田んぼの薪小屋




更新が遅れて日が変わっていますが昨日の日付で更新しています。

本日(2/19)は有給にて、ここに来ています。
私も含めて仲間が自宅の薪スペース不足で持ち帰れずにいて余剰になってきたタブノキの薪を積む為に薪小屋を建てます。
この場所は地主さんの好意で薪を置かせて頂く事になった所です。もう田んぼしてへんからいくらでも置いてエエよ、と言って頂いています。伐採現場に隣接しています。
160219-01
原木がたまってきているので早く片付けたいんであります。
160219-02
ここに掘っ建て小屋を建てます。「掘っ建て小屋」とは基礎などをせずに柱を直接土中に埋め込んで建てる小屋です。
いや今日作るのは小屋まで行かない柱のついた屋根です。初めはシートがけでいこうと思っていたのですが、出し入れが面倒なのと、より風通しを良くする為です。




まず地面の上で70cmほどの間隔で柱にするφ16異形棒鋼2mと90cmの横材をφ1.2ステンレス針金で縛ります。針金が太いと締め上げても締まらないうちに切れてしまいます。
160219-04
ほんとはきちんと締め上げられる金物を探すか作るかしたかったのですが、時間をかけずチョイチョイっと作りたかったんであります。




柱を立てて打ち込みます。位置関係を出す為に構造用合板を定規にします。
もと田んぼなので簡単に刺さりすぎて不安です。30cm位は刺さりました。
160219-05




間にもう2本の柱と、裏表に1本ずつの筋交いを縛りつけました。筋交いも土中にかなり打ち込んであります。これで横方向はかなり剛性が出ています。
160219-06




屋根垂木にする2x4材、これは昨年解体した薪棚の廃材です、残しておいて良かった ...
160219-03
屋根垂木をのせて柱に固定するのですが、この前に横桟を取り付ける位置はすでに墨付けしてあります。
その墨線に構造用合板を合わせて仮止めし2本の屋根垂木どうしの位置を出します。構造用合板は定規がわりに使うだけなので、すぐはずします。これで、柱の位置は少々デタラメでも屋根自体の矩は出るはずです。これを出しておかないと波板を張る時に苦労します。
160219-07
屋根垂木と別の木材で柱をはさみこんでコーススレッドで締め上げます。何本かのうち2本だけは柱のギリギリを攻めています。そして抜け止めに太い針金で縛っておきました。




横桟取り付けです。
まず一番上と一番下の横桟を出をそろえて取り付け、その2本間に水糸を張って、残りの横桟を水糸にあわせて取り付けました。
160219-08




ガルバリウム波板を張って、一応形としては完成です。
この波板というヤツはくせものです。幅や山数がメーカーによってまちまちで、20山のものもあれば21山のものもあります。両サイドの形状も同じ形状の物・反対になった物があります。
160219-22
今回買った物は両側が同じ形状でした。鉄板系はこれが多いのでしょうか。屋根に使う場合はケラバへはねている側を使いたい、そうすると重ねる部分がかぶせる側にならない、なんかいやなのですが、ケラバをはねた側にすることを優先させました。

ガルバリウム波板の場合は裏表がないのでまだ融通がききますが、普通のカラートタンは表にしか色が塗ってないので両サイドがはねる形状の物とかぶせる形状のものと2種類存在する訳で、それが交互に重ね合わせて店に並んでいます。ケラバをどうしてもはねる形状にしたければ一枚おきに抜き取って買ってこなければならなくなります。本職さんはどうしているのでしょうか。
その点ポリカ波板ははねる形状で始まったらかぶせる形状で終わっているのでどれを買っても同じで、ケラバをはねた形状にするにも上下を逆にするだけでOKでした。
160219-21
本当は5山くらいは重ねたいのですが屋根幅を広くしたいので2山重ねでいきました。




縦(流れ)方向にも筋交いを打ち込んで柱の筋交いに固定しました。しかしこれがまた効果がない。本当は長いのをクロスで柱に固定したかったのですが、材料代をけちりました。薪さえ積めば剛性は出ます。横から見ると柱は意図的に逆ハの字にしてあります。不格好ではありますが薪の重みが小屋の剛性に生かせる、軒先から薪までを遠くできるなどの理由です。波板の軒先の出も20cmとマニュアルをはるかに超えて出してあります。飛んだら飛んだです。
160219-09
この時点で午後2時半。山里の日暮れは早い、急いでブロックを敷いて薪を積みます。




割りやすい玉をひととおり割って積みました。タブノキは軽く柔らかいくせにかなり割りにくいです。クスノキも割りにくいらしいですが、タブノキはクスノキ科なので性質が似ているのでしょうか。匂いも近いです。あとはチェンソーで縦挽きがほとんどなので、また後日です。
160219-10




裏側から見るとこんな感じです。
160219-11
まあ、雨がしのげて風が良く通ればヨシです。
こけたらまた考えます。




スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#814 No title
massanさん、おはようございます。

掘っ建て小屋とはいえ、お見事だと思います。

現場は、山に囲まれているようですが、田んぼが広く風が吹き抜ける
ような気がします。でも、筋交いもきちんと入れてますし、
薪自体の重量もありますから、そう簡単に倒れるようなことはないでしょう。

通風を確保するために、掘っ立て小屋を何かで覆うようなことは
しないと思いますが、大雨になるとかなり水が入ってくるような
気がします。雨対策はなしに、このままなのですか。
#815 No title
テツさん
薪があるうちは大丈夫だと思います。実際このへんには今にも飛びそうな田小屋がいくつもありますが何十年も耐えてきています。
薪を運び出して空になった時が危ないですね、縦にはかなり揺れます。草刈りの邪魔になるような外側へのつっかえ棒をすれば良いでしょうが、なるべく避けたい所です。薪小屋の薪への雨の降り込みは普通にどこでもある事で、そのくらいの濡れではまず腐らないと思いますし、屋根以外の雨よけは乾燥を妨げます。ただ、もと田んぼなので地面に水分がたまるとシロアリが上がる可能性があり、これは避けたい所です。
#816 ハゼノキ・・虫食い
いつも楽しく見せてもらっています。当方も三重県でサミット会場近くです。又、massanと同様に地主さんの了解をもらって木を切らせてもらっています。基本は無償で、素人が切れる大きさの木を切っています。道具もチェーンソー2台とプラロック1tです。
私も屋根だけの薪小屋で、やっています。大丈夫だと思います。
話は逸れますが。薪集めを始めて2シーズン目の薪(’13・3)を今シーズン燃やしていますが、ハゼノキの虫食いがひどいです。
薪運びの際風が強いと目に入り痛いです。ハゼノキには虫が入りやすいのでしょうか?今シーズンの薪狩りはハゼを避けています。幸い、ハゼを避けても十分な量を確保できています。
#817 No title
アイさん、はじめまして。
拙いブログを見ていて頂きありがとございます。同じようなスタンスで木を伐っておられるのですね、親近感を覚えます。チェンソーは何を使っておられるのでしょうか?

屋根だけの薪小屋、今まで私はもう少しばかり頑丈な薪小屋か、いっそのこと屋根なしで夏頃まで放置の野積みしかやった事がありません。

ハゼノキの虫喰い、というか私の場合は最低でも3年、ひどいと5年くらいおいているので、どの薪も虫喰いで粉まるけのゴホゴホです。焚く順番が来た薪はストーブに最寄りの小屋へ夏の間に移すのですが、その時にエアブローしておいても焚く時には粉まるけです。気にしないようにしています。

それ以前に、ハゼノキは私の仲間は初めから避けていて薪にはしません。かぶれるからです。私はいきがかり上、かぶれるのを承知で伐り、かぶれています(笑)。ハゼノキでかぶれるのは慣れたもので、蚊に刺されたくらいにしか思っていません。ハゼノキを喜んで持ち帰って下さる方がいるので、伐って差し上げています。遠い所まで取りに来て下さっています。もしハゼノキの大径木が提供できるなら差し上げて下さると大変喜んで頂けます、多気の方の方です。

伐採方面の情報交換ができると良いですね、今後ともよろしくお願いします。
#818 No title
こちらこそよろしくお願いします。

私は、元普通のサラリーマンで、今は海の近くに移り住み自給他足の生活をしています。リタイヤしてもうじき5年になります。ログハウスと薪ストーブに憧れていましたが、薪ストーブだけが叶いました。

今シーズンの薪は12月時点で確保でき、今は余禄の薪集めをしています。「山の木を切ってくれ」の声が掛かると行って伐採し、いつもの癖で持ち帰りサイズに切ってしまいます。ましてウバメガシだと重くても持ち帰りたい気持ちが湧いてきます。

チェーンソーは、山仕事の師匠がスチールを使っていましたので、私もスチールです。211、150です。35センチバーを越えるサイズの木は切らないことにしています。

今後も薪狩りの情報交換をお願いします。
#819 No title
アイさんおはようございます。
リタイアしてもう5年になられるのですか、それはそれは悠々自適な生活をしておられるのですね。当方まだあと数年あり、さらにそこから5年の雇用延長となります。

ウバメガシ、まだ一度もお目にかかった事がありません。せいぜいアラカシやシラカシです。カシだと伐っていても張り合いが違います。私の中でコナラ属やツバキなどの重量級雑木は別扱いしています。というか、それらがほとんどなので、それ以外の中量級や針葉樹は分けて積んでいます。

STIHLの150はTの方ですね、MS150Tは私の仲間は私を含めて3人が持っています。あと2人はハスクやリョービのトップハンドル機です。私の仲間はみんな指サイズの太さまで採るので小型トップハンドル機は重宝しています。
#820 No title
こんばんは。
 やってますね。
相変わらず几帳面に、かつアイデア満載です。
 私はシート掛けで3年やってますが、通風、メンテ、雨だれで何かと都合が悪いです。
シートの素材も2年くらいが限界で、厚手でならよかろうと思ったのですが、薪に擦れたりして破れます。
 柱が鉄筋で、屋根が木とは思いつかなかったです。
簡便なのがいいです。
あんまりがっしり作ると、地主さんも驚きます。(笑)
 ガルバの波板端部がそうなっているとは知りませんでした。
プロでも同じ悩みを持つでしょう。
せいぜい、壁張りくらいか使いませんから。

サブ基地ができて、なにかと便利になるでしょう。
車が横付け出来るのがいいです。
#821 No title
yamadagagaさん、こんばんは。
几帳面に見せかけて結構デタラメです。柱の垂直も出てません。シート掛けにしようと思っていたのですが頻繁に開け閉めをしなければならない気がしたので柱つき屋根にしました。廃材利用もしてますし、たいして材料費はかかっていません。アングルの方が良かったかなあと思っています。針金でくくる、手っ取り早そうで実はけっこう手間だったような。アングルに穴あけてタップ立てて、の方が好きです。土中からの抜け抵抗は異形棒鋼の方があるかと思います。ガルバ波板は耐久性の割りには安価ですね。私が使おうと思っていたシートは今回使ったガルバ波板7尺4枚分より高かったような気がします。

波板の端部、yamadagagaさんがご説明下さると思って待っていましたが、ダメでしたか...鉄板系のは両側が同じ形状のようですね。カラートタンの場合重なり部のことを無視すれば3枚なら行けますね。2枚だと裏(グレー)を使ってケラバをハネにするかカブセで終わるかですね。そうか1枚置きに抜き取って買ってくるか。きちんとした屋根の場合は、ケラバの水切りをかぶせればわからなくなりますね。

サブ基地、なんか嬉しいですね、ほんの気持ちだけ年貢を置いてきましたが、草刈りくらいは行くかもしれません。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する