虫さんと木さん




今年もヤマトタマムシを発見しました。
昨年は7月に見たので注意して見ていたのですが、8月のおわりになってやっと見つけました。
140831-01
お隣さんのニレの木を伐ってしまったので、もういないかと思っていました。
ブーンと飛んで来て薪にとまりました。
近付くとポトンと落ちたり飛んでいったりする習性があるので、そっと近付いて撮りました。
あとで写真をよく見たら、脚が1本なくなっていました。




いつものジョギングコースの安楽峠付近でコナラがいっぱいの葉を落としていました。
140831-05
140831-02
140831-03
140831-04
よく見るとどんぐりがついているのですが、まだ成長途上です。
台風か大雨かで落ちたのでしょう。
昨年はこんなことはなかったのですが、たくさんのコナラが日照り続きで枯れました。
枯れた木は、葉を落とさずにしばらくついたままで葉だけが枯れ色になっていきます。






同じ峠付近に、ノリウツギが咲き誇っていました。
「ウツギ」の名がついていますが、ウツギではなくアジサイです。
木の中心が空洞(というよりは綿状)なのでウツギの名がついているらしいです。
いつも盛夏から秋口にかけて咲き、花を散らさずにドライフラワーのようになります。
140831-06
花はこんな感じで、装飾花は少しです。   WIKIより
140831-07
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する