オニグルミ剪定

ちょうど10年前の2005年秋に白州のシャルマンワイン敷地内で拾ってきたオニグルミの実を妻がイタズラで埋めたのが発芽して大きくなりました。結構枝を広げる木なので畑の作物の日影をします。
とりあえず今回は一番下の太い枝を1本だけ切ることにしました。枝1本とは言っても又になって広がっているので、かなりのボリウムです。


剪定前はこんな感じです。
151018-09

赤い矢印の枝を切ります。
151018-16

切りました。結構太いです。
151018-11

サッパリしました。
151018-17
来年はまた別の枝を切ります。一度に切っても枯れはしないでしょうけど、実付きが悪くなるので控えます。

剪定枝はこんな感じでした。
151018-12

既に冬芽と花芽が出来ていました。何やら後ろめたさを感じます。
151018-13

薪はコンテナ1杯分でした。
151018-14
151018-18

オニグルミの実は梅のような感じで、果肉が薄いので乾燥させて
140927-05

種が出てきます。これを割って中身を食べます。
151019-01
昨年は400ヶほど生りましたが、今年はせいぜい100ヶほどです。



ネリネが咲きました。ヒガンバナ科です。似ていると言えば似ています。
151018-15



峠道にて伊勢湾を望む。
151018-19

ムベがたくさん生っている所があります。アケビ科です。熟しても割れません。151018-20
アケビ同様、甘いだけで大してうまくはありません。

ヌルデが紅葉しはじめました。
151018-21

ハゼノキも真っ赤に紅葉しています。
151018-22




スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#671 No title
こんばんは。
 一粒万倍ですね。
10年でこんなにも大きくなるのですか。
先日、ノグルミと看板のある樹木の実を採ってきましたが、これのどこが食べられるのかといぶかしく思っていました。
オニグルミで納得です。
 ムベはアケビ科のようで、見過ごしかもですがしれませんが、見たことがありません。
色づいたところを見たいですね。
 こちらは山の風景で、スポット的にも紅葉はしていません。
ただ、空港近くの街路樹のモミジだけが紅葉しています。
園芸もので品種が違うのでしょうか。
#672 No title
yamadagagaさん
ノグルミは同じクルミ科でも実は松笠のミニ版のようです、食べられないですね。葉っぱは同じ羽状複葉なので何枚も葉っぱが付いた葉柄ごと落葉すると思います。
ムベはアケビの葉の出方と同じですが先が尖っていました。ピンク~赤っぽく色づくと思いますが、いつも色づく頃にはなくなってます。山の住人がいるのでしょう。
街路樹のモミジ、モミジは紅葉が遅いと思うのですが、園芸品種なのかうちの隣地に初めから赤っぽい(紅葉よりは暗い)葉のモミジがあります。
#673 No title
massanさん、おはようございます。

オニグルミの実を埋めただけで、10年でこんなに大きくなるものなのですね。剪定、お疲れ様でした<m(__)m>

種の中身を食べるのですか。どんな味なのでしょう?

おそらくそちらも、紅葉の一番の時期は11月中旬頃でしょうが、徐々に色づいていますね。こちら群馬も、山あいではちらほらと紅葉しかけています。
秋本番ですね!
#674 No title
テツさん
オニグルミは普通に売っているシナノグルミと味は大差ないです。「味は濃厚」と書かれていることがありますが、私にはわかりません。たくさん採れても、固い殻をむくのが面倒なので放置しがちです。

秋本番、と思いつつもまたここ何日か暑いです。焚きそびれてます。
#695
近所の鉢植えの花でヒガンバナとよく似た花を見たことがありますが、何なのかなーと思ってましたが、ネリネっていうんですね。

勉強になりました。
#696 No title
ponchさん
ネリネもアマリリスもヒガンバナ科のようです。赤いネリネは遠目に見るとヒガンバナに見えてしまうので、「なんでヒガンバナを鉢植えに?」なんて思ってしまうかも知れないですね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する