タイヤの中で薪割り

タイヤの中で薪を割ると具合が良いというのは薪割りを始めた2000年頃から知ってはいましたが、やったことはありませんでした。ハイエースのタイヤを交換したときに1本だけ捨てずに残しておいて今回はじめてやってみました。

これ、ホントに良いです。断面が不安定な薪を割るときに立てやすいし、割った後に飛んでいかないし、くどくど説明するより是非やってみて頂きたいです。体力の節約に効果有りです。
141118-01






コロ薪です。見たとこ、ほとんど小枝ですね、1日にコンテナ1杯くらい焚いてます。
141118-02
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#346
YouTubeなどでよく見るやり方ですね! グレンスフォッシュ斧を地面で振り降ろすと…時と場合により斧としての役目を終わります(笑) けど飛んでいかないのは良いですね!僕のワーゲンバスには薪凹みがいくつかあります(^_^;)
#347 No title
Yossyくん
オイラはサッシを割ったことがあるよ。
台座を使うなら、小さいタイヤを台座にのせて固定したらええと思う。
#348 No title
コロ薪がたくさんありますね。
小枝まで使ってられるので、好感が持てます。
そろった薪ばかりというのは不自然ですよね。
 我が家はコンテナ30杯(2年分)以上、年内はコロ薪だけで終わってしまいそうです。
#349 No title
yamadagagaさん
小枝は薪狩り中にできた寸足らず薪です。薪棚行きのものの品質を上げようと、短い物をはねてしまった結果です。親指サイズまでは山に捨ててこれないので。勿体ないという殊勝(あるいはケチ)な気持ちだけではなく、柴が増えると厄介というのもあります。

コンテナ入りのコロ薪は意外と隙間だらけで早くなくなりますよ、ゴミ焼きのように放り込んでます。昇温が楽です。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する