薪狩り クヌギの巨大なひねくれ玉




本日の薪狩りはボッチです。なかなか仲間との都合って合わないものですね。
現場はここ、12/26に仲間と伐った大クヌギの未搬出の玉を切って薪にしてから搬出します。
160109-01
曲がりくねったクヌギだったので素直な玉はほとんどありません。こんなクヌギは見た事がありません。クヌギは普通コナラより主幹がスーっと伸びていることが多いのですが、このクヌギは下の方からクネってました。




なので巨大なおにぎりや
160109-02




巨大な急須があります。
160109-03
まず割れません。コーン!っという固い音が返ってくるだけです。なので割る気など初めからありません。




でかいチェンソーで切って切って切りまくって薪の山をひと山こしらえて、
残った玉、あちこちに散らかっているのを寄せてきました。これがまた重いのでシンドイのであります。
160109-04
これは仲間の分です。




まだ未搬出がこれだけありますが、本日は半日で切り上げました。
160109-05
もう一本のクヌギは前回のよりは小さいですが、強烈にむこう側に傾いています。起こし木伐採です。




午後は野積み棚を組み立てて、と言っても1基目のアングル製のをもう一基作る予定が暇が無くなったので今シーズンもφ16異形棒鋼です。今回は筋交いもつけて結構頑丈です。
160109-06
直線的な薪が積み上げられました。平面なので滑って崩れそうです。



コロ薪、徐々にたまってきました。
160109-07





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#784 No title
こんばんは。
 おにぎりは解るのですが、急須とは思いつきませんでした。
ゴムまりのようにはじかれますよね。
こんなのがあれば、戦う前に降参です。
美味しいところを仲間に差し上げているようで、ご苦労様です。
#785 No title
yamadagagaさん
急須と言うよりカレーを入れる容器(名称を知らない)、ですかね。とにかく斜めに立った樹の枝の所は変なヤツばかりです。

ゴムまりのように ...、クサビも試してはみましたが吹っ飛んでいきました。

美味しい所を仲間に ...、そうでもないですよ。近い所から片っ端薪サイズに切って自分の分を取って、離れた所のを近くへ寄せてきただけです。
#786 No title
massanさん、おはようございます。

玉切り、野積棚の組立、お疲れ様です<m(__)m>

すごいクヌギですね。普通に(人の手が加わっていない)成長するなら、お書きになられているように、主幹はコナラよりも真っすぐ伸びます。
急須の部分を見ると、私がオオクワガタを採集していた頃によく出くわした「台場クヌギ」に近いような気もいたします。

もう1本は、かなり向こうに傾いてますね。起こし木伐採という手を使われるのですか。また伐採されるのでしょうが、記事になるのを楽しみにしています。
#787 No title
テツさん
よくご存じなのですね、クヌギのこと。台場クヌギ、初耳です。調べてみました。伐った痕跡はないようなので、一度伐ったから曲がりくねってきたという訳ではなさそうなのですが、台場クヌギに似た雰囲気を持っているのは確かですね。
もう一本は昨夏に先に枯れてしまった方なので枝は腐朽が進んでいるかもしれません。でも授かったものなので責任を持って寝かさせて頂きます。
#788 こんばんは ♪
massanさんは
なんでこうも、木を切りまくって薪を作りまくっているのですカイ?
#789 No title
杣家さん
素晴らしい質問ありがとうございます。

干されるのが怖いからであります。
私は山林を所有していないので、地元のおじさん達からの伐採依頼が薪を得る為の頼みの綱なのです。これに応じていかないと伐採依頼がプッツリ切れるのではないかと。おかげさまで伐採依頼が徐々に増えつつあり、私一人では追いつかなくなって仲間も増えました(6名)。となるとそれだけの木が必要になります。この先1~2年は大丈夫だと思いますが、それ以降はどうなるのかまだ見えていません。天まかせなんであります。

と、木を伐っている理由を述べてみましたが、結局のところ木を伐るのが大好きなんであります。山仕事が大好きなんであります。ちなみに、需要側はこちらなのでお金はもらっていません。お礼しているくらいです。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する