納屋とは

Barn

私は「納屋」という言葉に特別な思いをいだいています。
辞書には「物を収める為に住居とは別に作られた建物」とあります。
農家においては納屋には農作業に必要な器物が収納されています。

開拓時代の米国においては、夢の象徴でもあったと聞いています。
古い納屋を解体した古材「バーンウッド」は日本でも人気があり高値で取り引きされているようです。

私にとっても納屋というのは夢の象徴なんであります。
いつかこの写真のいちばん左のようなでっかい納屋を建てて、その中で薪を割ったり木工をしたり、とにかく中でいろんな事ができる、アメリカにあるようなでっかい納屋をもつことが私の夢なんであります。

そんな土地もお金もないんでありますが、ま、夢はでっかくと言うことで...





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1 バーンウッド
”バーンウッド”を初めて知りました。
日本の古材は、内部軸組材が主ですが、
こちらは屋外に晒された分、いい素材になりそうですね。
#4 #1 バーンウッド
コメントありがとうございます。
私はこのバーンウッドの風合いが大好きで、屋外に何年かさらして(薪棚)シルバーグレーになった木材を再利用したりしてます。
このブログの背景はうちの西の扉の塗装後13年を経たものです。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する