FC2ブログ

大白樫 主幹の残り~枝の搬出

3月16日(土曜日)

K嶋くんとN本くんが参加です。


先週伐倒した大白樫、前回搬出出来ずに残った物を搬出します。最初に伐ったスギも積んであります。
190317-01




これは伐根から取った1玉です。
むこうには伐根が見えています。
190317-03




先週(割れなさそうで)手をつけなかったと思われる玉も数個あります。
190317-02
どれもデカくて、4つ割りにしても大変な重さです。




クサビとマジック斧で割れたらラッキーな方で、かなりの量を縦挽きして建材のような薪を作りました。
190317-04




なんとか駐車場側はさっぱりと片付きました。
190317-06




早いうちから雨に降られました。そうなると急斜面はクローラーが上がりません。
川沿いの (何年も人が通ってないような)道から別の場所へ搬出すべく小径木や草を刈り、なんとか開通しました。 
190317-05




太い矢印が在りし日の大白樫様、点線矢印が川沿いの搬出路です。
190317-20




K嶋君のN-BOX、3列まで積み、
190317-08




N本くんの軽トラも、一杯になりました。
190317-07




私も土場にひと山盛りました。
190317-09




3月17日(日曜日)

昨日に引き続き大白樫の搬出です。
ボッチです。
本日も延々と枝捌きです。




BEFORE
枝のままのものや既に切ってあるもの、さまざまですが、はっきり言える事それは地面を踏めないということです。
190317-10




AFTER
昼まで捌きまくって、なんとか進捗を感じられる程度にはなりました。
190317-11




Poppyくんで2車半ほど運び、3列目まで積み上げました。
雨足が強くなって来たので午前中で終了です。
190317-12




そして午後は土場へ運び、盛りました。
190317-13




雨が降ったりやんだりで現場に行く気が起きず、少し割り/積みを進めました。
赤い点線内のヤマザクラとムクノキを割って黄色点線内に積みました。案外簡単に半分が埋まってしまい、だんだん薪小屋増設が確実になってきました。はたして薪小屋3号東プラスの増設だけで足りるのかどうかも怪しいです。
190317-14








モクレンのツボミから花びらが伸びてきました。
190317-15

春が来ると焦ります。

欲深く大白樫の薪を独り占めしたいなどとは思いませんが、とにかくあの現場を早く終了させたい、まだ残っている現場へ行かねばならない、そう思うだけであります。

私の薪狩りグループでの作業は実質的に終了(全員ほぼ腹一杯もしくは忙しくて来れない)し、メンバー以外に声かけするのも惜しいなどとは思いませんが、我々のスタイルである 「指サイズまで定寸薪にする」 に従って頂くにはトップハンドル機持ちでないと難しいですし、太い所だけ持ってかれるとこちらの細薪が増えすぎてバランスが狂うので、なかなか声かけできません。

ひたすら切って搬出します。

スポンサーサイト