コピ・ルアクというコーヒー

友人からコピ・ルアクという大変珍しい (けど有名) コーヒー豆を頂きました。その友人は (私とは違って) 世界を股に掛けて活躍していて、インドネシアへ行った時に買って来たとのこと、そして私がいつか是非一度飲んでみたいと言っていたのを覚えていてくれて約2杯分ほどの豆を裾分けしてくれました。2杯分と言っても知る人ぞ知るコピ・ルアク豆の価格、100gで5000円~10000円、そして店で飲むと (飲ませる店もほとんどないが) 一杯数千円という強烈な代物です。

コピ・ルアクについて少し触れておきますと
 コピはインドネシア語で 「コーヒー」
 ルアクはマレージャコウネコの現地名

つまりジャコウネコのウンチに混ざって出てきた未消化のコーヒー豆のことなんであります。
150927-02
150927-01
150927-03
ジャコウネコは、ハクビシンに似ています。
150927-09
この子は熟した豆だけを選んで食べるのだそうです。
現地ではジャコウネコを飼育してコピ・ルアクを生産しているそうですが、天然の物が一番うまいとのことです。友人がくれたのは天然の物だということでした。

というわけで、ここしばらく使ってなかったミル、中にこびりついたコーヒー豆カスを分解掃除しました。
150927-04
150927-05
そして、ジャコウネコさんのウンチからの産物であるコピ・ルアク豆を挽きました。
豆自体の香り、挽いている時に漂ってきました。ふつうのコーヒー豆と違う感じでした。節分にまく炒った大豆に似た香りが少ししました。
そしてドリッパーで淹れて、コピ・ルアク初体験と相成りました。

感想 : あるサイトでは 「飲み始めは、特に印象はないが・・・ 飲み終わった後に口が驚くほど違う。下の周りに残るフルーティーな味と香りがゆっくりと鼻へと伝わってくる。爽やかなそよ風のような感覚」   と書かれています。全く同じと言えるほど私のコーヒーに対する舌は肥えてませんが、さっぱりした感じだとは思いました。もちろん美味だったことは言うまでもありませんが、味がどうかということはともかく、いつか飲んでみたかったコピ・ルアクを飲ませて頂くことが出来た、このことが感激なんであります。





本日は中秋の名月、ススキと団子をお供えしました。
150927-08
150927-07
どうして里芋なのかは私にはわかりません。
ススキは葉に斑があるヤバネススキであります。




ヤマウドの花であります。
150927-06
この春は山でヤマウドを採れたのでうちのヤマウドを採らなかった為、元気です。



9/28追記分
キンモクセイが咲きました。きのうあちこちで咲いているのを見ましたが、うちのは春にかなり剪定したのでホンの少ししか咲いておらず気づきませんでした。匂いもほとんどしないですね、春の剪定はダメだったようです。秋にもう一度剪定しておきます。
150928-01

春に新芽が出てボウボウだったので剪定してスケスケになっております。
150928-02


スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#637 No title
massanさん、おはようございます。

私もコーヒーは好きですが、「コピ・ルアク」は知りません
でした。ただ、なにかの糞に混ざったコーヒー豆を使用して
飲むということだけは、どこかで聞いたことがありました。

貴重な豆なのですね。価格が驚きです!
私も一度飲んでみたいと思いますが、手に入る店がないと
思います。しかし「コピ・ルアク」、しっかりと記憶
いたしました。いつか飲むぞ(^.^)/~~~

どっぷりと秋になりましたね。もう台風もこずに、
静かに冬へと進んでいってほしいものですね。

お体には、十分ご注意ください。
#638 No title
私もコーヒーは好きですが、万一巡り合っても豚に真珠、味の違いは解らないでしょう。
 昨夜の月は大きかったですね。
こういう季節の行事を大事にされる事を尊敬します。
団子もらっきょ形にするのですか。
色違いも意味がありそうですね。
 ウドの花はよく見ますが、食べてみるという几帳面さはありませんでした。
山菜辞典で見ると、若芽、茎ともOK、いろんな料理方法があるのですね。
でも、私では若芽は判別出来そうにありません。
#639 No title
テツさん
前にスタバでたずねたことがありましたが、すぐになくなるとのことでした。日本ではなかなか手に入れにくい、かつ高すぎて手が出ないというのが普通だと思います。尋常ではない、半狂乱に陥りそうな価格のようなので友人から渡された時は耳を疑い、何度も聞き直しました。

運良く手頃価格で巡り逢われることを祈ります。
#640 No title
yamadagagaさん
もし運良く巡り逢ったなら、その貴重性と価格をしっかり腹に据えた上で味と香りを楽しめば感激できると思いますが、それと知らされずに飲んだ(そんなことはまずないでしょうが)としたならわからないかもしれません。

団子がラッキョ型なのは作った所に聞かないとわかりません。色の違いは、黒糖、ヨモギ、プレーンです。饅頭はかの有名な相可高校の生徒さんが作ったヤツで中に栗きんとんが入っていてたいへん美味でした。いずれも生協で取り寄せたとのことです。

ヤマウドは冬は地上部が枯れて無くなっています。春(4/末頃~)に土から出たのを採って食べます。採っても二番芽が出ますが、多少弱るかもしれません。ヤマウドの葉の天ぷらはうまいです。茎は酢味噌和えですかね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する