FC2ブログ

薪狩り 今シーズンのメインイベント

180223-70



もう何年前からこの木を意識していたことでしょう、薪ストーブを始めた18年ほど前の1999年12月には既にここを通ってジョギングしていたので、「立派な木やなあ、でもこれ伐ったら下の木が全部つぶれるなあ、どうやってこかしたらエエやろ」 などと思ったりしたものでした。昨年春に地主さんからこの一帯の伐採を依頼された時、 「えっコレくれるの?」 と弾む心を抑えるのに苦労しました。そしてとうとうその日がやって来ました。毎シーズン、メインの木が1本はあります。今シーズンはこの木です。お天道様ありがとうございます。




2月21日~夜勤の昼間
この木のすぐ下にあって樹冠部で絡んでおり、ロープクライミングの支障かつ伐倒時にどっちみち傷めてしまうであろうヒノキを先に伐倒させて頂きました。
[広告] VPS

180221-10
この大木が倒したヒノキの上に着地して下されば玉切りがやりやすいのではと目論んでいます。
もちろんそのあとで、このヒノキもありがたく頂きます。無駄になどする訳ありません。




2月24日~伐採当日
本日の参加はシャリーさん・N本くん・K嶋くん・私の4人と、私のFacebook友達のヤッサンが急遽応援に駆けつけてくれました。Facebook上では何度も絡んでますが初対面であります。何しろデカイチェンソーを持っていて豪快な男という印象を持っていたのですが果たして実物はどんな男なのか、非常に楽しみなんでありました。




ヤッサンとSTIHL MS661 with 1m超えのガイドバーです。
180224-06




おおよその樹高を知りたいのでハイエース(約2m)を置いて撮影しました。
シャリーさんが6mのハシゴをかけてくれました。実際には6mは無いだろうとのことですが。
この画像からPC上で樹高を算出したら20mは超えているということになりました。
180224-01

側面(道側)から見ると牽引逆側に傾斜しているので伐倒は起こし木となります。
180224-97




ハシゴで途中まで登ったあとスパーで登りながら途中の枝を落として行きました。
180224-02




そして最終地点に到達、まずは着地側の枝を切り落とします。折れるのを嫌うからです。
[広告] VPS





見晴らし最高です。
180224-03
ここであらかじめ組んだプルラインセットを引き上げて、枝に取り付けました。




切った長い枝が隣のスギの枝にのっかってしまたのでロープで降りながら枝を落とそうとしましたがダメだったので、別のロープを引きあげて枝に掛けて地上からひきずり落としてもらいました。
180224-04




プルラインは4倍力システムです。木につけた滑車にメインの50m(新調したリギングロープ)を掛けて、それに更に滑車をつけて別の30mロープを掛けてチルホールで牽きます。
180224-05





受け口は私が切りました。オープンフェイスにしました。
そしてそのあとヤッサンがモンスターマシン+1m超えのバー(たしか42インチ)で追い口を切ってくれました。
180224-07




はたして結果は ...
案の定、途中から右の方へシフトし受け口方向からははるかに外れた谷側へ着地しました。
わかっていたとはいえ、それを見込んで左(道の方)に向けた受け口を切るのはリスクがあり出来ませんでした。山の中なら迷わずにそうしていたでしょうが。
[広告] VPS

4倍力にした効果はかなりあったようで漕ぎ手のN本くんは 「かなり軽かった」 とのことでした。
まあ当たり前のことではありますが。




ともかく寝て頂きました。
180224-08




伐根径は75cmでした。
180224-09




このあたりで、樹種について違和感を感じ始めました。
だれもがこの木をクヌギだと思って疑いませんでした。しかし、クヌギらしくない木口。
放射組織が見られないんであります。そして切った感じが妙に柔らかい。




樹皮はクヌギにしか見えませんでした。
180224-13




断面もなにやらクヌギとは様子が違う。
180224-12




冬芽は異様に尖っている。クヌギも尖っているけど、もっと尖っている。
180224-11




地主さんが見えたので尋ねてみたら、ポプラでは無いかとのことでした。昔に道沿いにずっとポプラを植えたことがあり、そのうち何本かは道路拡幅で伐られたけど1本だけ残っていたのかも知れないとのことでした。ポプラと言ってもわが家にあるポプラのような竹箒のような品種のポプラではない別の品種のポプラがあるのだと。




このあとヤッサンが主幹部分をすべて玉切りしてくれ、そのうち何玉かを割ってくれました。
私の仲間4人は枝をさばき、シャリーさんがクローラーで搬出してくれて山分けしましたが、これだけ次回に持ち越しとなりました。
180225-70




それにしてもヤッサンは予想していたとおり豪快かつパワフルなタフガイでした。かなり助かりました。







スポンサーサイト

薪狩り 2日連続



2月16日 未搬出の伐木を玉切りほか




未搬出のヒノキ・スギやイヌツゲなどの小径木が未搬出のまま横たわっていたり柴に埋もれていたりします。
細い木と言えどもちゃんと命を授かってこの世に出て来た物、可能な限り使わせて頂くのが大自然に対する礼儀です。
180217-01




ひょろ長いコナラの高い所に折れた枝がぶら下がっていて落ちて来たら危険なのでスパーで登って切り離してきます。あと、いずれ伐倒するので他の木に触れそうな長い枝も切ってきます。
180217-05

↓枝の上からです。
180217-07

↓枝下ろし後です。
180217-06




近々伐らせて頂く大クヌギ(元で80cmくらい)の牽引ロープを使って簡単な測量をしました。
要はロープ(50m)の長さが足りるかどうかです。
新調したリギングロープを道に沿って伸ばしていきます。
180217-02
牽引の反対側に大きく傾斜しています。




牽引側から見た対象木です。谷側に傾斜しています。
180217-04




アンカーよりはたぶん10mほどは余分がありそうです。
牽引はスナッチを2個使って4倍力にしたいので、もう1本ロープは必要です。それは既存のを使います。
牽引具はチルホールT-7なので750kg引きです。
180217-03




2月17日 コナラとヤマザクラほか




本日はシャリーさんと私の2名です。
だんだん切るべき木も残り少なくなり寂しくはありますが残された時間も少ないので焦りの方が勝ってます。
頑張ります。




道にかぶさった木が多いこのあたりをさっぱりさせます。
180217-12




まずは腕ほどの小径木 イヌツゲやネズミモチやモミジなどを伐った後はヤマザクラとコナラをローププラーで牽引伐倒です。
その前にコナラの長く伸びた枝が電線近くまで行っていたので先にハシゴを掛けて切りました。
180217-13




いつもは牽引ロープをハシゴとマストで掛けていたのですが、今回はスローラインで行いました。本当はスローバッグ(スローウェイト)をつけて投げるのですが、まだ届かないのでその辺に転がっていた手頃な木っ端をつけて使いました。私は投げるのはヘタクソなのでシャリーさんが投げました。結構な確率で良いところに届いたので、木っ端を外してプルラインをつないで引き上げて手繰り寄せ、ランニングボーラインノットで締め上げました。
180217-11




ヤマザクラ伐倒完了です。
180217-20




180217-30



コナラ伐倒完了です。
180217-14




シャリーさんがクローラーで搬出、分けて下ろしてくれました。
180217-15

180217-16




私が昨日玉切りしたヒノキやスギも引き上げてもらい、一旦路肩に積んでもらいました。後日シャリーさんが引き取り予定です。
180217-17







薪狩り 雨にて午前中終了





本日は午後から雨の予報、かつ参加者はシャリーさんと私だけという事もあり、ヒノキの現場となりました。
シャリーさんは自営でお茶の栽培のほかにタマリュウという植物の苗を栽培していて、その作業をする工場で薪ストーブを焚くのでヒノキやスギなど(速く乾く軽量級の薪)が欲しいと言っていたので、今まで私が単独でやっていた現場を手伝ってもらいました。
180210-30




この現場で3本目のヒノキであります。
これを田に落とさないように伐倒するには樹冠部が隣木に干渉するので登って飛ばしてくることにしました。
180210-01




今回もこれであります。
登り始めたらK嶋君からLINEが入って、 「いつもの現場に来ているけど今日はやらないんですか?」 と予想外の言葉。
いつもFACEBOOK上の非公開グループでやりとりをしていて、参加者はシャリーさんだけかと思っていたらK嶋君は参加意思表示を忘れてたという訳でありました。すぐ近くなので急遽K嶋君を呼び寄せて、3人での作業となりました。
K嶋君、STIHL MS150Tを買ったとのことで、それにもビックリでした。小型トップハンドル機所有率100%になりました。
180210-02




樹冠部がないので倒れるスピードがスゴイです。
180210-03




倒してみたらソコソコの太さで、まあまあの量、なんともいいかげんな表現です。
シャリーさんの軽トラとK嶋君の何でしたっけHONDAマンですからN-BOXでしたかね、リアシート倒して一杯になりました。
私は今回は持ち帰らずでありました。
180210-04


2人が積み終わる頃にはもう雨がポツポツ当たっていて、午前中で終了となりました。


まあ気合いの入らない写真と記事でゴメンなさい。
作業中ってついつい撮影忘れて夢中になってしまいます。







薪狩り ちょっとは大きめのコナラ




本日の薪狩りはシャリーさん、N本くん、私の3人でありました。



本日はこれを伐らせて頂きます。
写真ではひょろ長く見えていますが、そこそこ立派なコナラです。
180203-01
伐倒方向に重心があるので牽引なしで簡単に伐倒出来ます。



伐倒が速すぎて動画撮影が間に合いませんでした。
せめて着地後の枝の揺れだけでも(笑)
[広告] VPS





180203-02




元玉3個はマジック斧で半分に割っての搬出でした。
今回は雪解け水が現場の中を流れていたのでくるぶしまで水の中を歩いてやっとシャリーさんの赤い戦車に載せられました。
180203-03




枝を捌いた分は個人の取り分です。
シャリーさん↓
180203-05
N本くん↓
180203-06
私の枝捌き分です↓
180203-07




これは山分けする分です。基本、腿くらいの太さからです。
180203-04




私の山分け分です。
180203-08




路上割りです。
180203-09




このあと田んぼの土場に移動して薪小屋2号北面と、網パレの中に積みました。網パレはコロを入れる為のものでしたが、この際薪を積みます。
180203-10
また昨年と同様に早いうちに崩壊するような気がしています。