薪ストーブの掃除

今日はこいつの掃除をしました。
130929-31
灰がたまり放題です。
バッフルが思い切り反っているのが見えます(一番奥)。
130929-21

煤もたまり放題です。
130929-24

ドッグボーンプレートの裏も煤まるけです。
130929-23

130929-30
道具はおおむねこんな感じです。
一番上はストーブ右下の点検口から煤を掻き出すための自家製の道具。
30cmのスケールはオーブン外側とストーブ外壁の間についた煤をスクレープするのにちょう良いので勿体ないけどこれも掃除道具です。
下のL型の棒もストーブの狭い隙間につっこんで煤を落とします。
あとマキタの強力なバキュームクリーナーも使います。


バッフルの反りはとんでもないレベルです。
バッフルの奥の端が本来は奥のブリックの上にのっかってなければならないのですが、反った為に奥のブリックの前にせり出してきています。このおかげで奥のブリックを取り外すのに苦労し、結局奥のブリックは割れてしまいました。
130929-22
130929-28
バッフルはt5の鉄板です。3本のリブが溶接してありますが、みごとに縦にも横にも反っています。
同じ物を買う事はできますが結果はまた同じになると思うので、自分で作るしかありません。
もっと厚い鉄板で、補強も増やして、若干の改造を加えて(奥の高さをアップさせて太い薪を楽に入れられるように)。



今回の掃除で出た煤の量はバケツ一杯ほどもあり、ちょっと異常なほどでした。
このストーブにかえて2シーズン目までは煤がもっとずっと少なかったのに。
昨年の12月のある早朝、煙が室内煙突の隙間やストーブの隙間から吹き出すという出来事がありました。
小雨降る未明の屋根に上がって脚立を立ててトップを外してきたら防鳥網が下の写真のようになっていました。
もちろん防鳥網は撤去しました。
防鳥網のついたトップをつけて約2ヶ月でした。
この時に煤がたまったのではないかと思っています。
121215-03防鳥網
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#23 No title
御邪魔します。初焚き前に煙突掃除を終え、次の日に無事焚きました。しかし翌日昼間に、煙突内で雀の鳴き声が聞こえたのでダンパーを開け閉めして火室内に閉じ込め、扉を少し開けて捕まえて逃がしてやりました。だがしかし、また再び煙突内から雀の鳴き声が、、再度同じこと繰り返し逃がしてやりました。画像の防鳥網見ると付けるのもこわいけど付けなければ、また雀が入りそうで困っております。
#24 No title
おおお、シャリーさんコメントありがとー!
雀が入ったってかあ?
オイラの煙突トップは結構すきまが狭うてな、たぶん入らへんと思うとんのやけど、もし網をつけるにしても、網の針金を一つとばしくらいにニッパで切って目を大きいしてやったらどないかいな?
写真ではわかりにくいけど、目が詰まっとる所は15mmくらいの格子になっとるから、そこへもって冷めた煙がふれてドロっとへばりついてったから詰まったんやと思うで。
それとも、ふつうの針金で雀が入らん程度の邪魔をしてやるかな。
純正のを1回つけてみて1週間ごとに様子をみるか。案外大丈夫かもわからんでな。オイラのストーブは条件が悪いでな。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する