掛かり木処理~玉切り・搬出

本日、有給休暇にてココです。
151120-09
大コナラの現場です。田んぼの西です。




雨はけっこう降りましたが、なんとか田んぼに乗り入れることができました。部分的には水たまりがありますが、いくらか勾配があり水がついてない所もあるのでOK。
151120-01
意外と地面が固いです。




11/3に枝下ろしした極太の枝が谷の途中でヒノキに掛かり木になってしまっているので、掛かり木処理~玉切り・搬出です。
151120-02
151120-03
掛かり木処理、ダルマ落としします。40cmx2玉分で切れ目を入れて(完全に切らず少しだけ残し)、切れ目の上にロープを掛けてローププラー(プラロック)で引きます。




151120-04
ロープに引っ張られて切れ目の所で折れて下の2玉分の丸太は皮でつながったままです。谷底へは落ちていかないので助かります。ダルマ落としと言うよりヒザカックンですね。これを3~4回繰り返して、
151120-06
この枝先が長くて、それがほとんど崖の上(ヒノキのむこうは崖)に出てしまいました。これをまたローププラーで引くのが骨でした。
で、なんとか親指サイズまで完食です。



Silkyズバット よく切れておすすめですヨ。
151120-10
手鋸で枝を裁いていた頃はよくありました。作業ズボンの腿もよく切りました。トップハンドル機を買ってからそれが皆無だったのですが、久しぶりに手鋸で切りました。まあ別に差し支えない部分なので、そのまま放置。




斜面にさかさまに寝ている枝もローププラーで引っ張って横にして、玉切り・搬出はまた今度です。
151120-08




本日、死にものぐるいで背負い子搬出しましたが、やはりこの程度です。
151120-11







スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#716 No title
こんばんは。
 ロープで支持しながらのダルマ落しですか、かなり微妙な作業です。
掛かり木のほうが抜けたら怖いですね。
 写真の枝先なら引き寄せるのに大変、私なら腐りやすいように適当に切って山に放置しかできません。
最終写真のコンテナの部分は回収不能です。
 
 プラロック2tを購入しました。
あくまで掛かり木処理用でしょうけど、雑誌などではプロが伐採に使ってました。
イレギュラーでしょうけど、ハンドルに鞘を被せて延長していました。
10mロープは短いかもしれませんが使ってから考えようと思ってます。
 一人作業、気をつけてやられれますよう。
#717 No title
yamadagagaさん
掛かり木処理は下から2玉分の位置で少し残した所まで切って安定した状態で切れ目の上へロープをかけて、だいぶ離れた木にプラロックを台付けして引いたので掛かり木が変な方向へ倒れても大丈夫なように作業をしました。掛かり木の上の方は又になっていて又がヒノキにもたれていたので、ダルマ落としをして行っても又が下へずり下がってくるだけになるようにしました。

枝先などは大した量にはならないので土に返してやっても良いと思いますが、私の場合は細枝を薪棚の中で太薪を安定させるのに使うので一杯ほしいのです。あとは細枝まで採りきったという達成感の為に意地になりますね。

プラロックMPR-2000を買われたのですね。私も本当はそれが欲しかったのですが、ロープがφ14だったのでやめてしまいました。φ12でもかなり固いロープなので扱いに苦労してます。ロープ長さ10mで十分です。別のロープを持てば良いのです。逆にプラロックにφ14が20mもついているとロープだけでもかなりの体積になってシンドイですよ。ハンドルにエクステンションパイプをつけるのは楽にはなりますが本体に無理させてしまう危険性があるので私はやらないようにしてます。でも限界付近で漕ぐのはキツクてもう必死です。

一人作業ご心配頂きありがとうございます。確かに何かあった時は一人作業は良くないですが、逆に複数での作業が事故の原因になることも何度か経験しました。複数だと木の動きが読みにくいので。
#718 No title
massanさん、おはようございます。

大コナラ、手強いですね。ロープで引っ張りながらの作業、大変であると察しいたします。

今回伐採されたのは、上部のヒノキに掛かっている部分ですよね。ということは、まだまだ作業が残っているわけですね。

次は、大きな枝の玉切り・搬出となるのでしょうか?それとも本体もズバッといかれるのでしょうか?どちらにせよ、お気を付けて作業をされてください。
#719 No title
テツさん
今回のは伐採ではなくて11/3に木に登って切り落とした太い枝、まるで1本の木のような10m以上の枝が斜面の途中のヒノキに引っかかって立ってしまったのを処理、解体搬出したのです。幹はまだまだ手をつけていません。仲間や天候と相談して日程調整しています。本体は田んぼの方へこかすことになります。
ご心配頂きありがとうございます。
テツさんも新しい仕事頑張って下さい、いろんなことがあるとは思いますが良くなる為の過程だと思います。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する