薪狩り 細いコナラ、ヤマボウシ、ヤブツバキ、ニセアカシア



昨日に引き続いて本日も薪狩り、本日はこの現場です。
151121-04
本日の相棒は、私の薪友歴8シーズン目のシャリーさん、薪友歴6シーズン目のH頭くんです。




シャリーさんが戦車を買いました。
151121-01
コンテナ4つ載ります。かなりの急斜面を登ります。私の一輪クローラーよりかなり本格的です。



で、木を伐る方は、、、
151121-02
まずH頭くんが細めのコナラを伐ってます。




根張りでも40cmそこそこのひょろ長い木でした。
151121-03




次はタブノキ巨木の脇に生えている20cm強の雑木、今まで伐ったことのない木でした。
151121-05

シャリーさん伐っております
151121-06


切った感触は、割りとずっしり感があって材はツバキに似た感じ。
151121-08
樹皮はきめ細かくこれといった特徴はない。
151121-09
葉っぱは大きい、今の時点では落葉してないが、常緑っぽくはない。
151121-07
黒く尖った冬芽。
151121-10
webの図鑑で調べたら、ヤマボウシらしいということがわかりました。ヤマボウシなら比重はヤブツバキより上、しかし割った感じは意外とサクい。




そしてニセアカシア、かなり傾いています。まだ昨シーズンは生きていたような記憶があるのですが、既に樹皮が剥がれ始めていて枯れている様子。樹皮はコナラに似ています。
151121-11
かなりの樹高があり、既に掛かり木状態です。
枯れていてもいなくても伐らなければならないので、
151121-12
フンボルトノッチ(逆さ受け口)です。その必要性は思いつきませんが、切りやすいので好きです。
傾斜がきついので裂けるとイヤなので追いヅル切り、受け口の会合線と高さを揃えてます。最近この伐り方が好きなんであります。段差を付ける理由も見当たりません。
151121-13
当然のことながら、というか初めから掛かり木になっていたのを伐ったわけですから掛かってます。ダルマ落としです。
昨日から掛かり木処理・ダルマ落としばかりしている気がします。本日のダルマ落としは簡単でした。
ニセアカシアなので、先へ行くほどトゲトゲでてこづりました。

このほか細いヤブツバキを何本かと細いタブノキを伐りました。
シャリーさんの戦車、大活躍でありました。かなりの急斜面も登ります。







スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#720 No title
こんばんは。
 助っ人もあり楽しそうな連ちゃんですね。
いずれもいい薪になりそうですが、ニセアカシアが一番柔らかそうですね。
 プラロックのご教示ありがとうございます。
良くわかりました。
14φとてもとてもかたいです。
片方にアイリング(正式名称は解りません)を作ろうとしたのですがすぐ諦め、山の先輩に持ち込みました。
キンクして一度失敗、2度目でようやくですが1時間もかかりました。
 慎重に作戦を練り確認しながら作業をすれば、一人作業のほうが安全な場合もありますね。
お互い、安全作業でいきましょう。
#721 No title
yamadagagaさん
ニセアカシアは残念ながら腐れ部分が多く、土に返って頂く事にしました。ただその前にひと仕事、谷沿いにならべて土留めになって頂きます。

プラロックのロープの先をアイスプライスするのですね、それはいい考えだと思います。切りっぱなしだとどちらがIN側なのかわからなくなってしまい、昨日もOUT側の末端にプルラインをつないでしまいました。アイスプライスがしてあるとプルラインを外す時も楽です。私も時間が出来たらトライしたいです。
#724 薪狩り本番ですね!
massanさん、こんばんは。

薪狩りお疲れ様です<m(__)m>
やはり、今がシーズンなのですね。

ダルマ落としというのを覚えました。少しずつ切り落としていくという感じなのでしょうか。

だいぶ寒くなってきました。お風邪などひかれぬよう、ご自愛ください。
#725 No title
テツさん
そうです、秋から冬の間中がシーズンです。木が水を上げていない時期なので乾燥も早い・虫が入りにくい、厳密には新月の直前1週間が良いなどと言われていますがそこまでは出来ません。

ダルマ落としは玩具のダルマ落としのように下をはじいたら上がそのままの形でストンと落ちるアレですね。でも実際には切れ目を入れて少しだけ残して蹴飛ばすかロープつないで引くなどしてヒザカックンみたいな感じです。本当はやってはいけない危険な方法ですが簡単だし、まあスリルがあって楽しいのですね。横着です。

どうかテツさんに納得のいく仕事が見つかりますように。
#726 No title
何だかすごいことやってますね。大草原の小さな家の開拓時代を思い出しました。
薪友ってはじめて聞きました。
#727 初めて訪問いたします。
こんばんは ♪
この辺は野生のニホンミツバチが居そうですね。
山あり畑ありで、ミツバチを飼うのには理想的な環境のようです。v-37
#728 No title
ponchさん
開拓時代、この言葉の響きいいですね、大好きです。開拓やってみたいです。1反(300坪)くらいでもいい、平らな山林を手に入れられたらなあと思います。
薪友、今はなんでも「友」をつけて○○友って言いますね、ほぼ薪集めに特化した友人です。薪集めがきっかけでつながった友人ばかりですが、若干オフシーズンでも関わり合いを持ってはいます。
#729 No title
杣家さん、初の訪問ありがとうございます。
私のやっていることなど杣家さんにとっては幼稚園児程度のことです。間違っていることをやっていたら強くご指摘下さると助かります。今後ともよろしくお願いいたします。

ニホンミツバチ、見ただけでは私には何ミツバチなのかわかりませんが、近くの親戚のおじさんは畑に巣箱を置いてミツバチを飼ってます。特定の花ではないので百花蜂蜜ということなのでしょうか?

山あり畑ありでミツバチにどうかはちょっと私には守備範囲外でわかりませんが、私には申し分ない場所です。地元のおじさんたち(私もおじさんの部類ではありますが、更に上のシニアとでも言う方達)とのかかわりも大好きです。ただ、伐らせて頂く木は出しの悪い所がほとんどで苦労しています。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する