トウカエデの伐採~ハゼノキ伐採

あと1~2回になってしまった今シーズンの薪狩りであります。
本日の相棒はN本くんです。
気持ちのよい天気で、梅が咲いています。
150320-01

サンシュユも咲いています。
150320-02
150320-03



隣のおじさんの植木畑、大きくなりすぎたトウカエデ、アキニレ、イロハモミジの伐採であります。
150320-04





細いものの枝が多く、N本くんと切って切って切りまくり、半日かかって依頼されたエリアの約半分がやっとでありました。
150320-05





少しはさっぱりしました。柴の山ができました。
150320-06
残りは来シーズン、ですかね。もう今シーズンは無理っぽいです。





午後は500mほど移動です。
大自然の中で弁当を食べたあとは、木材屋さんのT田さんをお迎えしてハゼノキを伐採しました。
          150320-07
ハゼノキは地元ではかぶれの木と呼ばれ厄介者にされていて、かつて私はカシとくっついていたハゼノキを伐って薪にして大かぶれしたことがありました。そのハゼノキを引き取って下さるというのです。





伐倒しました。樹高は10mくらいでしょう。
150320-09





ハゼノキとしては太い方だと思います。たいていは細いうちに伐り捨てられます。
150320-08
この黄色い心材が工芸品の材料になるとのことです。




軽トラに山盛りになりました。
150320-11
T田さん、遠くからおこし頂きありがとうございました。




スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する