N本邸 ウッドデッキに屋根をつける~独立基礎

薪友のN本君の家のウッドデッキに屋根をつけることになりました。
N本くんとDIYをするんであります。

私の納屋のデッキは建物の軒なので、上を向くと垂木と野地板が見えるだけです。
なのでウッドデッキというものは、やはり屋根がなくて青空や星空が見えるというのは憧れるものであります。

しかし、N本くんの家はたいへん洒落た家で、軒が全くないんであります。
実際に生活するとなると、それはそれで困ることもあるらしいです。

たとえば、
 ・雨の日に掃き出し窓をあけておくとハネが座敷に入る。
 ・履き物がぬれる。
 ・夏の照り返しがきつい。
 ・夕立の時にあわてて洗濯物をとりこまなければならない。
 など。

憧れや見映えはもういいから使い勝手を、ということだそうです。

140720-04

で、幅はウッドデッキの幅+勝手口(写真には写ってないですがデッキの左)を覆う約7.5mの屋根をつけます。
この辺ではこういうのを 「だれ」 と言ってます。
「だれを出す」   んであります。



柱の立つ所にこんな感じの独立基礎をします。
140720-03
羽子板付き沓石(くついし)を使います。
沓石の下の3本の棒は鋼材です。
先に鋼材を打ち込んでその上に沓石をのせ、水平や左右前後の位置を出してからコンクリートを静かに流し込むという魂胆です。
ドシロウトなので手わざだけで出す自信がないのでこんなやり方をしました。
コンクリートの空練りで土をかぶせてから水をまくという方法もありますが、固まるまでの時間が長いのはイヤなので。

マニュアルに従うなら一番下に砕石を敷いて叩くのですが、かなり小石まじりの土なのでしまっているので、砕石は敷きませんでした。実際、穴を掘る際にツルハシでもかなり手ごわかったのでハンマードリルを使ったくらいです。
穴の底を固める時は、木片を置いてハンマードリルのチゼルの先を当てて叩きました。かなり強烈に踏みしめることが出来ました。



コンクリ打ち後はこんな感じ、
140720-01
丁張りはせずに、デッキの束柱に貫板を打ち付けて、母屋壁面から貫板の前面までの距離を決めて、水糸はあらかたの高さで水平を出しました。
高さのバラツキは建て方の時に柱の長さで調整します。





固まったら埋め戻して、残土をばらまいて、本日は終了です。
140720-02





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#240 No title
 おー、またやってますね。
薪友さんのお宅は今流行りですね。全くのキュービクルとか。
こういう家を何棟も建てましたが、日本の気候には合いません。
若い設計担当が好んでやり、施主さんも夢一杯です。
キッチンなんかも、喫茶店のモーニングくらいしか出来なかったり、などなど、住んでみて困るだろうなと。
 いつも工事は本格的、やり過ぎですね。
転圧は、私は丸太に両サイドに持ち手を付けて、”たこ”を作りました。
4、5寸くらいの柱材でもいいかも。
束石のダボのところに柱を伝う水(僅かですが)が侵入、溜まるのでシーリングか、いっそ埋めて羽子板からのボルトだけで済ますかですね。
屋根の躯体との取り合いに工夫が要りますね。
ここが一番です。
#241 No title
建設業界経験者様の助言、お待ち申し上げておりました。

沓石の凹は何の為にあるのかいな?  とあまり気にくわなかったんであります。やっぱり埋めた方がいいですか。束ボンドでつけた方がいいですかね。
母屋の壁との間の水切り、なかなかありません。ブリキ切って作ろうかと思っています。

たこはやったことありますが、土がついてきてやりにくかったので、叩くたびに離れない方法がいいなと思いハンマードリルを使いました。SDSPLUSタイプなのでランマーのアタッチメントは出てないんですよね。SDSMAXだと出てるんですが。
#242 No title
釈迦に説法ですが、
束石の穴はダボ用です。柱の脚元を凸に加工します。
今回は柱は3寸程度でしょうから柱に伝う雨水も僅かで、水抜きは余り気にせずともOKですが、
社寺などの御影石で作る1尺角くらいの沓石(お寺の向拝柱の脚元)は、底まで穴貫通し地盤に抜けるようにしたりします。
 ”土台水切り、型板”で検索されたらヒットすると思います。
サッシメーカーやJYOTOでも。梱包単位はそれぞれだと思います。
NETでは運搬費がかかりますから、ホームセンター経由も検討されたらいかが。
取引があれば、結構取り寄せしてくれます。
但し、立ちあがり寸法が高いです。
それと、天端でコーキングの厚みを確保しないといけないですから、別の□形状の材をあてがう必要があるかも。
 どの材にしても水切りは躯体側に付けてオダレ側はフリーで、躯体の揺れとオダレの揺れの違い(動き)はコーキング部で吸収し、コーキングはシーラーがあればなおOK。
多少浸みてもいいや、となると、がぜん楽になります。
とかなんとか、おせっかいでした。

#243 No title
丁寧な説明ありがとうございます。やはり柱の底の凸がはまる穴でしたか、ズレ止めですね。
水切りを駆体側にネジか釘でつけるのですね、外壁材がt9で胴縁の位置では無さそう(空洞)なのでネジですかね。もう少し研究します。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する