今シーズンの薪狩りをふりかえって ~ 2

今シーズンの薪狩りをふりかえって ~ 1  に引き続いて今シーズンに多少勉強した、伐倒の際の切り口について書かせて頂きます。
木を切り始めた十何年前は本当にいいかげんな伐り方をしてました。今シーズンは伐り方について専門の本などから具体的な記述を見つけましたので、いろいろと試させて頂きました。


伐り方は大きく分けると3通りに分けられるようです。

① コモンノッチ(伝統的受け口)
150426-02
ほとんどの人がされたことのある伐り方だと思います。

受け口の開口角(理想)      45゜

追い口高さ              会合線から1インチ上がった位置

受け口の深さ            伐根直径の1/3~1/4

受け口がふさがるタイミング   受け口の開口角だけ倒伏したとき

安全度                中

長所                 一番良く知られている  




② フンボルトノッチ(逆さ受け口)
150426-03
受け口の開口角(理想)      45゜

追い口高さ              会合線から1インチ上がった位置

受け口の深さ            伐根直径の1/3~1/4

受け口がふさがるタイミング   受け口の開口角だけ倒伏したとき

安全度                中

長所                 材が無駄にならない

私は過去に自分の単なる思いつきで何度かこの伐り方をやったことがあります。追い口をこの図より更に下げて会合線に揃えて伐木の一番下が平らになるように、との目的です。邪道かと思っていたのですが、今回ある本にこの伐り方の記述があり、誰でも思いつくことなんだなあと思いました。
先日ハゼノキを伐ったときも、T田さんに持っていってもらう材の木口を平らにする為と、受け口をチェンソーのバーの上側で切る為にこの伐り方をしました。バーの上側で切ると切り屑がむこう側に飛んで行って自分にかからないからです。
150320-08
薪にする場合でもなるべく斜めが少ない方がありがたいのは誰しも思うことです。


③ オープンフェイスノッチ(広角受け口)
150426-01
受け口の開口角(理想)      70゜~90゜上70゜下20゜

追い口高さ              会合線と同じ高さ

受け口の深さ            伐根直径の1/3~1/4

受け口がふさがるタイミング   受け口の開口角だけ倒伏したとき

安全度                高

長所                 伐倒方向の精度が高く、元口も跳ね上がりにくい

ということにはなっていますが、実際はたいていツルはちぎれます。薪狩りの場合、斜面に立った樹をたいていは谷側に倒すので、倒伏時に幹がスイングする角度は90゜を超えてしまうので、よほど広角(90゜ではたりない)にしなければツルをちぎれずに保つことなどできないからです。そんな大きな開口角を切ることなど全く現実的ではありません。それほどツルをつなぎ止めておく必要がある場合に出くわしたら、コの字型の受け口でも切って試してみたいと思います。
ただ小径木を重心方向と異なる方向へ手牽引で倒す場合はツルも厚めに残すので、切り口から上の重量よりツルの強度がまさっていて、開口部がふさがったままで動かなくなってしまったことがあります。
↓これがそうなりやすいケースです。なのでオープンフェイスノッチを選びました。
150328-10
重心方向と伐倒方向は直角で、手牽引で倒しました。手牽引の良い所は倒伏しきるまでロープをたぐりながら引き続けられることです。ロープ牽引具だと、伐倒のきっかけをつくるだけで倒れ始めたら無力です。

くどくどと書いて、自分でも訳がわからなくなってきました。
上記の伐り方や数字はあくまでも目安で、こうでなければならないということなど全くないと思います。
欧米の伐木の手引き書では、オープンフェイスノッチを強く進めているように感じました。また、追い口は会合線の高さに揃える方が良いという記述がありました。ますます頭がこんがらがってきます。
いろいろとやってみるのが違いがわかっておもしろいと思いました。



ジョギングコースの峠道にあったアカガシ(かな?)の新芽です。
150426-07
それにしてもこの道にはカシが多いです。ノドから手が出て来そうです。
150426-09

先日初めてこわごわ食したカラスザンショウの新芽です。
150426-10

峠道のタムシバ、今年はあまり花をつけないまま芽吹き始めました。
150426-08

食べるタイミングを逃してしまったブロッコリーの花です。
150426-06

大根のさや、うちでは立派な食材です。
150426-05

わが家のオニグルミの花です。
150426-04






スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#508 No title
会合線というのでしょうか,
オープンフェイスノッチでは、これを正確に揃えるには、上側と下側の距離が遠いのでチェンソーの刃の入れ方が難しいですね。
私などは、コモンノッチだけです。
これとてうまくいった事は少ないです。
#509 No title
yamadagagaさん
会合線はなかなか合わないですね。一度切ってから修正します。
修正しろを残す為に控えめに切ってます。

それにしても妨害、大変ですね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する