FC2ブログ

畑の電柵の扉を作り替え



先週の西の扉に引き続き今週は電柵の扉の作製であります。




電柵は畑の獣害防止の為に10年前の2008年7月に張りました。その際に畑への出入り口に取り付けたのがこの電柵の扉です。
180721-01




10年の月日は扉をこんな感じにしてしまいました。
古びた色合い自体は好きなのですが ...
180721-02




2年前に扉が何物かのアタックを受けて壊れて、端材で応急処置しました。
180721-03




留め具も朽ち果ててます。
180721-04




で、新たに作りました。旧型は右吊りで外側(写真手前側)に開くようにしてありましたが、新型は畑側(写真向こう側)に開くように変更して右吊りなので吊り元自体は左の柱となりました。
180721-05




この写真は畑の中からのものですが、今まで入口の脇に無造作に作物の残渣が積んであったので崩れて通路を邪魔していたので端材で柵を作りました。
180721-07




扉を開けた状態でばたつかないように作物残渣の柵に固定する留め具も付けました。
180721-06




一つずつ やることを減らして行ってはいますが、まだまだやることが無くなるまでは先が遠いです。

そう言っているうちに来シーズンの薪狩りが始まってしまいます。





以上。









スポンサーサイト



小納屋のエア増設 SK-11のエアホース駄目です




小納屋(=納屋増築した部分)の入口でエアを使いたい事がよくあるのでエアカプラを増設しました。
カプラ・チーズ・ニップルなどにシールテープを巻いて捻って組んで、まあ暫定的な状態なので見苦しいですが入口でエアを使えるようにはなりました。その時に気づいて唖然とした事がありました。
180721-09



それは買って1年経たないエアホースがひどい事になっていたのです。写真ではわかりづらいですがホースの表皮が剥離してミミズ腫れ状態になっていたのです。エア漏れはないので表皮だけのトラブルだと思います。1箇所だけでは無くこのホースの至る所で発生しています。

銘柄は

藤原産業 SK11 エアホースセーフティソフトSAZ-620 内径6.5mm

です。過去に同社のホースを買ったのを使ってますが数年異常なしですが、この黄色いホースだけです。
180721-08
同時期に使用し始めた廉価版のモノタロウブランドのホースも同系列配管で使っていますが異常はありません。