FC2ブログ

小納屋の青箱棚作製と雨漏り対策





小納屋の床、まだ土間コンがやってないので土ですが、いろんな物を入れた青いコンテナがブロックを敷いて置いてあり、邪魔でしかたありません。やっと今日青いコンテナを収納する棚を作ります。




きのう夜勤に出る前にホームセンターで買って来た構造用合板です。
針葉樹合板は安いのですが抜け節がいっぱいあるので少々高いですがラワン合板を買いました。
車庫で刻みです。今日は暑くて汗がボタボタ落ちてます。体は汗と大鋸屑で泥んこ遊びしたみたいです。
180825-01




棚板9枚を切り出しましたが、1mm程度のバラツキがあります。家具ならもっと精度の出るやり方をしないといけませんが、納屋の収納なのでテキトーです。ベルトサンダーでごまかします。ソコソコ揃いました。
180825-02




側板には棚板を大入れする溝を加工します。面倒でも組み立て時に楽で正確です。
180825-03




という訳で、北面の壁の胴縁のバックアップ材(45角)にネジ止めして完了です。あとはテプラで中身を明示するだけです。
180825-04
土間コンを打つ際に邪魔にならないように下があけてあります。もう今年は土間コンは諦めようと思っています。土の上に置けない物はブロックでも敷くかコンクリ平板でも敷くかします。




この納屋に入れるべき物をひととおり置いてみました。青い箱が端っこに行ったのでクローラーが余裕で置けるようになりました。
180825-09




先日の台風20号はこのあたりでは南東の風が強く吹いてちょうど向きが合ってしまい、水切りと波板との隙間から雨水がいくらか入りました。
180825-05

180825-06




で、買ってあって使わなかった波板の隙間ふさぎのスポンジみたいなのを詰めます。
180825-07




詰める事は出来たのですが、水切り板がむくれ上がって逆勾配っぽくなってしまいました。まあ大した問題では無いでしょうけど。
180825-08
もしダメなら、コイツをはずして発泡ウレタンスプレーでも買って来て吹き込もうかと思っています。





スポンサーサイト



連日納屋いじり

8月16日 小納屋のエア配管改善

昨年秋にやっと小納屋(納屋の増築した部分)が形になって、伐採シーズンが押し迫っている中で慌ててエア配管したのが全く使いづらく、また、新品で買ったSK-11の黄色いエアホースが欠陥品で圧が掛かるとミミズ腫れになるので、ほぼエア配管やり直しです。




ベンチグラインダー(ソーチェーン研磨機)の上に新しいエアホース(廉価品の大阪魂)を配管しエルボで下向きにしてエアカプラーを増設しました。
180819-04

180819-05




一番エアをよく使う場所、それは入口でした。10ヶ月ほど使ってみて入口にエアが無いのは非常に使い勝手が悪いと感じました。このエアホースリールは元はベンチグラインダーの上にあった物ですが、こんな長いのは要りませんでしたし邪魔だったので入口の上に移動させました。
180819-03




コンプレッサーからのホースも大阪魂のホースに配管し直して、入口の袖の部分で3口にしてあります。
180819-02




欠陥品のSK-11の黄色いホースは一部を残して廃却です。
180819-01





8月17日 チェンソーいじりと小納屋の棚の設計

小納屋に抽斗(ひきだし)風の棚を作るべく方案を勘考してました。なかなか方案が煮詰まらず、また図面までは書きましたが材料も無く終了でした。休みの日にわざわざ材料買い出しに行くのも勿体ないので会社が始まってからにします。





8月18日 電柵器・雨水タンクの一角を撤去

この一角を撤去します。
電柵器と水中ポンプ用の100V電源が引いてあって途中が野たれなので不安になったのと、水中ポンプももう13年たつので不安なので雨水タンクをやめて畑に水道を引こうと思っているからです。手漕ぎポンプは使いづらくてすぐにやめました。雰囲気作りには良いかもしれませんが。
180819-13

180819-12

180819-11




フタをあけるとクモの巣と虫の糞がいっぱいです。雨は入らなくても虫は入れました。
180819-14




柵への配線は土中埋設してありました。
180819-15




水中タンクは100V仕様のテラダポンプを使ってました。まだ使えるので車庫の肥やしに取っておきます。
180819-18




葦簀も14年使ってボロボロなので撤去です。
180819-17




デッキ板、この2枚が少々傷んでいます。音が軽いです。先端10cmくらいだけですが。雨樋の竪樋から雨水タンクに行く経路を接着せずに嵌めてあっただけだったので漏れていたのだと思います。
180819-16




電柵器本体は一時的にデッキのベンチの上に移動しました。また気が向けばキチンとした事をしたいとは思っています。気が向くのはたぶん2~3年後です。
180819-21




デッキから電柵線の再配線です。納屋リビングの床下を通してデッキの脇は地上でその先は土中埋設です。デッキ板はクレオトップ(臭くない方)で木口付近を塗装しておきました。タマローリー(埋設タンク)の開口部は網とガムテープでふさいで蚊の発生防止です。いずれはタマローリーを撤去したいと思っていますが、大ごとです。埋めるのも大ごとでしたが。
180819-19




柵の柱の所で塩ビ管を立ち上げてプラス線に接続しました。
180819-20
しばらくは入口でのスイッチングは無しです。普通の家庭用のスイッチでは隙間が狭いのでOFFしていてもスパークしますからナイフスイッチを探すか作ります。




8月19日 小納屋の扉の蝶番取り付けををボルト化

盆休み最終日、安楽峠へのジョギングのち納屋いじりです。




この扉、実はまだ仮止めなんです。
180819-31




よく見るとかなりテキトーな仕事がしてあります。仮止めのつもりで内装用の細いネジで取り付けて10ヶ月経ってしまいました。
180819-32




黒ステンのボルトが買ってはあったんですが放置してました。
180819-34




一気に全部外しての作業は避けたいので、扉は付けたままで1箇所ずつやっていきます。
M6のネジを立てるのでφ5で下穴をあけるのですが、垂直を保持する為の簡単な治具を作りました。
180819-33

180819-22
蝶番の部分だけ5mmくらいの深さを逃がしてあります。




ボルト化完了です。
180819-35




室内側です。
180819-36















小納屋の外壁の目板打ち直し




きのう8月11日から盆休みでありました。初日は安楽峠へのジョギングのち草刈りで終わってしまいました。



で本日8月12日

お盆を迎えるには多少の片付けや掃除をしたいのでDIYらしいことは大したことは出来ませんでしたが ...




猛暑続きによる乾燥・収縮で昨年建てた小納屋の外壁の目板の脇に隙間が出来てしまいました。中から見ると光が差し込むので気づきました。
180812-01
私の施工がまずい事には違いありませんが、よく見ると節が2個もあります(赤丸)。その節が左に近いので右に目板が出っ張る形で反ってしまっています。




この春に植菌したシイタケ榾木も、毎日水をかけてはいますがこの猛暑続きの天候の前ではまるで焼け石に水、翌朝にはからからに乾いて薪に出来そうなくらいです。そんな訳で乾燥防止(気休め)に遮光ネット巻きました。これなら水は通し、二重巻きにしてあるので多少は乾燥しにくいでしょう。 
180812-03




で目板の修繕です。うまく取り外せれば少しずらせて打ち直せば済んだのですが、スクリュー釘だったので締結力が強くなかなか抜けて来ず釘の頭が板を貫通してしまったので、新しい板に打ち替えました。しばらくは目立ちますが仕方ありません。上段と下段とでも施工時期がずれた分灰色の度合いが違っていて、なかなかそろって来ません。
180812-02




デッキに放置した、溜まりに溜まった端材・廃材が邪魔なので、焚き付けに割りました。
180812-04




この焚き付け割り、シンプルですがなかなか使いやすいです。
キンドリングクラッカーのようなガードは付けてないので長さを詰める事も出来ます。
180812-05




台座が分厚いヒノキの板なので、脇で手斧を使う事も出来ます。
180812-06




コンテナ2杯ほどの焚き付けが出来ました。焚き付けはコンテナ食いで、けっこう邪魔になるのでサッサと使ってしまいたいです。






ハイエース ストップランプつきっぱなし ~



備忘録 でーす


ハイエースのストップランプ(またの名を制動灯、ブレーキランプ)が、8/2につきっぱなしになりました。夜勤の20:30の休憩に車へ行って気づきました。一瞬私はバッテリーが上がるのではないかと動揺してしまいましたが、冷静になって、まずSTOPと書かれたヒューズを抜きました。これでバッテリー上がりの危険性は消えたと。ところが夜勤が終わってさあ帰るぞ、その時オートマのシフトレバーが P から動かせません。それもそのはず、ブレーキを踏まないとシフトレバーは動かせないんでした。その確認をストップランプから電流を拾っていたのですね。ひとつ賢くなりました。ってのんきに言っている場合では無く、家に帰る為にはまたヒューズを差すしか無く、そして帰ったらまたヒューズを抜く、走る時はヒューズを差して降りる時にはヒューズを抜く、この繰り返しを本日8/7までやりました。







180807-03


発生翌日の8/3に早速ディーラーに電話したら、

それはたぶんスイッチが壊れたのでしょう

と言われたので、スイッチを注文しました。そしてそのスイッチが入荷したのが本日8/7でありました。そしたらスイッチ以外に黒い小さなボタンみたいなのが来てました。担当者に聞いたら、

スイッチの端子が当たる部分につけるんです

との事。

えっ、そんなん今ついてないでぇ

と叫ぶ私でした。だんだん原因がわかってきました。この黒いボタン様の部品が脱落して隙間が出来てスイッチがONになってしまっていたのではないか、という事です。




これがディーラーで取り寄せてもらったストップランプスイッチとストップランプスイッチクッションです。
180807-01
この部品が合計税込み1500円、そして取り替え調整工賃が4500円との事でありました。
取り替え調整は丁重にお断りして帰り、古いのを取り外して新しいのを取り付け、そして、付いてなかった ストップランプクッション なる黒いボタン様の部品も取り付けました。

非常に難易度の低い部品交換でありました。そしてふと運転席の床を見たら、その黒いボタン様の部品であったと思われる破片が落ちていました。つまり、何らかの外力かまたは老朽でこの部品が破損して脱落し、スイッチの先端に隙間が出来たのが今回のストップランプつきっぱなしの原因だったのではないか、という気がして来ました。ということはストップランプスイッチ自体は壊れてなかったのではないか、とも思いましたが、まあ合わせても1500円程度の物だったのでヨシとするしかないでしょう。




外した方の古いストップランプスイッチです。22年前の物です。基本的な形は変わってないですがまん中の端子が新しい物は太くなったのですね。
180807-2








ウリ坊ちゃんにあった



備忘録





自治会の出合い仕事の時に猪の子供 ウリ坊 がいました。猪は夜行性と聞いているのですが ...
お母ちゃんはおらず子供だけが4匹でいました。100mくらい離れてたのでデジカメの光学5倍+電子ズームなのでボケてます。
180805-90

場所は薪の土場の近く、時刻は9時前のことでした。
鹿や猿にはしょっちゅう会いますが猪に会うことはまずありません。





小納屋への雨樋取り付け





7月31日 月曜日 この日は会社自体が休日でした。




これはきのう台風12号の影響ですごい雨が降ったので、止んだ隙に撮りました。小納屋の際は水たまりがけっこうひどいです。このすぐ前には西の薪小屋があって、一番北の区画の薪にハネが飛んでいます。
180730-01




少し土を置く必要もありそうですが、ここに屋根の水が落ちないようにする事が先です。
180730-03




隣の区画は昨日西の薪小屋に取り付けた雨樋のおかげで薪はさほど濡れてません。
180730-02




と言う訳で、小納屋にも雨樋を取り付けます。部材は1年前に買ってありましたが、なかなか付ける暇が無く延び延びになってました。
西の薪小屋に取り付けた普通の半丸の雨樋と違って、取り付けがやや難易度高いです。




軒樋の吊り具を取り付けました。スパンは900mmです。
180730-06




ピンぼけしてますが。
180730-07




北面の破風板の一角がが軒樋に干渉するので、
180730-04
手鋸でテキトーにカットしました。
180730-05




軒樋(4m物)を軒の長さに合わせて線を引き、マイクログラインダーに切断砥石を付けてラフカットします。
180730-08




ラフカットの後、軒樋切断面をヤスリで仕上げて完了です。
180730-09
ホントは取り付け説明書には、金切り鋏で切る事になっていて、その際に縁の折り込んだ部分が曲がってしまうので別の板金用具(つかみ菊しぼり)などで修正すると書いてあるのですが、そんな板金専門の道具も無いし加工技術も無いので縁が曲がらないようにマイクログラインダーでそ~っと切るという訳です。




次はドレン穴の加工です。専用のテンプレートを当てて鉛筆で写します。
180730-10

180730-11




これもまたマイクログラインダーでラフカットします。
180730-12

180730-13




半丸ヤスリで仕上げて完了です。
180730-14





8月4日 土曜日

朝から暑いです。夜勤明けで頭の芯がヘンな感じです。ガマン大会です。




軒樋を吊りました。
180804-03




軒の形状が斜めなので軒樋を鼻隠しに平行に取り付けても既に勾配が付いています。この建物の場合は軒樋に5゜くらいの勾配がつくので結構傾いてます。ということはドレンより水下側には水たまりが出来るということなので、軒樋の端材で斜めにかさ上げして水たまりを防いであります。接着剤がコテコテですが。
180804-02

180804-01




この雨樋は塩ビ系ではないので接着剤もシリコン系の私の嫌いなヤツなんです。アホみたいに高いですし固まるのが遅いです。塩ビの方がサッサと進められて良いですね。
180804-10




竪樋取り付け完了です。
180804-05




竪樋は横着にも西の薪小屋の軒樋に合流です。
もともとは地面までおろして排水管を土中埋設するつもりでしたが、都合良く先日、西の薪小屋に雨樋を付けたばかりなので利用しました。散水ノズルで雨を降らせてみましたが、よほど土砂降りしない限りはオーバーフローしません。まあ、オーバーフローしたとしても雨樋無しのことを考えればマシでしょう。
180804-04





ハナレ物置の屋根がひどい事になっていた




先日ハナレに3つほどある庇の屋根を塗装していて初めて気づいた、物置の屋根がひどい事になっています。


あ~不覚ぅ !!


塗装するくらい何でもない事だったのに、気づかなかったばっかりに~。
だいたい位置が高すぎて、普段毎日通っていても視界に入るのはかなり離れた位置にいるときなので野地板の傷みに気づきませんでした。
私は木には登っても空は飛ばないので上から見る事もありませんでした。
180804-12




穴あいてます。
180804-14




水切りも。
180804-13




野地板が傷んで、
180804-11




暴れまくってます。
180804-15




12尺三脚脚立がギリギリ届く高さです。
180804-16




ひどい板金屋ですね、ベコベコです。一応シリコンで隙間や釘頭を覆ってあるので、錆の上から塗装するだけよりはマシという事で。ガルバ鋼板2枚で3000円ほどですから。いずれこの建物の屋根葺き替えを3年以内くらいに予定しているので、その時にでも本職にやってもらいます。下地くらいは自分でも出来ますが、板金は無理です。波板葺きかカラーベストなら出来ますが、ほかの庇と揃えたいので平板で葺いてもらおうと思います。
180804-17