薪棚の水濡れ対策

先日作った薪棚の水濡れ対策をします。
母屋の屋根瓦から流れ落ちた雨水が樋を飛び越えて薪にかかるのを遮る板金作業です。
よほどの雨でないと雨樋を飛び越えたりはしませんが、よほどの雨もたまにあるので。
150829-01




母屋とハナレの取り合い部の樋は集水器の半分くらいまで来ていて、いくらか足しにはなっています。
150829-02




30年前まで物置のネズミ防止に貼ってあったブリキです。先日ほとんど捨てましたが、この1枚だけ残してありました。
150829-03
この金切りハサミで切ります。
150829-10
今の金切りハサミは良く出来ています。切ったブリキ板は矢印の溝の部分を通って行くので大変スムーズに切れます。昔のはふつうの庭師のハサミのような形だったので切った部分を上に持ち上げて行かないとうまく切れませんでした。




一応はしっこを折り曲げます。
鋼材を敷いてクランプで固定し、
150829-04
当て木の上から叩きます。本当は鋼材で挟み込むときれいに仕上がりますが、きれいでなくてもいいです。
150829-05
直角くらいまで叩いたらあとは手でも曲げられます。そしてまた叩いてつぶします。
150829-06
芯に木材を巻き込んで、少し勾配をつけて薪棚に固定しました。
150829-07
あとは雪が積もった時に、滑り落ちてきた雪がこの板金や雨樋を重さないように雪止めをつけようと思っています。
黄色い線です。
150829-08
これはまたの機会にです。




うちのオニグルミの木にコクワガタのメスがいました。
150829-09
うちで立派なクワガタを見つけたことはありません、小さいのばかりです。




パンパスの穂が出て来ました。
150829-11




峠道ではコナラの葉っぱとドングリがいっぱい落ちていました。この時期になるといつもこうです。
150829-13
150829-12



柴栗も落ちていましたがまだまだ小さくて食べれません。
150829-14





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#611 No title
massanさん、こんにちは。

やはり、水漏れ対策やられたのですね。
これからまだ台風もきます。万全を期されるのが、
正解だと思います。

オニグルミという木があるのですか。樹皮を見ると
コナラのようですが、クワガタが寄ってくる木なの
ですね。

だいぶ涼しくなり、過ごしやすくなりました。
秋はもうすぐです!
#612 No title
テツさん
一応できるだけのことをしておかないと、です。今まで屋根をつけておきながら伝ってきた水で腐った薪を何度も見て来ましたから。

オニグルミは普通に売っているクルミより小さめで先が尖っています。クワガタが来る樹だとは思っていませんでしたが、たぶん薪について来た子でしょう。

ほんとに涼しくなったものです。30℃を越えない日が8月中にあるとは、と驚いています。猛暑続きにうんざりしていたはずなのに涼しくなったらなったで何やらさびしいですね、勝手なものです。まあ私はもともと暑いのが好きですから余計です。
#613 No title
 相変わらずお忙しの休日ですね。
金切り鋏を見直すと、確かに溝がありますね。
意識しないで使ってました。
本職の使ってる鋏も持っていますが、かなりガタがとってあって、カーブもしており、ようやく慣れてきたところです。
 当方の薪ストーブが設置完了となりました。
前回にチムニーが出来た時点で、後は工程が見えてしまうので意気が上がってません。
いずれ記事UPしますが、取り急ぎ未整理の写真をupしておきます。
https://goo.gl/photos/q2V36pnUQo9tySyJ9
#614 No title
yamadagagaさん
それほど忙しくはありません。することは一杯あっても先延ばしにしているので、1日に1つずつこなしていく感じですね。
金切りハサミ、私も10年以上前に買ったのはなかなかうまく使えませんね、切っているとハサミが斜めになります。

薪ストーブ設置完了おめでとうございます。写真、拝見しました。初焚きが楽しみです。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する