シーズン終了を宣言したものの  ・ ・ ・

仲間と相談し、もう薪狩りのシーズンは終了やな ・・・ と話しあいました。
薪もそこそこ貯まり、春になってそれぞれに新たな作業が待っているのであります。
私もやらなければならない事が一杯あります。

でもやっぱり中途半端な状態で終わらせるのが気持ち悪く、今日もまた山へ来てしまいました。
150328-04





先週やり残したカエデの伐採であります。
150328-01
植木の苗を育てている地主のおじさんが、大きくなりすぎた木を処分して新たな苗を育てるスペースを確保したいのではなかろうかと、せめてもう少し伐ることにしました。





両側には別の、傷めてはいけない木があるので、重心方向には倒せません。
プルラインをかけて、
150328-02

オープンフェイスノッチを切ります。
受け口の角度が小さいと倒伏時にすぐ閉じてしまい、そこから非力な手牽引では倒せなくなるからです。
150328-10

そして滑り止めの結び目を作って何度もゆさぶって
150328-12

無事に倒伏です。
150328-11

本日の何本かは蔓地獄です。フジとアケビです。
150328-03

アケビには既にツボミができてました。非常に申し訳ないのですが、切るしかないんであります。
150328-13

一番奥の1株5本の株立ちだけは今シーズンは見合わせます。狭い所なのでうかつには倒せません。
150328-08
このあと、お茶屋のおじさんが消毒に来て追い立てられながら去りました。





コンテナに軽く入れての搬出です。道との境に低い柵があるので結構きついんであります。
150328-09
また貯薪を増やしてしまいました。薪棚を増設しなければ ・・・




モクレンはピークをやや過ぎた感じです。
150328-05
150328-07
150328-06
コマツナの花です。







スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#474 No title
余すところなく回収されるところ、いつも感心します。
来シーズンもいい年でありますよう。
ご苦労様でした。
#475 No title
yamadagagaさん
ありがとうございます。実は余すところなく  ではなく、お茶の消毒にせきたてられて慌てて逃げ出したので積みきれず、また行かなければなりません。いつまで引きずるのでしょうね。そのうちヤマビルが動き出します。
yamadagagaさんも薪割り・積み頑張って下さい。
#477
薪狩りお疲れさまです。
シーズンは過ぎてもその環境羨ましいです(^ ^) 来シーズンに向け僕はまだまだアンテナはらないと!
#478 No title
おっとyossyくん
終わった ・・・ のかなあ?
まだ未搬出のがちょこっとあるから夜勤の昼間にでも取ってこなあかん。それに伐り残したんがあって、まあこれは来シーズンかな。
不完全燃焼的心境。
でも春からは別のすることが一杯あるから気分一新せなあかんな。
また来シーズンも頑張って伐りに来てけれえ。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する