FC2ブログ

田んぼの薪小屋4号の簡易雨樋取り付け



田んぼの薪小屋4号ですが、他の3棟と違って屋根の流れ方向が薪の方向になっているので、落ちた雨水が地面から跳ねて薪にかかります。地面には水の痕がついています。
190714-13

190714-12



yamadagagaさんに教えてもらった簡易雨樋を施工します。
材料はPanasonicの竪樋φ45を使います。長さはホームセンターに2700と1350しか置いて無かったので、これを1本ずつ買って来ました。屋根の幅が12Fなので3.6m強、継ぎ足して重ね代を差し引いて4mほどなので、落水位置を屋根から40cmほどは離せる事になります。
190714-02




こんなものでケガキました。ハイトゲージです。壊れていますがケガキは出来ます。竪樋がφ45なので、まあ23mmくらいに合わせて樋を固定してハイトゲージを滑らせてスクライバーで傷をつけます。
190714-03




樋の切り込みを波板の軒先にかぶせて、波板の重ね部分に穴をあけてインシュロック(結束バンド)で縛りました。2700mmと1350mmの繋ぎは、ただ水下側(2700mmの樋)をかぶせただけです。
190714-04




あとで気づいたのですが、屋根から出っ張った部分は切り込みを入れなかった方が良かったなと。まあいいですけど。
190714-05




このくらい落水位置を遠ざける事が出来ました。
190714-11





屋根の横方向の勾配が成り行きなので、低い方に出っ張らせたつもりではありますが、まん中が少し低い感じだったのが気にはなりました。まあまん中で水が落ちるまでは行かないかと思います。あと繋ぎ部がかぶせてあるだけなので、そこからこぼれるかもしれないですが、今よりははるかにマシだと思います。




という訳で、やっと薪いじりから解放されました。昨年より50日くらい遅れました。



スポンサーサイト