FC2ブログ

伐採依頼の立ち会い~ヤッチンとこの杉伐採




有給にてヤッチン(会社の同僚)と遊んでました。

まずはヤッチンが仲介で伐採依頼を頂いた現場の立ち会いであります。
200131-01
でかいです。スダジイです。この向こうは崖になっていて木の重心はこちら側です。斜面の上にある木の重心はたいてい高い側です。伐倒するだけのスペースなどありません。登って落とします。場合によってはリギングですね。




ヤッチンとこの杉を伐採です。この現場は私は3回目で、ヤッチンは休みごとにやってるみたいです。前の2回はトップカットでしたが今日は元から伐れるので楽ちんです。が、掛かり木必至のもあり、なかなか楽しい作業でした。
200131-03

200131-02



スポンサーサイト



大コナラ伐倒




前もって枝下ろししてあるので主幹のみでの伐倒であります。
参加者はシャリーさん・私、そして午後からK嶋くんの3人でありました。




伐倒方向は右です。
200125-01




この写真では伐倒方向は左です。先に木に登っててっぺんにスリングを巻いてチルホールのワイヤーを掛けて来てあります。
200125-03




受け口は普通に立って切れましたが、追い口は谷の上なのでフリップラインでポジショニングして、スパーも履いて木の根っこに突き刺して立っております。横から切れそうに見えますが足場がないのでこの方がまだましです。
200125-02









という訳で、無事寝て頂きました。いや、全然無事では無く大きく狙いを外れて立木を傷つけてしまいました。重心ばかりに気を取られて木の反りまで読めてなかったです。まあヘタクソです。
200125-05




短径で60cm、
200125-06

長径で70cm弱といったところです。
200125-07




玉切りましたが、
200125-08

途中に方向転換の為の変な玉がいくつか出来ました。
200125-09




そのままでは持てないので4つ割りにしてそれぞれの車に運び、私は土場へ搬入しました。
200125-10




解散後、マジック斧で割って、コロと要縦挽きの薪だけ別にしておきました。
200125-11




3連チャンだったけど中身は薄かった



1月17日金曜日

有給にて薪割り、のちハゼノキ伐倒です。あ、ボッチです。

BEFORE
200119-02

200119-03
これらを割って、




AFTER
200119-04

200119-08
割った杉・桧・コナラ薪はこんもりと盛って、散乱してたハリエンジュ・イヌシデほか一般雑木を後ろの薪棚に積み50%ほどになりました。




そしてハゼノキ伐採指示が地主さんから出たので伐りました。武田製材様引き取り予定です。黄色い心材の需要があるそうです。
200119-05

200119-06

200119-07
心材小さいですが、武田製材様は使えると仰せです。




土場に溜まっていたコロ薪をコンテナ6杯ほど家に持ち帰りコロ小屋に入れました。今シーズンのコロの溜まり具合は遅いです。
200119-09




1月18日土曜日

単独の現場です。YO君参加です。午前中のみです。


タブノキ2本が手つかずのままです。
200119-10

200119-01
川に落ちています。




穴のあいた長靴でビッタンコになりながら川の中で玉切り・搬出しました。
タブノキは芯が腐ってることが多いのでかなりロスにはなりましたが、軽トラ2杯ほどにはなりました。YO君が次回搬出してこの現場を終了できることになります。




AFTER
200119-11
枯れ葉が目立たなくなっただけでサッパリ感ありです。




1月19日 日曜日

小岐須の茶畑、スダジイ玉切り搬出です。

参加者はM部君と私の2名、午前中のみの作業です。

このスダジイは12月21日に伐倒したあと約1ヶ月放置してありました。

200119-12

200119-13
これらをなんとか谷に落ちないように玉切り・搬出せねばなりません。




頭を使い、ロープも使いながら無事玉切り・搬出成功しM部君の軽トラも、
200119-14

200119-15
私のハイエースも満載になりました。




これはシャリーさんの分です。
200119-16




これが片付いたら次はこれを伐らせて頂きます。
200119-17
枝がかなり茶畑の方に出っ張っています。




大コナラの枝捌き搬出 完了




前回に枝下ろししたのが谷やあちこちに落ちています。写真では浅い谷に見えますが身長は軽く超えてます。手持ち搬出のちクローラーで車へ運びます。

参加者はシャリーさんとK嶋君で、ともに午前中のみ、私は午後も少し作業して枝捌き搬出は完了、あとは伐倒するのみです。

200111-01

200111-02

200111-04




まあ軽トラ1車ほどかと。
200111-03
最近コナラの授かりが減っています。昨シーズンはゼロでした。



薪狩り初め~薪割り



1月3日

薪狩り初めであります。
昨シーズンの薪狩り初めは1月2日でありましたが今シーズンは1日遅れです。
参加者はシャリーさんと私です。


BEFORE
昨年末に1回目の枝下ろしをした状態です。
土場近くの大コナラ、残っていた未解体の枝を捌いて搬出するのに半日かかりました。
そして午後から2回目の枝下ろしです。
200103-01

200103-02




私が樹上で枝を切っているところをシャリーさんが撮影してくれたのはいいのですが、ピンボケすぎてます。おそらく上に伸びている枝を切っているところだと思います。
200103-03




1時間ほどで枝は全部切り落として、次はシャリーさんのスパークライミング初体験です。地下足袋にスパーを履いたので足裏が痛い以外は 「オモシロイ」 かったそうです。
200103-04




AFTER
伐倒方向からの写真です。この桧の間へ寝て頂きたいと思っています。
200103-05

土場からもよく見えてます。
200103-07

伐倒側面からの写真です、やや起こし木です。
200103-08




本日搬出分です。椎茸用の榾木、今年は短尺自立型で行こうと思っています。
200103-06




1月4日

本日は薪狩りはせず薪割りデーです。
参加者はN本くんと私です。

正月なので、焚き火をしながらビールで景気づけです。
200104-02




焚き火に使う杉の乾燥薪は売るほどあります。売りはしませんが。
200104-01





2時間ほどぐだぐだしたあとは気合いを入れて薪割りです。といっても私が割るのでは無くエンジンが割ります。

ムクノキとコナラ・クヌギ
BEFORE
200104-03

AFTER
200104-05



そして杉・桧
BEFORE
200104-12

AFTER
200104-04

杉を少し割ったところで悔しいことにガス欠、予備燃料を忘れてきました。もう3時前だし今日はここまでです。




N本くんの方は乾燥薪を持ち帰り、空いた棚に生の桧を割って積みます。
200104-11




乾燥薪の積み込み完了です。過積載っぽく見えますがポプラ薪はめちゃくちゃ軽いので大丈夫でしょう。
200104-06




薪棚はヒノキ薪でまた満杯になりました。
200104-07