仙ヶ岳登山道のロープ取り付け

本日も見慣れたこの風景、でも薪狩りではありません。
昨年に引き続いて、仙ヶ岳登山道のロープ掛けです。
地元の登山道保全担当の(お年を召した)おじさんに頼まれて行って来ました。
150418-02

150418-06

薪狩り現場の少し奥の石谷川堰堤上の広場に車を停めて、
150418-05

岩が崩落した林道を奥へ進みます。昨年より更に崩落してます。
150418-18

150418-19

左側は崖です。
150418-20

営林小屋が解体されてました。昨年はまだ建ってました。
150418-23
昔はこんな瓦をよく見かけました。
150418-24
レンガがあるということは水回りの何かがあったのでしょうか。
150418-25
在りし日の営林小屋です(2014/03)。
140329-06
営林小屋跡のすぐ脇には石の祠がありました。何度も来ていて初めて気がつきました。
150418-26

営林小屋跡の次は、壊れそうな橋をこえてさらに登っていきます。
150418-21
150418-22

倒木がコースを邪魔しているので持参した手鋸で切って、
150418-31

数ヶ所にロープを掛けました。合計100mです。
150418-01

弁当を持って行ってなかったので頂上までは行かず、でも景色が最高でした。
新名神、まさにわが家が見えそうです。
150418-04

野登山の西側斜面はさまざまな花が、これでもかと言うくらいに咲き誇っていました。
150418-03

アカヤシオです。
150418-11
150418-09
150418-10

タムシバは終わりです。今年のヤマザクラはすごかったですがタムシバは全然だめでした。
150418-08

それにしてもアカガシの多い所です。いくら多くてもこんな山奥ではどうにもなりませんが。
150418-12
150418-13

サクラの仲間でしょうか、名前を知りません。
          150418-14
150418-16
150418-15
樹皮がサクラとは全然違います。


マムシグサも咲いていました。毒々しいです。実際、毒があるそうです。
150418-07


野イチゴの中の何イチゴかは知りませんが、木にトゲがあるやつです。
150418-17


スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#496 No title
 登山道を写真でみると、通りたくないところもありますね。
営林署の小屋もかつては人が利用していたかと思うと物悲しいです。
お独りでのロープ掛け、ご苦労様でした。
 アカヤシオは初めて知りました。
このては全てヤマツツジと思ってましたが、花弁の数、樹高とも違いますね。
中国山系はこんな様子だと、私の直近のブログに写真UPしておきました。
検索すると、鈴鹿山系に多そうですが、一斉に咲くと山波のポイントになってきれいでしょう。
#497 No title
yamadagagaさん
アカヤシオは春の鈴鹿の山の名物だそうで、これを見に来る人がいるそうです。でもこの辺より北の方に多いようです。私もまだ知って10年たらずで、登山の好きなおばちゃんに聞きました。
yamadagagaさんのブログのツツジは、同じ色のツツジがこの辺にも咲きますが同じかどうかを判別できません。ミツバツツジ類でしょうか。この辺で春先に一番に咲くツツジと同じ色です。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する