今シーズンの薪ストーブ、そろそろ焚き納め

まだまだ朝は焚いても暑すぎるということはないのでガス代節約の為に焚いてきましたが、もうそろそろ次のシーズンの薪を裏の小屋にとりこんで、空いた棚に野積みの薪を積まなくてはなりません。

今シーズンに焚いた薪の量をふりかえってみたいと思います。
シーズン初めの時点では裏の小屋に、まあぎっしりと詰めてありました。
積んだ幅x高さの正面面積計算では約7.3坪ありました。この中には針葉樹が約1.2坪含まれていて、これはゲートボール場行きとなったものであります。
そして、今現在残っているのがこれだけです。

150518-01

↓↓↓  整理の為に積み替えました。寸法を測ったら約1.4坪でした。

150518-02

計算すると
初め7.3坪-ゲートボール行き1.2坪-今現在の残り1.4坪=4.7坪
今シーズンに焚いた薪は4.7坪ということになります。体積で言うと6立米強ですね。わが家にとってはヤケに少ない数字です。
コロ薪がこれだけあり、まあ多かったのは多かったのであります。

141026-13

それにしてもピーク時は7坪くらい焚いていたので、ずいぶん減ったものです。
まあ焚くのが増えてきたよりはありがたいことです。

しかし、裏の小屋の一番奥に積んであるので、来シーズンにこの薪に達するのは春先になる、へたするとまた残ってしまうという困った状況ですが、わざわざ一旦外へ出して新しい薪を奥に積んでからこの薪を積み直す、なんて暇はありません。ちなみにこの薪は2011シーズンの薪であり、この手前へ2012シーズンの薪を詰めていくことになります。




今のうちにコンクリートの割れたのをモルタルで補修です。
150518-03
強度上はどうってことないのですが、割れた所から土が出てくるので。




スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#531 No title
 随分少ないですね。
記憶では10m3以上は焚いてられた記憶がありますが。
 薪を積み直すなんて出来ませんよね。
スーパーや自販機のように、先入れ先出しが出来ればいいですが。
 
 ストーブの施工図が上がってきました。若干の修正後、発注しました。
#532 No title
yamadagagaさん
過去は7坪、約9立米くらい焚いてました。カシ・コナラの比率がかなり高かったのもあるかもしれません。
無限に広い土地が手に入ったらウナギの寝床のような薪棚を作って先入れ先出しをしようと思っています(笑)。

ストーブの発注(まだ煙道だけかな?)おめでとうございます。
#533 No title
薪集めご苦労さんでした。

5月13日。あこがれの望仙荘に、66歳と75歳のふたりの老人が車に乗って行きました。食事をしようと思ったのですが、水曜日・木曜日は定休日でした。
ついでにマッサンの納屋を見たかな?・・・はてどうだろう?
松の剪定はしていませんでしたが、別に剪定をしなくても違和感はありませんでした。
写真と現実は異なります。
古い薪は断面が黒く、新しい薪は白い。そういうことで・・・うなぎの寝床がなくても、先出し先出荷はできると思うんですが、はていかに?
#534 訂正
古い薪は断面が黒く、新しい薪は白い

↑写真を見て書き込みましたが、文章をよく読むと、2011シーズンの薪と書いてありますので、間違っていたような気がします。
うなぎの寝床がいるのかも。
#535 No title
 再投稿ですみません。
レールを敷設して後ろから重機で押す、というのがYOUTUBEであったのを思い出しました。
是非実現しましょう(笑)
 この度私のブログのコメントを閉鎖しました。
無駄なエネルギーを使わないことにしました。
こちらに飛び火してないか心配です。
今後は私のほうから訪問しますので、今まで通りのお付き合いのほど、お願いします。
#536 No title
与作さん、なんとおこし頂いたのですか、わが山里に。
先週は昼勤だったので家にはいませんでした。望仙荘、残念でしたね、またFBやホームページなどで望仙荘をご確認の上おこしください。
ところで、イメージをふくらませたほどの山里ではなかったかとは思いますがどうでしょうか。
わが家も、全然手入れが行き届いてないのでむさくるしい空間だったかと思います。

薪、そうなんです。2011の薪をまだ焚ききれずにいます。ありがたいことです。ならそんなに採らなければ良いではないかと普通は思われるでしょう。でもいろんな事情があって、また木を伐るのが私の楽しみでもあって、採ってしまうんであります。なるべく周囲に少しずつでも貢献できたら良いなあと思っています。
#537 No title
yamadagagaさん
もし広大な土地と無限のお金が手に入ったら是非、レール敷設、重機で押す薪棚を建築したいと思います。いつかその記事をアップできることを祈っていて下さい。

ブログのコメントを閉鎖しただけなのですね、ブログ自体は続けられると言うことで。
こちらとしては受け身onlyになってしまうのは残念ではありますが、確かに無駄なエネルギーを使わないという意味ではスッキリできますね。yamadagagaさんが安らかな気持ちで日々をすごされることをお祈りしています。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する