FC2ブログ

田小屋北の大コナラ 枝下ろし




連休2日目、私の所用にて午前中のみの作業です。
参加者はシャリーさんと私です。




私が土場を借りている地主さんの田小屋の北です。
大コナラの伐採ですが、今日は少しだけ枝下ろしです。
191229-10




元で60cmくらいかと思います。
191229-01
黄色と赤でマーキングした枝を下ろしました。




風の無いなんとも気持ちの良い日で、山がとても綺麗でした。
191229-03




樹上バーバーチェアやっちまいました。2枚目の写真の赤でマーキングした枝です。
追いヅル伐りしたのですが、ツルが厚すぎたのだと思います。191229-04

191229-05
樹上の場合は裂けても末が切り口よりかなり下がって行くので作業者の頭上に落ちてくることは無いと思いますが、元口の着地点がかなり後ろへ行きます。




シャリーさん、クローラー滑って上がりません。荷台を前に伸ばした状態で前の方に木を載せて荷重を掛けないとキャタピラーがグリップしません。
191229-02




私は椎茸榾木1mを5本と50cmを10本(人様のです)、シャリーさんは軽トラに半車ほどだったか少ない持ち帰りでありました。



スポンサーサイト



連休初日は薪狩り




本日から正月休みです。
ここ数年、この連休初日は薪狩りしてます。

本日の参加者はM森くん・N本くん・私の3人で、土場の谷の細いコナラと今伐らないと夏にも枯れそうなクヌギを伐らせて頂きました。
191228-01
クヌギはまっすぐで枝振りも良いのですが、春の芽吹きも遅かったし紅葉/落葉も早く、苔や茸が生えていたりで見るからにヤバそうです。細いコナラは元気ではありそうですが細い・枝もほぼ無しです。




まずはM森くんが細いコナラを伐ります。今シーズンの初伐倒です。
191228-04




追いヅルを切り離したら一瞬で倒れました。
191228-05




細っちい木に見えてましたが、30cmもあったようです。木というのはたいてい見た感じより太いですね。
191228-06




そして、弱ったクヌギを私が伐りました。
起こし木なのはわかってましたが、横着してクサビだけで倒そうとして苦労しました。クサビの前に十分スペースがあるのにクサビが入って行かず、抜いたり打ったりツルを追い込んだりをかなりの時間やってました。ロープ掛けた方が速かったです。追い切りの下に突っ込み切り入れてクサビ重ね打ちしてやっと寝てくれました。
191228-07




かなり傷んでます。途中に枯れ落ちた枝の痕があり、皮が巻き込んでいたりボケていたりしました。
191228-09




元が浮き上がってくれたので玉切りは楽でした。ツルを少し残して10玉近く切ってから、つながったまま着地させました。いいかげんに切り離すと谷底行きですから。そして末の玉から切り離して上方へ手持ち搬出のちクローラー搬出しました。
191228-08




M森くんとN本くんが軽トラ満載だったので、これもそのくらいの量だと思います。
191228-10
例年より重量級薪の確保がぜんぜん遅れています。そして重量級薪として扱う樹種を少し下げてきてます。私の生活サイクルからいくとヤマザクラでも太割りなら行けそうです。寝る前だけコナラ属にするなら杉でもけっこう行けます。そう考えるとアホ見たいに薪を貯め込んでることにはなりますが、麻痺してしまってます。それに貪欲に集めてる訳ではなく不可抗力的にやってるだけですから。でもほどほどにしておかないと春先に苦しむ事になります。




樹上では私は手鋸で太い枝を切らないので、今まで樹上で使っていたSilkyズバットより少し目の細かいストレートソーを樹上専用に買いました。本日は出番無しでしたが。
191228-02




こんな物も買いましたが本日は出番無しでした。
片側だけアイの付いたセミスタティックロープです。樹上でのポジショニングやスパークライミング時にクライミングラインとして使います。
191228-03





小岐須の茶畑のスダジイ巨木群




一年ぶりの小岐須の現場です。
参加者は茶畑持ち主のM部くん、シャリーさん、K嶋くん、私の4人です。
191221-01
ほとんどがスダジイで、少し杉・桧・楠がある程度です。
茶畑に落ち葉を落とすので昨シーズンから伐ってます。




まずは夏に枯死した60cmほどのスダジイですが、そのままでは枝が茶の木を傷めるのでスパークライミングで枝下ろしです。ロープを掛ける枝が見当たらないのでロープアクセス出来ませんでした。
191221-02

191221-03
見にくいですが、なにやら粉がいっぱい付いてます。




降りる時だけはクライミングロープを掛けて懸垂下降、途中でプルラインを掛けて来ました。
191221-04




ハイエースで牽引して伐倒。着地点も良かったのですがバウンドして少し落ちました。木があるので少し低い所で止まったので搬出可能領域ではあります。とはいえ次回に重機の出動となります。
191221-05




続いて隣の細いめ(30cmくらい)のやや傾斜したスダジイをK嶋くんが伐倒です。傾斜木を重心方向に倒すので追いヅル伐り必須ですが、ここのところK嶋くんは伐倒の練習を重ねてきているので不安はありません。
191221-06




動画投稿のやり方が変わってしまって、こんなのしか出せませんがクリックするとFC2動画の方へ行くようです。
191221-08桐嶋君が伐倒.wmv
茶の木の上に倒れたように見えますが、ちゃんと幹は先に伐った木の伐根のギリ手前に落ちています。これ以上向こうだと回収困難になるのでバッチリの着地点だったと思います。




ただ残念ながらウロです。追いヅル伐りの突っ込みの時に柔らかかったとK嶋くんは言ってました。通路沿いの為に邪魔な枝を切っているので、そこから腐朽菌が入ってウロになるのは何度も見て来てるので普通です。強剪定した木などはまともなのを見ないです。
191221-07



ムクノキ解体搬出を終了




U田T代さん宅前で伐採させて頂いたムクノキ3本のうちの最後の1本(40cmほど)を解体搬出しました。
市内和賀町のKNくんと私の2人で午前中に終了でした。
KNくんの軽トラに満載で、少し積みきれなかった分を私が引き取りました。
191215-01
残るは40cmほどのタブノキ2本です。




私の取り分です。薪割り台座用に低めの丸太と枝薪少々でした。
191215-03




午後は土場近くの山中に未搬出にしてあったイヌシデと桧を搬出して終了です。
191215-04

191215-02




杉林の伐採 今シーズン初




先シーズンから伐らせて頂いてます地元のM井さんの杉林ですが、今シーズンは初です。
杉は薪としてはまあいろいろ言う人はいますが、考え方次第です。伐倒練習にはちょうど良い現場です。
わがグループは私とK嶋くん、そしてゲスト参加でYOくんで、3人です。
YOくんは伐倒経験ゼロで今回が初です。
191214-01




風で折れたのもありました。まだ葉っぱが緑色してましたが葉枯らしが効いてて軽くなってました、ボケてはなく全然使える状態です。
191214-03




少し道側に傾斜でかつ道側にしか枝が無い木は牽引伐倒です。直立に近いのでプルポイント低くチルではない普通のローププラーでしたが楽に起こせました。
191214-02




終了時です。少しはパラッとした感じはしますがまだまだあります。量的には3人があと2回ってとこですね。
YOくん3本、K嶋くん4本、私が3本の合計10本を伐倒してそのうち3本は未解体、搬出は風で折れてたのも含めて8本を玉切り搬出しました。YOくんは午前中だけでしたが十分限界まで積んでましたしK嶋くんのN-BOXもセカンドシートを倒して3列積みで満杯、私もセカンドシートスペースに2段積みなので軽トラ満載相当でした。
191214-04




土場へ搬入して3時すぎには終了、早く上がると楽です。
191214-05




田べりのヒノキ伐採の続き



本日は有給にてボッチ薪狩りです。
朝のうち所用にて10:30出動です。



地主のおじさんが前回の柴の量に圧倒されて、当初の予定であった6本伐採が急遽3本に変更になりました。
前回、N本くんと2本伐って3本目の枝下ろしまでは終了していました。これが最後の1本という事になります。






ラインドロッパーでスローラインを掛けてプルラインに掛け替えました。
191213-01




アンカーは堤防のサクラです。
191213-02




まあ、なんてことない伐倒です。
191213-03




橋渡しになってる部分が多かったので玉切りは楽、午前中に終了でした。
191213-04




3本目の桧は前回枝下ろししただけで捌いてなかったので今日捌きました。おじさんの要望で、柴は短めに刻んでおきました。大した量ではないと思うのですがねえ、おじさんは86歳なので私の感覚でものを言ってはいけません。
191213-05




3時には現場をあとにして土場に搬入し3:30には終了でした。
191213-06




前回のN本くんのですが、これは2本分です。
191213-10




田べりのヒノキ伐採と梅の剪定/ムクノキ搬出



12月7日 土曜日


新たな現場です。地元の長老(ゲートボールの大将)の田んぼです。
ヒノキ6本と梅の剪定です。
参加者はN本くんと私の2名です。
191207-01




そこそこの太さです。
小屋に近いのが2本あります。
191207-02

梅は剪定部位にピンクのテープが巻いてあります。
191207-03




まずは無難な木から伐倒、N本くんです。
クサビ1枚では倒れず、真下に突っ込み切りして重ね打ちしました。
191207-04




そして1本目よりもう少し太いのを、これもクサビ重ね打ち。
191207-30




梅の剪定後です。施主さんが指示した位置で切っただけで、私はサッパリ剪定はわかりませ~ん。
191207-05




ヒノキ2本でこの柴の量、まだ3倍ほどに増えます。施主さんが焼くと言ってました。
191207-06




気持ちのいい堤防です。きちんと草刈りが行き届いてます。施主さんがハンマーナイフモアで刈っています。春先にこんな現場で作業したいです。
191207-07




小屋に近い1本は、すぐ右が隣地なので伐倒時に枝が隣地の杉を傷めそうなので枝下ろしをします。小屋の屋根に枝が落ちるとスレート屋根が割れそうなので、荷揚げ用に携帯しているφ5の細いロープで吊って下ろしました。
191207-10

191207-09
3時間近く上にいました。




何mだったかトップカットしたあと3玉ほど断幹しました。もっと切った方が良かったのですが、夕刻が迫って来たので終了です。
191207-08
あとは伐倒するだけです。




で、本日搬出分はこれだけです(N本くんのです)。
191208-01西本君の桧




12月8日 日曜日

ムクノキ搬出の続きです。
YOくんと私が参加です。

BEFORE
191130-01




AFTER
191208-00本日終了時
これで小川の東側は終了です。残っているのは私が台座に取っておいた玉と腐った木だけです。
小川の西側にはまだ手つかずのムクノキが1本とタブノキが2本残っています。いずれも40cmくらいでしょうか。



本日の搬出分です。正月にでもまとめて割ります。
191208-03本日搬出分(左の玉)_LI