FC2ブログ

田んぼの土場で薪割り放題





伐採は先週末で終了となりましたが、貯まりに貯まった玉を割って積まなくてはなりません。




家の薪棚に収まりきらないコナラ相当以上の重量級薪や、
180407-01




ポプラ、ヒノキ、ヤマザクラ、スダジイ、アカマツなど一応譲渡用としてある木があちこちに盛ってあります。
昨シーズンに建てた田んぼの薪小屋3号の左側はまだ空っぽでブロックもまだ敷いてありません。
皮をむいたヒノキとスギが4本置いてあります、これは家の薪棚に使う予定です。
180407-03

180407-02




このポプラ、正確には「改良ポプラ」ですが、難物です。なかなか割れません。
柔らかい木は斧の刃が裂く力をスポンジのように側面で吸収してしまって、それ以上開いていきません。それからするとカシは硬いだけに一定以上の力が加わると吸収せずに素直に割れてくれます。
180407-04
コイツだけは少しでも衝撃力が下に逃げないように土では無くコンクリの上で割りたいので、U字溝のフタを持っていって台座にしています。
180407-07




陶芸家さんに譲渡することになっているアカマツを割ってみました。
どだい割れません。これも柔らかい木です。50cmと長いことも原因のひとつです。
その陶芸家さん、腰を痛めておられるとの事なので私が積んであげるのはいいですが、自宅でおろすのに辛いだろうと思い、出来れば割ってさしあげたいんであります。私が腰を痛めそうです。
180407-09




買って来た15cmブロックを8丁x3列に並べました。
180407-08




伐木した所に放置してあったクリを割って一輪車で搬出して積みます。
180407-06




薪小屋3号左面にクリとヤマザクラを積んで、ほぼ半々に収まりました。
180407-10




薪小屋3号の裏面にも積み始めました。
180407-11




気分転換に土場への上がり口の整備です。
もともと田んぼなので畦が盛り上がっていて何かと不都合なのでヒラクチで削ります。
気分転換だけなので長くはしません、ちょっとだけしたらまた薪割りです。
180407-05




少しは減った気がします。雨が降って来て2:30に撤収でした。
180407-14
薪小屋に全部は収まらない気がしてきました。
いや、どう見ても絶対に収まりません。
薪小屋3号を横方向に延長、ですかね。
あ~あ、また仕事ができた。




ゲートボールのお年寄りもそんなには使わないし、中量級・軽量級薪が増えるばかりで減る気がしません。
来シーズンからはシーズンの入口と出口はこれらの軽い薪を焚こうかと思っています。
という訳で、今日は寒いので朝から焚いているので、2016シーズンの薪棚からタブノキをコンテナ2杯持ち帰ります。
180407-13

180407-12







スポンサーサイト