FC2ブログ

今シーズンの薪狩り納め



3月31日(日曜日)

3回目の杉伐採会です。
私の仲間の参加はなし、前回参加のM津谷さんと私の2名です。
M津谷さんは薪にではなく杭の材料を確保する為の参加です。




朝の状態です。左から10本が道路(向こう側)の方に傾いていて、しかも手前をすべて伐採してしまったので風当たりが強くなって風倒の危険性大なので今シーズン中の伐採が必要だと判断しました。すべて起こし木、牽引が必要です。
190331-01




行ったり来たりが面倒なので滑車を使って手前でローププラーを漕げるようにしました。
190331-02




M津谷さん伐倒中です。傾斜している上に伐倒反対側(左側)にしか枝が無いのでクサビなどでは起こせません。
190331-03




本日の伐倒・玉切り終了時です。伐採必要な2本を残してしまいました。牽引のアンカーにしていたので後回しになりました。
190331-07

190331-05




M津谷さん、ひたすら皮むきしました。
190331-06




私はハイエース1車分だけ搬出して土場に盛りました。
190331-08




4月1日(月曜日:有給)

ボッチです。今シーズンの伐採の納めです。

途中で近くにお住まいの薪ストーバーであるN井さんが軽トラ1車だけ取りに来られました。N井さんは通常は製材屋の廃材を焚いておられるそうです。
190401-02
N井さんはわが山里の自治会長U田さんの紹介です。




最後の2本を伐倒です。
190401-01




本日は土場まで2往復、1回目の搬出ではセカンドシート部分(=本来はクローラー運搬車Poppyくんの指定席)にも玉を積みました。
190401-03




もちろん荷室は山盛りの4列です。
190401-04




2回目で完全搬出終了です。
190401-05




土場、本日搬入2回分の山です。
190401-06




薪棚の材料(下に敷く)に15cmほどの部分を3mで半割りにしました、3組あります。
薪小屋に収まらなかった時にトタン掛けの棚を作ろうと思っています。
190401-08




右は昨日の搬入分です。
190401-07




残った分、太さは15~30cmと細いですが30本以上はあり、来シーズンの伐採予定です。
190401-09




あっという間の5ヶ月でした。いつもそうですが、追い立てられるように(誰もせかしてはいないです)伐りまくって、土場に盛りまくりました。まだまだ薪いじりは続きます。



スポンサーサイト