薪ストーブメンテナンスは続く

先週に続いて本日も薪ストーブのメンテナンスです。
いったい薪ストーブいじりに何日かけてんのや、と言われそうですがしかたありません。私の人生は薪関連が中心ですから。


というわけで、前回分解掃除した時に火室の奥の鉄板が熱で大きく反ってしまっていたのを作り替えなければいけない、と申しました。
これです。
150913-18


で、材料を調達しました。前回は板厚6mmだったのですが、今回は9mmにしました。鉄板は安いもんです、300x270で1000円しませんでした。フラットバーは車庫にころがってました。買っても100円か200円でしょう。
150919-04


前のは反り防止のリブ(骨)が天端にしかつけてなかったので縦に反りました。今度のは縦にもリブを付けました。これでたぶんほぼ恒久的に使えるでしょう。


バッフルと共に取り付け完了、ついでに火室扉のガラスを掃除しました。
昨シーズンに使い終わったままのコテコテです。
150919-06


薪ストーブユーザーなら誰でも知ってると思いますが、ガラスに付いた煤を掃除するには水と灰だけで十分なんであります。しかも水だけでほとんど煤が取れてしまいます。もちろんウェットティシューでもOKです。専用のガラスクリーナーも売っていて私も初めの頃には買ったのですがすぐ使わなくなりました。
150919-08


で、まず水をスプレーして拭き取れるだけ拭き取ってから、頑固な煤にはティシューに水をしみ込ませて灰を少量つけて磨きます。
150919-07


あとは拭き取って、煤がまだ残っていたら同じことを繰り返すだけでこのとおり美しくなりました。
150919-09


オーブン室も一応点検です。
このストーブに替えて6シーズン目に入ろうとしているのですが、今日初めて気づいたことがあります。
オーブン室は密閉されているとばかり思っていたのですが、奥に穴が開いていました。
150919-10
どこにつながっているのかと、この穴にドライバーを突っ込んで排気口(煙突取り付け部)からのぞき込んでみたらつながっていました。つまり調理で出た湯気や煙は、扉をあけると煙突のドラフトでこの小さな穴から出て行くようになっているのですね。
それにしても錆びてます。



これであとは寒くなるのを待つばかりであります。
10月中旬には朝だけ(味噌汁)焚き始めることになるでしょう。




ヒガンバナ咲き始めました。
同じ土地でありながら、裏のヒガンバナは世間並みに咲き始めていますが、納屋前の芝生の一角にあるヒガンバナはまだ頭が出たばかりです。
↓裏のヒガンバナ(薪棚の前)
150919-01
↓納屋の前のヒガンバナ
150919-02
気温の差なのか日あたりの差なのか、ただの個体差なのかわかりません。




家の裏にあるアケビです。まだカチカチなので、あと1ヶ月はかかるでしょう。と言っておりながら例年通り鳥に食べられてから気づくことになるでしょう。
150919-05


ミョウガ、今季最後だと思います。これが2~3回採れました。
150919-03
放って置いてもできるので重宝します。




スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#623 No title
massanさん、おはようございます。

薪ストーブのメンテ、お疲れ様でした<m(__)m>

私の知らない世界ですが、徐々に言われてることが
理解できるようになってきました!

しかし今回の記事、恐縮ですが2つ笑わせていただきました。
1)『・・・私の人生は薪関連が中心ですから。』ということ。
2)霧吹きに「ただの水」と貼ってあったこと。
です。

アケビ、名前は知ってますが見たことも食べたことも
ありません。なので今、妻に聞きました。
野菜のような、果物のような・・・っと、きちんとした
説明になってませんでした(笑)

もう秋ですねって言ってますと、すぐ冬が来ます。
1年というのは早いものであります。
#624 No title
テツさんおはようございます。
思わぬところで笑って頂き幸せです。
「薪関連が人生の中心」今のところ本音です。これに掛けている時間の比率が半端なく他を上回っているので。「あんた田舎暮らし田舎暮らしゆうけど、薪のことしかしてへんやん」と妻はまちがいなく思っています。
霧吹きに「ただの水」貼っておかないと、忘れっぽい私はあとでこれが何だったか悩むにちがいないからです。

アケビ、大してうまくはない、甘いだけの種が多い食べ物です。ただ、山里で育った私にとっては、ガキの頃に高い木に登って採ったことを懐かしく思い出させてくれる味です。

もうすぐ紅葉で、冬になってまた春で夏で一周してきます。恐ろしい速さの一年ですね。
#625 No title
こんばんは。 
 バッフル板修復にしろ、4枚目の写真のティシュボックスなど、几帳面さが伺えます。
 ストーブはうまく焚いているのですね。
私のほうの昨シーズン末は、最悪で、毎朝こびりついた煤を拭くといより、こそいでいました。
換気扇用のクリーナーを使ってます。
 今シーズンからはどうなるのか?です。

 
#626 No title
yamadagagaさん、ですよね
ストーブ、上手く焚けていると思っています。今のストーブにかえて1~2シーズンはベストポジションをさがすのに苦労しました。トンチンカンなこともやっていました。

yamadagagaさんの今シーズンはきっと昨シーズンまでとは全く違うでしょう。ストーブ、排煙ともに最高なはずですから。楽しむことに集中できると思います。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する