お詫び



ブログ更新怠っています。せっかくご訪問下さっている方々、申し訳ありません。

実は、私の祖母が2/26に他界致しまして、2/27(土)にお通夜、2/28(日)に告別式、本日2/29(月)は残務の片付けに追われて、週末に山に行けなかったのでネタがないんであります。今週末はまた山へ行きます。木を伐る記事しか書けませんが、そんなんで良かったらまたご訪問下さいませ。


全く写真がないのもなんですから、こんな物でもひとつ。
私の住む山里では葬式の時にこんな花筒を2脚作って霊前に供える風習があります。
160229-02
活ける花は樒(シキミ、シキビ)だけです。
脚は貫板(90x15)で、相欠きで組みます。本当は隣組の人が葬式当日の朝から作る物なのですが、作ってみたくなったので私が作りました。竹筒の方は手伝いの人が作ってくれました。
足元に置いてある竹ひごは六地蔵さんに備える燭台で、これに大根の輪切りを刺して備えます。
160229-01

以上、つまらない記事でゴメンナサイ。







スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#826 No title
massanさん、こんにちは。

この度はご愁傷様です。

木を伐る記事、大変楽しみにしています。
まだ、バタバタとされるかと思いますが、新しい記事が更新される
ことを期待しています。

そうですか。そういう風習があるのですね。
もしかすると、私の実家でもそのような風習があるのかも?です。
しかし、斎場で行われることがほとんどですので、気付かないだけ
なのかもしれませんね。
#827 No title
テツさん
お悔やみ頂きありがとうございます。
一人の人間が死ぬとこんなにもする事が多いのかと驚いています。葬儀の翌日から丸2日動き回っていますが、まだ終わりません。相続人が私一人なのでうちはまだましなのだと思います。今日やっと預金の相続が終わり、あとまだ年金未支給分を請求に行って、あれしてこれして、そうこうしているうちに次の参りです。

自分たちが逝く時には 「家族葬」でいきたいと妻と話しています。それも「家族のみ葬で」と。
#828 No title
おはようございます。

この度はご愁傷さまでした。

お詫びなんてとんでもないですよ。
ブログが負担になってはいけません。
マイペースでいきましょう。
でも、更新がないと、事故か病気か何かあったのではと思ってしまいます。
矛盾していますが。
#829 No title
yamadagagaさん、ありがとうございます。
ブログ自体は負担ではなく楽しく書かせて頂いておりますが、ネタがないのは負担ですね。雨が降って何も作業をしないと書く事がないので、どうしょうと思ってしまいます。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する