FC2ブログ

田んぼの土場で薪かたづけ


4月13日(有給)~4月14日

田んぼの土場で薪作業


4月13日朝の状態です。
割り待ちの玉や積み待ちの薪が散乱しています。
180414-01

積み待ちのコナラ
180414-03

積み待ちの中量級雑木
180414-04

割り待ちのヒノキ
180414-02
まだまだ気が遠くなる感じです。






ヒノキ薪割り完了です。
やり出したらけっこう早いもんです。
かなり太割りですが。
180414-05

180414-30




そして積みです。
田んぼの薪小屋3号の北面の半分はヒノキが満杯と、コナラ級がかなり上まで行ってしまいました。
180414-07




3号薪小屋南面、先週はここまででした。
180407-10

             ↓

クリとヤマザクラの上にほかの中量級雑木(カキノキ、スダジイ、モミジ、エゴノキなど)を積んで左側が満杯になりました。
180414-06




積みきれなかった中量級雑木はコナラ級の上にのせました。
180414-09

             ↓

180414-10





もう積む場所が無くなりました。




しかたありません。1号薪小屋南面の薪を引き上げます。2016シーズンのタブノキです。もともと譲渡用に積んであったのですが、ゲートボールさんもそんなには焚かない様子、知っているストーバーさんもソコソコ持っているし、何よりすぐこの場所をあけたい。譲渡用はまだ後続部隊もかなりあるしで、古いのから私が焚くことにします。早くも来シーズン用の薪の取り込みとなります。
180414-08




条件の悪い、下の方の太薪を割って含水率を測定してみます。
180414-11

180414-12
OKです。




薪にはカメムシやら虫の糞や死骸、小動物の糞がいっぱいついています。ホウキで掃きながらハイエースに積みました。
180414-13




1号薪小屋南面が空になりました。北面(向こう側)はシャリーさんの薪です。
ハイエースの荷室はパンパンになりました。ここまでいっぱいに積んだのは久しぶりです。
180414-14




あいた所へ割ったばかりのヒノキ薪を積みました。
180414-16




ヒノキはすべて無くなりました。
ああスッキリです。
180414-15

180414-50
残るは既に割ってあるスギを積むのと難物ポプラを割るのです。
またの今度の作業です。
あとアカマツの軽トラ1車分は陶芸家さんに譲渡、引き取り待ちです。





でハイエースにいっぱい詰めて家へ持ち帰り、裏の小屋へ来シーズン用として取り込みました。
180414-19
この小屋にはやがて来シーズン用に乾燥薪を詰め込むので、この位置はシーズン初めに右側を取り出すことが出来、シーズン終わりには左の下の方が見えてくるので、軽い薪を初めと終わりに使うという計画性の元にやっています、一応。



裏の小屋の壁の一部であるブロック塀の上に何物かの糞がしてありました。
テンやハクビシンがおこし下さっている事はわかっています。
180414-18







スポンサーサイト