薪狩り クヌギとコナラ

本日も(午前中は)快晴、薪狩り日和でありました。
いつもの相棒(シャリーさん)は不在で、N本くん一家が総出でやってきました。とにかく自然が大好きな一家なんであります。



今日伐ったのはコナラとクヌギを1本ずつ、どちらも遠目にはヒョロっと細長い、切り株で25~30cmでした。赤矢印がコナラ、黄矢印がクヌギであります。
          141130-01
だいたいクヌギは主幹がまっすぐ伸びており、コナラは曲がっていることが多いです。




伐りました。丸木橋のできあがりです。
141130-02


大っきな穴があいてました。
141130-03




次はクヌギ、N本くんちのヒーくん登っております。
          141130-04




ロープをかけて、
141130-05




ハンドウィンチで引っ張って、
141130-06
このハンドウィンチ、安い(1980円)のですが使いにくいです。すぐにエンドになりますし。



木は倒れましたが、谷のむこうに手をついた四つん這い状態です。そこへいつのまにかヒーくんが登っていき、枯れ枝に足をかけて枯れ枝が折れて落ちかけ、主幹に抱きついてぶら下がっております。結構高いです。見ている方もどうしてやることも出来ず、そして次の瞬間大変なことに。
141130-07
木が回ったんであります。木の曲線の向きにご注目下さればわかると思いますが、写真手前側にグルンっと回ったんであります。
141130-08
みんなが肝を冷やしましたが、木は手前側へ回りヒーくんはむこう側へ飛び降りて無事でした。笑っております。猿です、まったく。



こんなんでした。
141130-10
これでこの現場の木は、コナラ属だけで5本伐らせて頂きました。あと9本、それも難しいのが残っています。頭ひねらんとあきません。




本日の収穫は、シイタケ原木10本と
141130-09
シイタケ原木たのまれてます。あと10本は採らなあきません。これが結構プレッシャーなんであります。


あと、こんな感じです。
141130-11

勢いで割りました。が、写真ブレブレです。
141130-12



ついでに残してあった難物のシラカシも
141122-15

          


少し割って、あとこれだけ。といっても、割れるのはあと少しだけ、そのあとはチェンソーで切ります。
141130-13





野積みの薪棚はやっとひと山が出来上がりつつあります。ここまでくると昨シーズンの大崩落がフラッシュバックしてきます。が、揺らしてみても前回よりはずっとしっかりしています。
141130-14




コロ薪はやっと半分を切りました。この調子でいけば12月なかばまでには空になります。しかし今シーズンのコロが既にコンテナ3杯できています。
141130-15





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#354 No title
しっかり割っているようですね。
もうひと山出来ましたね。
これで何日分の薪でしょうか。
 こちらも、乾燥しないうちに割りたいのですが、現場の片付け優先で、玉が溜まるばかりです。
まあ、ありがたいことではありますが。
#355 No title
割ってますよぉ~、すぐに割らずにためてしまうと今度は重い腰が上がらなくなってしまいます。

薪の山はまだ2ヶ月分ほどではないでしょうか。
yamadagagaさんの方もかなり搬出待ちがあるようですね、まだシーズンは始まったばかりなのでお互い頑張りましょう。
#356
ううっまっさんの里山が恋しい(T_T)

もう少し時間のとれる生活ならいいのにと
つくづく思います。 ブログ中頃はドキっとしましたよ(^_^;) 怪我なくほんと良かったです。
#357 No title
おおyossyくん、
里山が呼んでいるぜい!!

ドキっとはしたけど、子供はすばしっこいからたぶん大丈夫な気はした。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する