FC2ブログ

チェンソーメンテ 3台ともトホホでした




この記事は6月22日土曜日 の事でありますが、まとめるのに時間がかかってしまい、今週のメイン記事であります。

チェンソーのシーズンオフメンテ、というかメンテらしい事はしなくて、燃料抜いて大掃除するだけです。

まず
STIHL MS201TC-M
既にガス欠で止まった状態なので、燃料抜きの手間は省けました。




右のカバーを外して、その中の小さなカバーの中にも木屑はいっぱい溜まっています。
190622-13




右のカバー、左のカバーを外してパーツクリーナー吹きかけてエアブローする訳ですが、どうももう一段中まで綺麗にしたくなるのでクラッチやフライホイールを外す際に(共回りするので)ピストンを固定する為のロッキングストリップを買いました。本当はインパクトドライバーでカリカリッと回してナットを緩めるのが手っ取り早いし一般的だと思うのですが、そのやり方を内燃機関屋はあまり良くないとしているようなので、STIHLから買ったのがロッキングストリップなんです。ピストンストッパーと言う方が一般的なのかも知れませんが、STIHLの名称ではロッキングストリップのようです。




MS201T用のロッキングストリップ
190622-12
こいつをプラグの穴に差し込んでピストンの動きを止めて(クランクシャフトが回らないようにして)クラッチやフライホイールのネジを緩めます。




で、そのロッキングストリップをプラグの穴に差し込んでクラッチを回したらイヤな音が聞こえ、気のせいであってくれと願いながらロッキングストリップを外したらイヤな予感は的中、先端が折れてシリンダーヘッドの中に入ってしまいました。しばらく呆然としてしまいましたが、プラグの小さな穴から折れた先端が出てくる事はあり得ないので、かすかな望みを抱きながらマフラーを外しました。そしたら排気ポートの中に破片がいたので、ほっと胸をなで下ろしました。
190622-14

190622-20




という訳で、ロッキングストリップでピストンを固定するのは諦めて、普通にインパクトでクラッチを外して掃除をしました。
190622-15




STIHL MS150TC-E

前々からオイルが漏れているのが気にはなっていたのですが春までのシーズン中は本機が無いと非常に困るので放置してあって、春になってよく調べたら、かすかに亀裂がありました。
190622-11
原因はよくわからないのですが本機は昨秋に買ったばかり(2台目)で、同機種(1台目)を昨シーズンまで数年使ってこんな事になった事は無かったので、買った農機屋を通じてSTIHLに出しました。そしたら秋に買ったばかりなので無償で部品交換してくれました。あと、ガス欠給油後の立ち上がりが悪く何度もエンジンが停止するので、それも伝えてあったらキャブレターを無償交換してくれたとの事でした。そしてその修理が上がって来たのが本日で、燃料抜いて掃除しました。先のロッキングストリップ、本機用も買ってあったのですが、MS201TC-Mの事もあってロッキングストリップを使用するのをやめてインパクトで取り外して掃除しました。それまでは無事に終わったのですが、エンジンを掛けようとスターターを引いてもエンジンがかかりません。何も間違った組み付け方はしてないはずですが、農機屋へ持ってって顔馴染みのS田君とあれこれ試して、最後にフライホイールを外して見たら、クランクシャフトとの位置決めのキーが破断しているではありませんか。決して位置がずれたままで組み付けた訳では無い(そもそも位置がずれていたら入らないし、よってナットがはまらない)のにキーが破断していたのです。考えられるのはフライホイールのナットを締めた際に、(回転すれば締まって行く方向なので)しっかりキツく締めなかった為に、スターターを引いた際の慣性力(この場合クランクシャフト側が置いて行かれる力)で弱い方(アルミ製)のフライホイールのキーが破断したのだと思います。同機ではこの事例がほかにもあったとS田君は言っていました。とにかくMS150Tのフライホイールのキーは小さくて脆いのです。
190622-16



190622-17
と言う訳で、現在フライホイール入荷待ちです。今度はたぶん有償です。9,000円くらいだと思います。しかたないでしょう、「高い月謝」というヤツですかね。



そして最後に
STIHL MS390

右側は普通にクラッチまで外して掃除して終了し、
190622-18




左側もカバーを外して掃除して、最後にフライホイールを外そうとナットを緩めるまでは順調に行ってたのですが、フライホイールが外れません。固着してました。昨年はここで断念したのですが、今年はさらに粘ってしまいクランクシャフトの先端の凹部に亀裂が発生してしまいました。普通はクランクシャフトの先端を軽く叩けば慣性力でフライホイールが浮いてくるはずなのですが、なかなか浮いてこないのでついキツく叩いてしまったのですかね。もうここでフライホイールを外す事は本機に関しては未来永劫に渡って諦めるしかなくなってしまい、なんとかナットは無事に元通りに締める事は出来ました。あとは先端に亀裂が入ったクランクシャフトが持ってくれる事を祈るしかありません。このクランクシャフト先端の凹は、製造段階で研磨する際に両端支持する為の物でかつギヤプーラーの軸のずれ止めでもあるかと思うのですが、ギヤプーラーは通常の物ではフライホイールの裏に潜り込ませるスペースはありません。かなり薄い先端のフックが小さい物でないと入らないと思います。フライホイールにネジ穴が2つあいているものもあり、それだとネジで引っ張れば外れるのですが、本機ような場合はギヤプーラーを自作するしか無い気がします。
190622-19


と言う訳で、3台ともトホホな事になってしまいました。
もうフライホイールを外してまでの掃除はしない方が長持ちするという結論です。






スポンサーサイト



クローラー運搬車のミッションオイル交換



先週クローラー運搬車のエンジンオイルは交換しましたが、トランスミッションオイルの交換も必要(初回50時間)である事に気づいて、それに必要なギヤオイルを持ち合わせてなかったのでホームセンターで買って来ました。
190629-06




エンジンオイルの時と同様に木製のオイル交換台(車用に作った物)に乗り上げて、
190629-01



カバーを外し、
190629-02




先週本機のエンジンオイル交換に使った鉋屑入りビニール袋に追加で排出します。
190629-03




トランスミッションオイルを排出しました。あまり汚れてません。
190629-04




さて新しいギヤオイルの補充です。給油口はネジではなくゴムのフタが差し込んであるだけですし、エンジンオイル給油口のような油量ゲージもありません。エンジンオイルよりは結構テキトーな感じですね。
190629-05




給油しようとしたら、オイルジョッキのノズル先端が給油口より太くて給油出来ません。
190629-07




ノズル先端にV字スリットを切って給油口に無理矢理ねじ込んで給油しました。
190629-08



次回は500時間後という事になってますが、何時間使ったかなんてわからないので10年は交換不要ということになりそうです。




枯死したミカンの木を伐採




寂しいことですが、とうとうミカンの木が枯れました。この木はもともと根元から3本ほど枝が出ていてもっと広がりのある木でしたが、枝が1本枯れ、2本目が枯れて、とうとう最後の枝が枯れました。春には新芽が出たのですが、もう最後の力を振り絞ってのことだったのでしょう、花は咲きませんでした。まだ昨年は実が生っていました。
190629-09

かつては4本もミカンの木があったのですが、全部枯れてしまいました。最後のこの木で45年ほどではないかと思います。無農薬かつ無肥料で、ほぼ完全に自然な状態だったので香りが強く程よく酸味もあって、親戚に配るほど収穫があって喜ばれたものでした。



感謝を込めてさばき、最後に家を暖めてもらおうと思います。
亡き祖母は、生り物の木(果樹)は焚いたらアカン、家が落ちぶれるのやげなとよく言ったものでしたが、根拠もわからないので私は焚かせて頂きます。
190629-10




秋には新たなミカン苗を植えたいと思います。




先日、実が生らないからと言って妻の決断で伐ったユスラウメの切り株からひこばえが出てました。本当に健気です。もし大きくなって実が生るなら生かしてやりたいと思います。
190629-50




クローラー運搬車のオイル交換



1シーズン活躍してくれた築水キャニコム Pinklady Poppy BP43であります。感謝を込めて掃除とオイル交換です。
190622-01




まずは荷台の下の木屑というか木そのものが載ってます、圧縮空気で吹き飛ばします。
190622-02




車のオイル交換する時に使用する木製の台に、車の時と同様に乗り上げました。少々不安定ですが大丈夫です。
190622-03




ドレンプラグを外すとオイルは樋から下へ排出されるようになっています。真下にドレンがあった方が車体は汚れませんが、このように横向きにドレンがあった方が作業は楽です。樋はあとでウエスで拭くしかありません。
190622-04




ニャンコのオシッコほどしかアリマセン、さほど汚れてもいなく透明でしたが、毎春にはエンジンオイルの交換はやろうと思います。
190622-05
0.5Lほどを給油して終了でありました。



うっかりしてました、トランスミッションオイルの交換もしなければならないのでありました。車の場合は車検でやってもらってるので、気づきませんでした。初回は50時間で、と書いてありました。2回目からは500時間とのことなので数年おきでも良いかと思います。トランスミッションオイルはギアオイルAPI分類のGL4またはGL5、SAE分類の#80と書いてありますが、何のことやらチンプンカンプンです。まあAmazonで検索して買う事にします。



納屋いじり




6月20日木曜日  有給にて納屋いじりです。




チェンソー棚の板張り



まずは、昨秋に取り付けたチェンソー棚ですが、上の段に板が張ってありません。板を張らぬまま薪狩りシーズンに突入してしまって時間が無くなってしまったからです。
190620-02

190620-01
こんな感じです。チェンソーの出し入れが非常にしづらいんです。機械の凸部が根太に引っ掛かるんです。根太も傷んでしまいます。


完了です。こんなもんに半日かかってしまいました。
190620-03

板を張る事自体は大して面倒でもないのですが、奥が斜め(30゜)になっているのと柱の部分を切り欠かなければならないので、その形状作りが面倒なんです。


190620-04




マキタバッテリー充電器の壁への取り付け

マキタの2口バッテリー充電器が作業台のまん中に鎮座していて非常に邪魔なので、この入口の袖部分に取り付けたいんであります。この枠の板の中は配電とエア配管が絡み合って共存しています。
190620-05





という訳で、非常にめんどくさかったですが、なんとか付きました。非常に無骨な見映えです。
190620-92
充電済みバッテリーのラックも併設しました。



なぜ置くだけではいけなかったのかですが、まず、バッテリーを抜き差しする際にけっこう固いので充電器本体が動くと両手が必要になります。片手でやる為には充電器を固定せねばならんのであります。で、板で周囲を固めれば良いのですが、取り外しも出来ないと困るので、枠を作ってスライド式でセット出来る様にしました。その際に注意せねばならない事が3点ありました。
 1.後部に冷却ファンの排気口が2つあるのでふさいではなりません。
 2.前面にUSB出力があるのでふさいではなりません。
 3.充電状態を表すランプの説明があるので見えるようにしておきたいのです。
190620-07
前面のストッパー(角材)からは、充電器が取り付けてある板が前方へ倒れる(フタがあく)ようになっているので、その状態でなら充電器を前へスライドして取り外す事が出来ます。
190620-91








クライミングギヤ容器の棚

クライミングギヤが入っています。2箱あります。シーズン中は車に積みっぱなしだったのですが、オフになると意外と邪魔です。そしてけっこう重いんです。増築部は結構狭いので置く場所もありません。
190620-08




昨秋に付けた棚は青箱棚と奥行きが同じなので緑コンテナは載らない事はないんですが15cmくらいはみ出てしまうので、危なくて近づけません。ましてや2箱を段積みしたいので。
180901-04




と言う訳で、15cmほどの板を継ぎ足して緑コンテナが2つなんとか載りました。重量的にやや不安があるので、補強桟部分を上から吊るかもしれません。
190620-09
左へも延長したいので補強桟を半幅はみ出させておきました。




庭木の手入れ





なんとか雨は上がってくれたので、さっさと庭木の手入れをやってしまいます。
190616-72




久しぶりの地下足袋です。私は長靴派なので滅多に地下足袋は履きません。5年前に買ったファスナー地下足袋、少し破れてますがまだ履けます。
190616-71




松の新芽が結構目立って気になってました。
190616-75




長く伸びた新芽を、本当は選んで摘むのだそうですが、私はもう一切伸ばしたくないので新芽は全部摘んでしまいます。
190616-76




松の緑摘み、1時間ほどで完了です。
190616-77
トウカエデの切り株から切り出した板、役に立ってます。根元なので目が入り組んでいて割れません。




サツキも剪定して、庭木の手入れは2時間ほどで完了です。また秋までは中の草を取るくらいです。
190616-78




秘密の切り替えスイッチを隠す




本日(6月15日土曜日)は終日雨、時折回復するかのように見えて、またすぐ降って来ます。こんな日は屋内で出来る仕事を片付けます。


と言う訳で、昨年10月に施工した秘密の切り替えスイッチの、その秘密がばれないように隠す為の箱を作ってかぶせます。左のスイッチ群です。
181007-08




ハイエースの造作をした時の端材が車庫に放置してあったので、片付けを兼ねて使用します。といっても小さな箱を作るだけなので、大して片付きはしません。
190615-01
コード付きの丸鋸がわずらわしく感じるようになって来ました。いつかはマキタ18Vバッテリー丸鋸が欲しいと思っています。




テキトーにボンドつけてペンペンと釘打って、
190615-02




10年以上前のオスモで塗装して、までは良かったのですが、オスモは乾くのが遅い。
190615-03




で翌日(6月16日)、まだ塗装がねとつくのを無理矢理組み立てて、スイッチにかぶせて取り付けて完了です。
190615-04
これで切り替えスイッチの秘密は守られます。

まだ数日前、中電から委託された方(OBですかね)が点検に来られて少々焦りましたが、テキトーに言い訳して外だけの点検で帰って行かれました。









来冬用の薪の取り込み完了



夜勤の昼間を使って来冬に焚く為の乾燥済み薪を取り込み完了しました。




前回、’14シーズンの薪の取り込みを途中で雨に降られて、この状態で放ってありました。
190602-15




残りを全部取り込みました。まだこないだ作った薪棚のような気がするのですが、もう5年経ちました。イヤになるくらい月日の流れが速いです。
190614-02




これで約8立米の薪が雨の当たらない小屋に準備出来た事になるのですが、わが家にとって8立米というのはちょうど1シーズン分くらいあるので、これはちょっとまずいんであります。田んぼの薪小屋にスギ薪が大量にあり、それを少しでも消費して土場積みのスペースを空けたいので、そうすると今度はこちらの小屋の薪が残ってしまい、また次のシーズンの薪を取り込むスペースが少なくなって来シーズンの生薪を本積み出来なくなる、そして家にもまた新たな薪棚が必要になる、と何やら訳がわからない文章になってしまいましたが、もうあちこちで無理が生じて来ています。
190614-03
来シーズンはちょっと本気で、木を伐りはしても持ち帰る量を制限する、勇気を出してこれを実行せねばならない気がして来ました。




狭くて少し減るまで身動きが取れない、薪を取りに行ったらバックで出て来なければならない状態です。
190614-01





土場での作業納め



とうとうめでたく土場での作業を納める事が出来ました。やっとです。昨年より1ヶ月以上遅れました。




午前中から雨が降る予報だったので、気合いを入れて7:45には出勤です。
土場に放置してあったコンテナ縦詰め4杯のヤブツバキと同じく縦詰め8杯のケヤキをハイエースに積みました。
190609-07





あとはサッパリ片付いた土場を感慨深くながめて、記録の写真を撮りました。

全景です。
190609-09




田んぼの薪小屋1号南面です。’18ヒノキ、’19スギなど軽量級です。
190609-03




1号北面です。スダジイなど中量級広葉樹です。
190609-04




2号南面、網パレの左はN本くんの薪です。定寸が35cmなので、短い薪があるとココに来ます。
190609-01




2号北面です。’18薪、おもにコナラです。
190609-02




3号南面、4つも区画があるので訳わからなくなりますが、Excelに記録してあります。半分近く軽量級です。
190609-06



同じく3号北面です。1/4近く軽量級です。
190609-05




今年積んだ薪ですが既に上が空いて来ていて、もう1本くらい詰め込めそうです。空けておくと小動物が入るのがイヤなので気になります。
190609-10




上が空くと同時に前にせり出して来ます。放置すると倒壊のおそれがあるので置きハンマー(土場駐在員)してあり、ジョギングのついでに立ち寄って叩きます。
190609-08




持ち帰ったコンテナ縦詰め12杯(ヤブツバキ、ケヤキ)を、先日空にした薪棚に積み、
190609-11




その上にきのう伐採したユスラウメを積み、ちょうど昼頃に雨が降り出して外仕事は終了でありました。
190609-12



ユスラウメとシキビ伐採




畑の中に植えてあったユスラウメとシキビを伐採しました。



まずユスラウメ、植えたのは10年以上前、実が生ったのは1~2回で、ここ数年は花も咲かないし頭でっかちになって作物に影するので妻から伐採命令が出ました。なんでこの時期や?と言いはしましたが、冬のシーズン中に言われるよりマシです。



作物がある(大したものは無い)ので伐倒は出来ないので、上から少しずつ切っては落とす特殊伐採です。それもグランドワーカーのいない一人特伐です。
190608-31




15cmくらいのもんでしょうか。
190608-32




細枝はフィスカースの鋏で細かく切って沈めました。
190608-33




ユスラウメの樹皮はサクラやウメに似た感じです。
190608-35




ついでにシキビも伐ってくれと。

シキビ、正式にはシキミ(樒)ですかね。仏花です。かなり毒性が強い植物ですが、作物との根栽は問題ないそうです。




まるで放置林ですね、左はブルーベリーなので、このシキビのおかげで影になるし通りにくいし、蜂が巣を掛けるし、です。大きくしてしまったシキビは仏花にするに形が悪いんです。そして、今は仏花は買って来てるので、それにビシャコ(ヒサカキ)もあるので、伐りました。太いのが2本(植えたヤツ)と、種で勝手に増えた幼木が何本かありました。
190608-34
捌くのが面倒なので、葉っぱが落ちるまで放置しようと思います。










田んぼの薪小屋4号の屋根掛け




ポリカ波板、先週の記事で申し上げましたように6尺のノンJIS品が安いので6枚買って来ました。



必要な長さは4尺なので、一番上の1枚を寸法までずらせて定規代わりにしてマジックで線を引きます。
190608-11




普通にゼットソーで挽けました。
190608-12

190608-13




波板下地と上部横架材との緊結に使うブラケット、納屋増築した時の引き寄せ金物を寸詰め・穴あけして、
190608-14



取り付けました。横架材にM8をネジ立てして更に下からナットで締めて緩み止めしました。
190608-15



横ツラに胴縁打って水糸を張って波板の位置合わせにしました。
190608-16




完成です。下地がたわんでたので、その分がまん中の凹みになりました。
190608-18

190608-17
波板の出が多すぎる気はします。トタンならポリカよりは剛性があるのですが、ポリカはけっこう柔らかいです。





マキタ草刈り機MUR181のモーター交換3回目




備忘録です


マキタ充電式草刈り機MUR181DZ
ナイロンコード専用の構造で、1本出し、専用ナイロンコード使用推奨(だと思います)。

2016年春に買って丸3年です。軽くて使いやすいので非常に重宝しています。ただ、判を押したように1年でモーターが壊れます。回転が上がらなくなり、しまいには回らなくなります。今回で3回目の交換、つまり新品から4個目のモーターです。そして2年に1回ギアコンプリートという部品 (主軸とギアとスプールのベースの一体品) がダメになります。



この草刈り機本体のみが実売価格12000円ほどで、モーターが税別1700円、ギアコンプリートが税別1100円と、毎年交換して行っても許せるくらいの出費で15分もあればモーター交換できるし、重宝してるので仕方ないという判断になります。




190608-05




190608-06




190608-04
どれが品番なのでしょうね。



ハイエース26万kmのオイルとエレメント交換




備忘録です




26万kmです。オイルは5000kmでエレメントは10000kmで交換してます。
190608-01




1年前からブロックに乗り上げを改めて木製の台に乗り上げての作業です。
180701-05




容器に自動鉋の屑を入れました。なるべく取り代少なめの屑が良いです。屑が厚いと袋を傷めてオイルが漏れると困ります。
190608-02
オイル排出の際にはビニール袋を出来るだけ立ち上げる方が良いです。




今回初めてカップ型のレンチを使いました。ラチェットの柄が短すぎて、というか車の下に潜っての作業姿勢に無理があるので力が入りにくいので、左の方の安っぽいラチェットに水道管をかませて緩めました。新しいエレメントを取り付ける際は締めすぎに注意です。加減がイマイチわかりません。
190608-03
ソケットのサイズは
 カバーを外すのに12mm
 ドレンを外すのに14mm
 レンチに喰いついたエレメントを押し出す際のボルトがM8なので13mm
でした。


次回のオイルとエレメント交換の為の記事でありました。




薪積みも終盤



6月1日土曜日 土場作業


前回に積み終わらなかった割り済みの杉薪積みの続きです。


BEFORE
190602-03

AFTER
190602-04
ずいぶん低い所で収まりました。




コロ薪や玉のまま保管するスギなども上に載せました。コロとは呼べないほどの切れ端は網の袋に詰めて載せました。
190602-06

裏から見ても全く同じ感じです。
190602-07
たぶん、しょっちゅう転がり落ちるので、また拾って載せるだけです。




無造作に盛ってあったケヤキの枝薪も家に持ち帰るべくコンテナに縦詰め、8杯弱となりました。
190602-09
こんな細いのばかりどないするんや!
と言ってはみても、捨てられないのが私の性分です。焚かせて頂きやす。




チェンソーの挽き屑、薪割り屑はコンテナにギュウギュウに詰めて8杯、地主さんの許可を得て柴の山のそばに捨てました。
190602-05




さて、問題は屋根掛けです。
2x4材12Fを3本、波板の下地として仮にネジ止めで取り付けてみました。屋根勾配を付けるための細工ですが、高い方は横架材(アングル)に載せて、まん中は半分アングル幅を欠き込んで落とし、軒先側はアングルの下に取り付けました。苦肉の策でやったのですが、どう見てもネジ止めだけでは強度が足りないので恒久的にはM8ボルトを2x4材に貫通させるくらいはやらないと持たない気がします。
190602-10




あと、屋根材の波板ですが、家に設置してあった時に使ってあったカラートタンは既に2度使用した物なので通算9年は過ぎていて軒側の裏が錆びていますし、2度分の釘穴が空いてます。下地の2x4材が強烈に反っているので釘打ち時の下地の視認性の事もあり、この際ポリカ波板を新調しようかと思います。問題は、欲しいサイズは4尺なのですが、たしか4尺より6尺の方が安いのですよね。ポリカでもガルバでも6尺だけは特別な価格設定になってます。6尺を買って2尺切れば、また何かの時に使えるかもしれないというセコイ考えで行くのか、切る手間を価格差で買って4尺にするか迷う所です。
190602-08




まあともかく、土場はさっぱりしました。あとひといきで解放されます。
とは言っても、草刈りと崩落チェックはやっていかねばなりませんが。
190602-11




6月2日日曜日 来シーズン用の乾燥薪の取り込み



’16クリ・ヤマザクラ・タブノキ
’15コナラ・クヌギ・カシ を裏の小屋へ取り込み。
BEFORE
190602-02

AFTER
190602-13




’14コナラ・クヌギ を裏の小屋へ取り込み。
BEFORE
190602-01

AFTER
190602-15
15:30頃、雨が降って来たので途中ですが早めの終了となりました。




裏の小屋はというと、
190602-14
見えているのは3列目です。




図で書くとこんな面積比率です。
190602-16




’19薪を空いた薪棚に本積みしたら今シーズンの薪の作業は終了となりますが、そのあとまだ薪ストーブの掃除が待っています。
松のみどり摘みも早くしないといけません。

来週末は既に雨マークがついてしまっています。もう梅雨入りでしょうか、空梅雨であって欲しいです。