薪割り納め

2014年最後の薪割りであります。
と言ったって別にどうということはありません、今シーズン自体はまだ続くのですから。


きのうの薪狩りの、ハイエースに積みっぱなしのをおろして割りながら積みました。
141228-01





放置状態のシラカシの玉も割れるだけは割って、クサビも刺さらないのはチェンソーのお世話になりました。
141228-02

     

放置シラカシはチェンソーも嫌がる硬さなので、えげつない太さです。
141228-03






今シーズン分はだいぶ終盤に近づいております。
野積みの薪棚が2山で約8立米あります。この野積み薪棚はコナラ属のみを積んであります。
141228-04





コンテナに入れて放置してあったカキノキとイヌシデ、9杯を屋根付き薪小屋に積みました。
141228-06

     

141228-05





コロ薪小屋は、現時点で約45%といったところでしょうか。
この調子なら今シーズンはこの小屋だけで足りそうです。
141228-07



スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#392 No title
くせ木までくまなく利用されてますね。
根性がいると思います。
整然と詰まれ、整然と収納され、見習わなければです。
#393 No title
yamadagagaさん
くせ木は火持ちが良いのであります。とくにカシのゴンダは半端でないくらい火が長持ちします。根性は要りません、チェンソーが切ってくれます。
写真では整然と、実際は雑然とですよ。これ以上雑然とさせてしまうと歩くスペースがなくなってしまうのでなるべくほどほどにしてます。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する