チェンソーMS150T分解掃除

MS150Tのシーズンオフ入りのメンテナンスをしました。
まずチェンオイルを抜きました。
鉱物油なら抜かなくても問題ありませんが、水溶性植物油を使っていたので樹脂化してオイルポンプのトラブルをおこす可能性があるので抜きました。
そしてタンク内を水で洗って灯油を入れました。エンジンをかけて灯油がいくらか排出されるのを確認してチェンオイルの方は終了。
次はガソリンを抜いて、アイドリングで止まるまで放置して燃料の方も終了。
あとは内部の掃除です。


右のカバーを外してエアブロー、
140419-01
でもスプロケットはドラムの裏なので、ドラムも外したい。



で、左のカバーを外して10mmのソケットレンチで固定して
140419-02
付属のレンチ(13mm)でドラムを外しました。
左ネジです。時計回りに回して外しました。



けっこうカスがたまってます。
140419-03



オイルポンプ付近もカスだらけです。
140419-04




外せる所までははずして千枚通しでこする+エアブローできれいになりました。
140419-05




こざっぱりしたら動く部分にスプレーグリスを吹いて終了です。
140419-06
秋までしばしのお休みです。




スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#174 No title
いやぁ凄いですね。
燃料は処理しますが、私は最初の写真までです。
さてどうしましょうか、ですね。
#176 No title
いやあ、たぶんやりだしたら止まらなくなってしまうものですよ、
きっとyamadagagaさんも。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する