映画 「WOOD JOB 神去なあなあ日常」 見て来ました

標記の映画  WOOD JOB  見てきました。
私が昨年夏に読んだ三浦しをんさんの小説  「神去なあなあ日常」  の映画化です。
この映画を見たくなったのは、単純に「木を伐る」シーンが多いからでした。
そして我が愛機STIHL社のチェンソーが使われているからというのもありました。

140517-99

感想 : おもしろい(笑えるシーンが多い)映画でした。別に木を伐らない人でも十分おもしろいと思います。



スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する