築40年の薪小屋を改修

私が小学校の頃に祖父が柴小屋として建てた小屋です。
この手の小屋は田舎には至る所に建っています。
たいていは田小屋です。

当時、きちんと製材した材料など勿体なくて、ただの間伐材を使ったものがほとんどです。
130928-04




私はこの小屋に、次のシーズンに焚く2年以上乾燥させた薪を夏の間に移しておきます。
積んだ正面の面積で約7坪分の薪が収納できます。約9㎥です。
過去何年かは概ね7坪くらいは焚いていたのですが、今シーズンは残りました。
この写真で約1坪といったところでしょう。残ったのはヒノキとスギです。
ほんとは改修工事の為に使い切りたかったのですが。
140430-10




柱などの傷み具合を見ていきますと 、、、
この柱の根元は
140430-05
これで ↓
140430-03
ぱっと見にはわかりませんが、地についてません。
昔のこと、柱の根元にコール炭を塗っただけで土に差してあったので長持ちはしません。ボロボロだったのを何年か前に私が挿げ替えたのですが、所詮私のする仕事。下端が浮いてます。



この柱も下端はコール炭塗りなので、とうに腐って浮いてます。
140430-02




この柱は腐ってはいませんが、なぜかカタカタ動くので重みはかかっていない、つまりぶらさがっているだけです。
140430-04
この写真でもよくわかりますが、当時は材木屋の新品の合板を柴小屋などには使える訳もなく、ありあわせの板がつぎはぎに張られています。

「何本もの柱が上からぶら下がっているだけでよく立っていられるなあ」というのが正直な感想です。
なんとも不思議な建物です。ブロック塀がなかったらとっくに崩落していたでしょう。
しかし私にとっては、この手作り感一杯の小屋は愛着があるので、少しずつ補修して行きたいと思います。




まずこの地に着いてない柱を少し外側のブロック塀の上へ移動です。
140430-05

                         

140430-09
こんな金物を即席(切って穴あけてひねっただけ)で作って、
140430-07
ブロック塀の上で元からある木材に固定です。
140430-08



地面がすっきりしました。
140430-11
それにしても、昨日までの雨でここまで地面やコンクリートが湿るというのは薪を保管するのには全く適していないです。




あとは土間コンクリートを打って、屋根を直して、とやること一杯です。





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#184 No title
”柴小屋”懐かしいです、こういう呼び方を忘れていました。
小さい頃、爺さん婆さんとリヤカーを引いて(連れられて)山に芝刈りに行き一年分の焚きつけを保管したものです。
何日もかかった気がします。
 根継ぎは民家などでは、ジャッキで仮受けし台持ち継ぎですが、相欠きで貫通ボルトかコーチボルトでどうでしょうか。
手抜き得意の私の場合、束金物(背の低いもの)で受け、金物ごとモルタルを巻いてしまいます。
湿気の為、足元も高くしたいため。
芋継ぎで沿え柱もありですね。
 いずれにせよ壊さずに残せれば素晴らしいですね。
#185 No title
今回撤去した西の柱は相欠きでコーススレッドで締め上げてステンレス針金を巻いて、その部分自体はカンカンにしてあったのですが、下が浮いていたのでは意味ありませんね。
台持ち継ぎなど私に手が出せる代物ではありません。
あと3ヶ所は根元が腐っているので、土間コンに併せて金物を使って何とかしようと思っています。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する