薪棚増設工事 完成

きのう取り付けた薪棚上部の部材から下げ振りを使ってコンクリートに位置をマーキングします。
150719-01
150719-02




そして50mmアングルをコンクリートに固定します。
150719-03




薪は乾燥が進むにつれて沈むので横方向の膨れ止めは上下可動式にしてあります。過去の失敗を生かして、、、です。
150719-06
150719-07
25x3のフラットバーを使っています。




下部はこんな感じです。
150719-08
腐れ防止の為にボルト頭の上にのせてあります。




薪棚、とうとう完成です。
150719-05
しかし、高い所に薪を積むのが大変です。




スプリングバスケットの持ち手が切れました。2012/05からの使用なのでちょっと切れるのが早すぎです。
150719-09




峠にもネムノキの花が咲きました。先週は来れなかったのですがたぶん先週には咲いていたでしょう。先々週はまだでした。おそいです。
150719-10




里ではクズの花が咲き始めました。クズは夏の雑草の代表格のように扱われていますが、花はいい匂いがします。
150719-12




台風11号で山道はひどいことになっていました。
150719-11




峠付近で今年初めてのヒグラシの鳴き声を満喫してきました。
盛夏です。梅雨明け宣言はまだ出ていないですが。

スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#579 No title
massan さん、おはようございます。

基礎と本体をどうするのかな?と思ってましたが、ボルトの上に
のせるという手があったのですね。
住宅ならば、アンカーで本体と締結するというところでしょうが、
薪棚であれば、そこまでする必要はないですよね。

桟を膨れ止め防止用に上下可動式するといった細かい配慮、
素晴らしいと思いました。

ところで、今年は台風が多い感じです。私の住む群馬のほうまでは、
直撃することはないですが、近畿・東海は今後も上陸・直撃する
恐れがあります。十分にご注意ください。
#581 No title
テツさん
私が最近作った薪棚は、コンクリートに金物を介して木材を取り付けるのと、可動式の膨れ止めにしています。以前に横桟を固定にしたら横桟の下に隙間が出来て上の薪が崩落しそうになったからです。だいたい私の薪棚は高すぎるのです。

台風の御心配ありがとうございます。群馬は台風が直撃しないのですね、そう言われると確かに西日本に上陸して弱ったヤツがそちらに行くような気がします。
#583 No title
 やはり軒下までいきましたか。
積んで降ろすことを考えると、小生では無理ですね。
若さがありません。
 こちらは、台風でシートが飛ぶという事は無かったですが、端部が沢山ほつれて浮き流しのようになりました。
ひも状で、田んぼに飛んでいくとめんどうなので、切断部の端部をところどころバーナーであぶって熔かしたのですが、ついでに手にやけどもしてしまいました。
とんだ台風被害でした。(笑)
#584 No title
yamadagagaさん
薪棚は一応軒の下ギリギリ、垂木の間まで詰め込んで、勾配部分の奥の隙間にまでも詰め込んで、と思っています。年をとってきたら2mまででやめてしまうかもしれません。

シートは紫外線による劣化がありそうですね、手軽で融通がきくので良いのですが。私がたまに使うモスグリーンのシートは厚みがあって紫外線に強いと書いてありましたが少々値がはるのでホームセンターの10%OFFの日に買いました。Monotaroにもあります。
http://www.monotaro.com/g/00490958/

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する