FC2ブログ

クローラー運搬車荷台改造の勘考



少し涼しくなりました。不思議なもので猛暑の頃はさほど思わなかったのに、ここ2~3日の涼しさで頭の中はかなり樵モードに切り替わってしまいました。

薪狩りシーズン始まるまでに買う予定だったいくつかの新兵器を注文してしまいました。そして、意味もなくごそごそと薪狩りやクライミングの道具をいじったりしています。と同時に、今夏に施工予定だった畑の中への水道配管やら電柵入口へのスイッチ設置やらを断念して来年に回す事を決めました。それでもストーブと煙突掃除やら庭木剪定だけは先伸ばしに出来ないので秋にはやるつもりしてます。

という訳で、これだけは何とかしないと薪材搬出作業の効率に関わり且つ大事なクローラー運搬車を傷めてもしまうので荷台を改造をしようと思います。でも、行き当たりばったりがヘタクソなので寸法測定・設計をしてから施工しようと思い、一日中クローラー運搬車をながめてました(笑)。早い話し、実作業を何もせずに一日を過ごしてしまったのでありました。考える事が一番時間を食うとつくづく感じた一日でした。



で本題の、クローラー運搬車の荷台の不具合事項です。

1.まあ載せすぎと言われればそれまでなのですが、運搬可能重量の300kgには達していないはずなのに積載状態がややまずいのでアオリ(今はやっているアオリではありません)の部分が曲がってしまう。

2.アオリ最大伸長時の状態でロックしていても拡がってしまう。

の2点です。


画像で説明すると、

元から付属していた黒いフレームに合板を固定して、より多くの薪を積めるようにしてあります。
190825-04

190825-06

そして、あり合わせの合板が敷いてあります。
190825-05
この敷板を一枚物で使えると強度上で有利なのですが、ハイエースの後部に載せる際には前部のアオリだけは最短位置まで縮めなければなりません。




その状態で一杯まで薪を載せるとフレームが開いてしまいます。そして計画性の無いサイズ設定だったので隙間から細い薪が落下します。
190825-07




開く自体は大した問題では無いのですが、アオリの付け根の溶接に負担が掛かり、現時点で溶接は破断してないですが溶接部の塗装が割れてます。塗装自体の割れはどうって事ないのですが、このまま続けると溶接も破断するというシグナルのはずです。
190825-02




それで急遽ロープで引っ張るようにして更に上に薪を積んでテンションを増大させて開かないようにして使用してました。
190825-01
でもこれをやると、アオリが最大伸長位置より外へずれて拡がってしまうのです。




下を見ると、アオリの位置を固定しているのはノブだけなのです。なのでいくら強く締めてもズルズルと滑って広くなってしまいます。
190825-03




対策として
1.敷板を新調し、アオリの角パイプと着脱可能ピンで敷板とを軽い締結する事によってアオリが動かないようにする。

2.アオリの板を隙間のないサイズで新調、角材(木材または鋼材)で上部を開かないようにする。この角材も着脱可にする。


こんなところで施工しようと思っています。



おまけ
190825-30





スポンサーサイト



タマローリーの穴 埋め戻し




去る7月29日にタマローリー(埋設してあった雨水タンク)を掘り出して撤去した穴を埋めなければなりません。
190729-07




穴の周囲の土を少しずつ削って入れ、全然足りないので隣地との境のU字溝に落ちた土を掃除がてらさらえて入れ、
190817-02




納屋の裏の犬走りの土も削って入れ、
190817-03




なんとか多い目に盛る事が出来ました。これでも雨が降って締まっていくと凹むくらいかもしれません。
190817-04




話しは変わって、この犬走りの部分をいずれコンクリ打設したいと考えております。防草が目的です。それには更に掘り下げないといけないという事になります。重い物は乗らないので5cmもいらない、モルタルで十分かもしれません。
190817-05

問題はこのエアコン室外機の下をどのようにしてコンクリを打つかということです。
190817-01
今年はやらない(気が向けば来年)ので、ゆっくり勘考しようと思います。




椎茸榾場




台風10号で立ててあった椎茸榾木がこけました。モクレンの木が風で揺れたからでしょう。
立て掛けてあっただけなので、そりゃあこけて当然です。
190817-07
ちなみに、こけた6本は2018春に植菌、左の遮光ネットを掛けて蔓にまみれたのが2019の6本です。




一時しのぎで端材の杉赤身の杭を打ちました。1年持てばいいです。
190817-06





停電は台風10号のせいではなかった




備忘録 です。



大型で強い(だったかな?)台風10号が四国の西部に上陸するとの予報があった8月15日の昼間の事であります。

12:52停電しました。
瞬停があってすぐ復旧したかと思ったら次は窓の外に火花のようなものが(たぶん車の窓に反射して)目に映り本格的に停電しました。その時、偶然にも妻が納屋の方に行っていて電線から大きな火花が出たのを目撃しました。妻は慌てて叫びながら家に戻って来て私にその事を伝えました。それで見に行ったら、わが家への引き込み線が明らかに切れていて末端が少し垂れ下がっていました。

すぐに中部電力に電話して事情を伝えたら配電盤の方へ行ってくれと言われ、指示通りに操作してみました。まずメインブレーカーは落ちておらず漏電ブレーカーが落ちていたので、漏電ブレーカーのリセットボタンを押してからそのスイッチを上げて見ましたら、すぐにまた落ちました。個々のサーキットブレーカーはすべてONの状態でした。

14:50中部電力が復旧工事に来てくれました。メインブレーカーを落としてから復旧作業にかかってもらいました。
190815-01

15:50復旧しました。
漏電ブレーカーは正常にON出来たので、ほっと胸をなで下ろしました。
引き込みが断線しているとなぜ漏電ブレーカーが落ちるのかとの問いに中電さんは、切れていたのが白線(N)で他の2本(L1、L2)も損傷していてワイヤを介して正しくないつながり方になったりして200Vが片方に流れたりしたので宅内の機器保護の為に漏電ブレーカーが落ちたとの回答でした。

復旧工事は暫定的に繋いだだけなので、後日恒久的な張り替え工事をしに来てくれるとの事でした。

断線部分です。
190815-03




<考察>

断線の原因は、隣の電柱と引っ張りあいっこしているワイヤーと引き込みの電線が干渉していた為に長い年月(1988年にそれまで2本線だったのを3本線に引き直して50A契約にしてから約30年)の間に電線の被覆が損傷した事によるものと思われます。なので中電さんは電線を傷つけないようにワイヤーにクッション材を巻いて行かれたのだと思います。
190815-02




闇営業



危険木伐採です。
七日盆参り(初盆のお宅へ参る)に行ったら家の前の土手の木を伐採して欲しいと言われました。時期が時期なので来シーズンにという事になりましたが、搬出が不可能な場所なので薪狩りグループの活動としては成り立たないので、標記の扱いとなります。




寒くなってからの作業にはなるのですが、どうしても1本だけ気になる杉の木があって、それは施主さんの御主人(昨年亡くなられた)が中途半端に手を出して傾いたまま放置してあります。写真でもわかるように、やや左(東)に傾いています。どのような切り方がしてあるのかが上からは見れないので、場合によっては隣家の方に倒れるかもしれないという不安がありました。そして、それを確認に行くくらいならついでに伐らせて頂こうかと。
190811-01





ガサワラです。しかも降りていく道はありません、あるのは斜面と木だけです。
190811-02




こんな風になってたのか ...
半分くらいはつながってます。1年くらい経つようです。昨年末に見た時はずいぶん元気が無く枯れ枝が目立ったのですが、今見る限りでは普通に見えます。
190811-03
伐倒方向の数m先にシュロが2本あります(1本は伐倒対象木に隠れています)。このシュロもいずれ伐るとはいえ今回の杉さんにはよけた位置に寝て頂きます。




という訳で、伐らせて頂きました。デイパックに燃料・クサビ・水筒・玄翁・ハチジェット・ジョニーなどを入れて背負い、チェンソーはMS150Tを腰に掛けてMS390を手で持って、空いた方の手で木の根っこを掴みながらのアクセスに10分以上、そして伐るのはあっという間でした。ただ、受け口は急斜面下側で目の位置だったので見にくく水平切りを切りすぎてしまってました(伐倒後に気づいた)。追い口は追いヅル伐りでそのままバーを後方へ切り抜きました。50cmバーがかろうじて届く感じでした。
190811-04




豪快に飛んで行きました。
190811-05




衛星写真、こんな感じです。
黄色い点が今回の杉、他にムクノキのデカイのが3本くらいあります。
190811-06
下は田んぼですが草ボウボウなのと田がシュルいのとで搬出困難です。




家の側から見るとこんな感じです。これらの木がなくなると桜の季節は最高だと思います。
190810-02




マキタ草刈り機(ナイロンコード専用機)MUR181のモーター交換4回目




マキタ充電式草刈り機MUR181のモーターがまた壊れました。今回2ヶ月しか持ちませんでした。その原因はおそらく、ナイロンコードが無くなった為に専用ではない太いナイロンコードを使った事によるモーターへの過負荷だと思います。
190810-05

190810-06



透明な細い方がマキタ純正の当機専用のナイロンコードです。黄色いのは市販の2.3mmだったか2.6mmだったかのナイロンコードです。
190810-07




細いのはなんとなく頼りない感じですが、細い方が草の切れが良い事に気づきました。そのかわりナイロンコード自体も消耗が速いのですが、まあ肉を切らせて骨を断つ的な原理で、よく研がれた刃物は切れが良くても刃こぼれしやすいのと似た事象のような気がします。


という訳で5個目のモーターが始動です。



雨樋穴あき修理




家のおもて通りの雨樋から雨漏りがしています。どうも勾配がうまく取れてなくて水が溜まる部分から錆びてきて穴があいてしまいました。昔の雨樋は鉄のみで出来てるので錆びやすいです。今のは鉄に樹脂がコーティングしてあります。


という訳で、晴れが続いて乾燥してるうちに応急手当します。
190810-03




サンドペーパーでこすってからシリコンを塗っておきました。
190810-04
いずれ交換です。

ハイエース オルタネーターが瀕死



8月5日の夜勤の帰り (厳密には既に8月6日午前1時頃)の事です。
やがて家という所でイキナリ写真のようなウォーニングランプの点灯(8個)とともに

ピー!!!

という警告音が鳴り始めました。眠さでボーっとしていた私は一気に目が覚め、車停めて逃げだそうかと思ったくらい驚きました。
190810-01

まあ爆発はしなさそうだったので、ピー音がうるさいのをガマンして家に帰りました。発電系のような気はしてましたが、トヨペットに電話して見せに行ったら、やはりオルタネーター寿命の疑いが強いとの事でした。それを確かめるには預かってチェックするのに時間がかかるとの事。そしてそこから部品注文となるとまた時間がかかるので二度手間になるので、いちかばちかオルタネーター寿命の可能性に賭け、部品注文してもらって預けるのを1回で済ませられるようにしてもらいました。


そして本日8月10日ハイエースは無事に帰還しました。ピー音もウォーニングも解消されてました。




草刈り三昧のちタマローリー廃棄準備





本日、草刈り三昧です。
まず土場、4週間ぶりですがあまり伸びてはいません。でも盆前なので刈っておきます。盆にアチラから帰って来た爺さんに怒られるとアカンので。

草刈り前の写真だけです。
190803-01
地主さんも刈りに来ておられました。広いので大変だと思います。


あと家の周囲もひととおり刈って半日ほどかかりました。
昼御飯のあとは長めの午睡&読書が夏場の私の標準で、陽が少し西向いてからまた少し作業です。




先週掘り起こした雨水タンクに使っていたタマローリー、廃棄の準備です。そのまま持って行っても市のゴミ処分場は引き取ってくれなません。

何で切るかを思案したのですが、切り屑が少ないジグソーにしました。こんな時にレシプロソーがあると良いのですが、使用頻度を考えると買えません。チェンソーも速く切れそうなのですが、切り屑が多く出るので却下です。ディスクグラインダーだと融けた樹脂が砥石の目詰まり起こすのでイヤです。
190803-02




少々切りにくかったですが、なんとか。
190803-03
このジグソー、私が15歳の時に買ってもらったもので、生涯初の電動工具という事になります。ナショナルです。




コンテナに入れて盆までに市の環境センター(ゴミ処分場)に持ち込みます。
190803-04




少しずつですがシーズンオフの間にやっておくべき作業を潰して行ってます。
でも煙突と薪ストーブの掃除はまだです、暑い時期にはあまりやりたくないです。盆休みになったら早朝のうちに屋根に上がろうかと考えていますが台風8号はどうなんでしょう。