カラスザンショウほか

本日の薪狩り現場は昨年秋以来久しぶりの現場でありました。
シャリーさん・N本くんはお休みで、滋賀からyossyくん・M森くんの2人が2ヶ月ぶりの参加でした。

山小屋カフェ望仙荘の手前の田んぼ沿い、道にかぶさってきている木の伐採であります。
150228-01





いきなり立ち枯れのアカメガシワが倒れて道をふさいでいました。
150228-02
M森くんが 「もろてきます」 と言ってくれ、玉切り。 まだあまり腐ってはおらず、 「コン!」 という乾いた音、乾燥が進んでいる感じでした。場合によっては今シーズンの即戦力として焚けるかも と。
150228-04





道に枝を伸ばしてきているカラスザンショウ(落葉した背の高い木)と、
150228-05
タブノキ(常緑)ほか、全部で数本を伐らせて頂きました。
150228-03





こんな感じです。[広告] VPS







カラスザンショウは落葉樹で、「奇数葉羽状複葉」 という、これ全体が1枚の葉として扱われるようで、落葉時もこの全体が落ちます。
150228-20
葉痕は葉柄(葉の軸)が枝についていた痕なので、でかい葉ほど立派な葉痕が残ります。
葉に水を送っていた管の痕が顔に見える物が多いです。
カラスザンショウの葉痕は、笑っているように見えます。
150228-06
枝にはトゲが一杯あり、さすがにトゲの部分はよう使いません。
150228-07
太い部分のトゲはイボ化しているので手で扱えます。
150228-08
これももらってくれるとのこと、助かります。薪としてはあまり喜ばれない軽い木のようですが、スギ・ヒノキなど針葉樹よりは良さそうです。





yossyくんが伐倒したタブノキは、隣のカラスザンショウを巻き添えにして倒伏しました。カラスザンショウの根が浅かったからでしょう、掛かり木の延長形で、一石二鳥というヤツです。
150228-10




お昼休み、滋賀の二人はアウトドアを満喫しておりました。怪しいメガネをしています。
150228-19
 ↓ 彼らのFACEBOOKから無断拝借した写真です。
150228-25
150228-26





薪はすべてお持ち帰り頂きました。かなりの量があり、帰ってから降ろす事を考えると同情を禁じ得ません。
150228-12





柴が一杯になりました。
150228-11




彼らの薪狩りシーズンは、たぶん今日で終了でしょう。
私はまだしばらく続きます。








スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#452
お疲れさまでした!いつもまっさんの里山では天候に恵まれ気持ち良い作業をさせていただきました。山の神さま、里の神さまに感謝です(^ ^) メガネ野郎怪しいですね(笑)
#453 No title
おおyossyくん、
あれ旨かったでえ、冷凍のまま薄く切って少し置いてから頂いた。
#454 No title
こんばんは。
相変わらず、よき仲間と楽しくやってられますね。
樹に登ってるとこなんざ余裕ですね。
 今日の私の現場にもいつも見る木肌のヤツがありましたが、アカメガシワと初めて知りました。
ちょっと軽いです。
 一昨日、両隣の地主さんから新たに伐採依頼を5,6本いただきました。
体力が付いていきません。この秋にさせてもらいました。
#455 No title
yamadagagaさん
おはようございます。
アカメガシワ、結構よくありますね、たしかにちょっと軽いです。
もうyamadagagaさんの方は、木で木でしかたないくらいでしょうね、今後の薪の確保は安泰ではないでしょうか。喜ばしいことです。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する