為に解体する予定になっているので、今シーズンに得た薪を積むスペースの確保が難しくなっております。
薪仲間のうちのひとりが今シーズン一度も薪狩りに来れなかったので、数年物の薪(とはいってもカシ・コナラが多くまだまだカンカン)から軽トラ一車ほど持ってくことになってはいますが、それでもまだ余剰です。
ありがたい悩みであります。


スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#856 No title
massanさん、おはようございます。

「屋敷林のスギやヒノキを伐ったけどいらんかや?」というふうに、お声がかかるのですね。

新しい土場ができたことで重宝しますね。まだまだ新しい薪小屋には積めそうなかんじです。

そろそろ薪伐採のシーズンオフのようですが、薪の作業はまだまだ続くのでしょうね。今後の記事に期待しております。
#857 No title
テツさん
そうなんです。むこうさんもやや遠慮がちに、本心は「持ってってくれると助かる」的な意味合いを匂わせながら、ですね。それも大いに歓迎で、地主さんの「助かる」とか「サッパリしたでよかったわ」の言葉も大変モチベーションにつながって気合いが入ります。

田んぼの薪小屋に、出来れば一杯まで積みたかったですが、今シーズンはこのくらいで終わっておこうと思っています。
山は終わってもまだ薪の呪縛から解き放たれるということは無く、別の薪関連の作業が待っています。毎年同じような内容になってしまいますが、私のスタイルなので何度でも同じような記事を図々しく書いていこうと思っています。畑違いの記事をいつも読んで頂きありがとうございます。
#858
お久しぶりです。^ ^
3月は結局参加できないままシーズンオフをになってしまい、すみません。
我が家は娘の受験も無事に終わり、自身の資格試験も多分無事に終わったと思います。。。
今シーズンもお世話になりました。
また、来シーズンもよろしくお願いします。(^O^)
#859 No title
黙々と一人作業ですね。
ご苦労さまです。
 杉、檜は躊躇します。
焚きつけには充分ストックがありますし、ナラク、ヌギの焚きの間に混ぜてやるかです。
 ハイエースを覗かせていただきましたが、たちまちの道具が整然と並べられていますね。
逆に荷台がオープンな軽トラはこうはいきません。
 狩りのシーズンは終わりですが、未だあるかもしれませんね。
#860 No title
おおM森くんかぁ
薪はあんだけで足りたんのかぁ? 薪棚埋まったかぁ? 来シーズンに焚く分に不安ならゆうてくれよ。
#861 No title
yamadagagaさん
スギ・ヒノキ、躊躇はしますが断れません。もらって乾燥薪にしてさえおけばきっと誰かの役には立てますが、放置するとすぐにボケますから。

ハイエースの中、チェンソー関連以外は夏でも常に積んでます。軽トラがほしいとは思いますが、その辺を解決しないといけないですね。箱を積むか2階建てにするか毎回積み降ろしするか、です。

シーズンは終わった、つもりなだけで予測不可能なサプライズがあります。おもしろいところでもあります。
#862 こんにちは ♪
えー! スギ・ヒノキなんか何に使うンですカイ?
なに! 焚き付けに!
んーi-6
うちは強気で、のっけから「これは薪に使えんねえ」なんて (笑
周辺の植木屋さんは弱気で「これは燃やせるかね?」なんて (爆
#863 No title
そまやさん
スギやヒノキも普通に薪に使えますよ、火持ちが悪いのと少しだけ煤が多いくらいです。今はコナラ属の授かりが良いのでほぼコナラ・クヌギ・カシですが、なければ普通に針葉樹です。春先の時期は特に立ち上がりの良さはもちろん、火持ちの悪さすらもメリットで、朝の湯沸かしだけ終わったらあとはいらん、って時に便利です。そしてシーズンオフ間近なので少々煤がついても平気です。でも、この木はたぶんゲートボール行きでしょう。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する