今年のコロ薪

わが家のコロ薪事情のおはなしです。

今シーズン焚くコロ薪は ↓ です。
141026-13
昨シーズン(この春まで)に採った薪の端っこの集合体です。
左側のコロ薪小屋に満タンと、右側のコンテナ13杯ですが1杯はもう焚きました。





こんな感じです。けっこう小さめにしましたが中にはでかいのもあります。
141026-08




条件のよくない一番下のコンテナから大きめのコロ(樹種:コナラ)をさがして割り、
141026-10
含水率を測定しました。
141026-09
17.3%と出ました。全く問題なく焚ける数値です。




問題はこれ、クサギカメムシです。
この地方のカメムシはもっぱらコレです。今年は多いと妻が言っております。
141026-07




コンテナ入りのコロ薪だけはじいさんの柴小屋へ移しました。ストーブサイドへも運びました。
          141026-11




すこしスペースがあきました(木パレットの所)。
141026-12
コロ薪小屋が空になるまでの今シーズンにできるコロ薪の仮置き場になります。

昨シーズンは今回の半分以下のコロ薪で1ヶ月焚けたので、今シーズンは年内は定寸薪を焚けそうにありません。





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#311
コロ薪は便利で火持ちも良いし良いですよね…置き場所だけあれば(笑) 僕も今まではコロが出ないように薪の長さを適当に切ってましたが、最近コロを作ってます(笑)
#312 No title
次のシーズンには焚けていいんだけど昨シーズンにいい気になって作りすぎて 、、、
定寸薪でも極端に曲がったのを3つに切ってコロにしたりしてたからね。
#313 爆撃できないから。
大阪市から yamadagaga さんのところに行くのは ちょっと 遠いけど・・・・
65歳 と 74歳の  二人の 男 
massann の 納屋に 訪問してもいいかな?

#314 No title
マメにコロ薪を作ってられますね。
これぐらい利用してやれば、樹木も本望でしょう。
やっぱりコロ薪のほうから焚いていきますよね。
まだ焚き始めてはいませんが、写真の量から比較換算すると、我が家も年内はコロ薪オンリーかもしれません。
コンテナも回したいし、ですね。
#315 訂正
友達に提案しましたところ、誰かわからないのに、相手に迷惑がかかるので、行きたくないとのことでした。
#316 No title
与作さん
Massanの納屋に少しでも興味をお持ち頂き光栄です。
大阪市から来て頂くに値するほどのものではないと思いますが、また機会があればどうぞおこし下さい。
ただし爆撃意外の目的で。
#317 No title
yamadagagaさん
定寸薪の質を上げる為に曲がった物や寸足らずを切り刻んでいたら多くなってしまいました。
薪に限らず半端物から使うのは人間の心理ではないでしょうか。現実的にも、コロ薪を春までチビチビ使っていたら今シーズンに出来るコロ薪がまたひと山出来てしまうという事ですから場所を取ります。そして、コロ薪は初冬のほんのひとくべに使い勝手が良いですからね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する