耐火セメントでブリックの代用品を作る

131005-03
先日薪ストーブのバッフルを取り外す際に奥のブリックを割ってしまいました。
部品購入することはできるのですが、買わずになんとかしようとするのがアホな私です。

耐火セメントで作ってしまおうという暴挙に出ました。
ふつうこのセメントはレンガ積みの目地とかに使うものであり、厚さ25mmのブリックの代わりになるものかどうか・・・耐熱温度は1200℃ではありますが。
131005-05

131005-02
工房にころがっている端材で型枠を作り、調理用の金網を鉄筋にして

耐火セメントを水でこねて型枠に入れ、金網を沈めました。
金網は、ところどころ針金を立ち上げて沈み加減がそろうようにしてあります。
131005-04
あとは硬化するのを待つだけ。
まあ、形にはなるでしょうが、この方法が良かったのか悪かったのかの結果はシーズン中にしか出ません。
最悪の場合は厳冬期にストーブの火を落として部品交換ということになるでしょう。



2013.10.7
一応固まりました。でもなんか微妙であります。角を手で触るとポロポロとくずれてくるのであります。
もっと時間をおいてから触ってみることにします。
131007-11



スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#7 No title
餅網を使ったのが素晴らしいです。
それにしても器用ですね、見習わなければ。
#8 No title
コメントありがとうございます。
ぜんぜん器用なんかではありません、無謀なだけであります。
この耐火セメントの壁がボロボロになったときは笑ってやって下さい。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する