松の剪定

先週に引き続いて、庭木の剪定であります。
昨秋は松の剪定をサボって春にテキトーにハネただけなのでボウボウになっています。


151009-01


松の剪定は非常に難しい、庭師でも 「松の剪定が出来れば一人前」 と言われるほどだそうです。
私などが年に1回くらいでは死ぬまでもともなことは出来ないと思っていますが、、もう数回はやって来ました。思いつきの行き当たりばったりな切り方をしてきているので、数年でいい形になっている部分と変になってきている部分があります。なんとなく少しだけわかった事もあり、ほんの気持ちだけおもしろみも出てきました。

使う道具はこんな感じです。
左から剪定ハサミ、ノコギリ、植木ハサミというそうです。
中でも松の剪定は狭い所に刃を突っ込んで切るので刃の細い植木ハサミを多用するそうですが、私の場合太い枝も結構思い切って切るので剪定ハサミもよく使う、というかノコギリもよく使います。151009-10
よく切りすぎて 「しまった!!」 という時がありますが気にせずすぐ忘れてまた思い切って切ってます。
少々変になっても木の方で勝手に直してってくれます。
あと、手でもむように松葉を抜き取る 「葉もみ」 もします。これをしていると全然はかどりませんが、やらないと見た目がサッパリしません。


という訳で、一日 (といっても5時間くらい) やっても半分くらいしか出来ませんでした。
151009-02


何度やってもこの松の剪定というのはうまくいきません。あと1日かかりそうです。
近所のじいさん・ばあさんがやって来てはおしゃべりをして行くのでその分の時間も見ておかなければなりません。





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#657 No title
massanさん、こんばんは。

松の剪定、難しそうですね。でも、1枚目の写真を見るとボウボウという気がしませんが、実際はボウボウだったのですね。

しかし、庭の木をご自分で剪定されるところがすごいです。尊敬いたします(私ではとても無理です)。

あと半分、頑張ってください(^.^)/~~~
#658 No title
こんばんは。
ご苦労様です。
 先日、日本庭園に行ってきて、庭師が三人ががりで一本の松の剪定をやっているのに遭遇しました。
ゆっくりゆっくり丁寧に丁寧にですが、私などは1時間も持ちません。
気が遠くなります。
薪の土場の地主さんは、ステージ足場を組んで1週間から10日ほどはかっかってますね。
 ご近所さんとのおしゃべりの相手もご苦労様です。
#659 No title
テツさんおはようございます。
やむを得ずやっているだけですヨ。
田舎のオッサンはけっこう自分でやっています。1回サボるだけで小さな枝が混んできて次が苦労します。
庭木の剪定だけ終わらせないと気持ちがゆっくりしないので他のことをやっていてもモヤモヤして精神衛生上よくないのであります。
#660 No title
yamadagagaさんおはようございます。
やはり松は本職さんほど丁寧に時間を掛けてやるのですね。たぶん好きでもあるのでしょう。好きでない者はテキトーで終わらせます。
しっかりした足場は必要な気がします。いつも三脚のテッペンでグラグラしながらやっていて手先も安定しません。しっかり構えて目の前でやらないとうまく出来ないのでしょう。
近所のご老人とのおしゃべりはまんざら嫌いではありません。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する