FC2ブログ

山の現場は積雪にて急遽予定変更




本日ホームゲレンデは全面滑走可となっております。
180127-03




それゆえ今週に急遽舞い込んできた伐採依頼を遂行する為に山をおりて海の近くまで行って参りました。
シャリーさんが赤い戦車を軽トラに積んで参加してくれました。あと、この伐採依頼を受けたK嶋君が参加です。




伐採依頼主はK嶋君の会社の同僚のM田さんで、M田邸脇の大きなクスノキを伐ってほしいとの事。
ストリートビューで遠くからもてっぺんが見えています。
180127-10




左はM田邸があり、その屋根の近くまでこの木が枝を伸ばしています。そして向こう側にもかなり枝を張っていて、重心は確実に向こう側です。シルバーさんが 「この木だけは無理」 と言って残していったそうで、困ったM田さんが私の薪仲間のK嶋君に伐採依頼したんでありました。
180127-04

180127-07




まずはクライミングで枝下ろしです。切り始めると強烈な樟脳の匂いがたちこめ始めました。
ロープを数回掛け替えて、3時間以上掛けてあちこちの枝をおろしました。
いきなり落とせない枝もあり、ロープで共吊り(同じ木にロープを掛けてゆっくりおろす)でおろしました。
180127-02




樹上から遙か向こうに我が里山方面を望むも、見えず。
こういうときは雨か雪が降っている時です。
樹上にいる間も何度か雪が結構な勢いで降ってました。
180127-05




牽引準備完了です。
牽引の側面からの画像です。
180127-06




伐倒方向からの画像です。
massan伐ってます。
180127-01

[広告] VPS





無事、寝て頂きました。
180127-09




90cm超えでありました。
私の記録を塗り替えさせて頂きました。
180127-08



クスノキは非常に割れにくいとの事で、K嶋君は割らずに済みそうなサイズを切り出してシャリーさんの赤い戦車で搬出していました。
シャリーさんは家が積雪で薪をおろす場所まで車が行けないので持ち帰らず、私は長時間の樹上での作業で精魂尽き果てて持ち帰らず、でありました。

でも久しぶりのロープクライミングは楽しく、いろいろ改善すべき点も見つかり得るものは大きかったです。


防護具は、

ファナーのヘルメットが樹上でけっこう木にぶつかって邪魔な時がありました。メッシュスクリーンも必要ですが開いている時に枝に干渉しました。

mont-bellのバリスティックウルトラロガーパンツは厚みがあって、ツナギの上に履くと樹上で枝をまたいだりする時に動きにくさを感じました。

STIHLのチェンソー手袋「ダイナミック」は樹上ではカラビナ脱着等の細かい作業が出来ないので使用せず、でありました。シャリーさんもSTIHLのチェンソー手袋を使っていましたが、ゴワゴワして使いにくいと申しておりました。




スポンサーサイト



薪狩り 2日連続




今週は金曜日、土曜日と連日薪狩りでありました。

1月19日 有給にてぼっち薪狩り




田んぼの薪小屋のある現場です。
左がクリ、右が株立ちクヌギ5本のうちの残り3本と、
180120-01




そしてヤマザクラです。
180120-02




まずは一番手前にあるクリから起こし木・牽引伐倒です。
180120-03




まあ普通にこけて下さいました。
180120-04




そして株立ちのうちの細いクヌギ、これも、いくら細くても起こし木なら牽引伐倒です。
180120-05




そしてヤマザクラは手前に傾斜してくれてたので普通に伐倒しました。




メインの少しは太めのクヌギ、やはり起こし木・牽引伐倒です。
180120-06




無事手前に寝て下さいました。
180120-07




芯抜けしています。
芯切りすればよかったのですが、ツル強度が優先です。
牽引側にいるので裂けようがバーバーチェアになろうが手前に寝て頂きます。
180120-08
田んぼのへりから2m以上が谷に出っ張っています。




なので、ローププラーで曳きます。
最近これが異常に多いです。
180120-09
ロープが田のヘリのコンクリで傷まないようにヤマザクラの玉をローラーがわりにかませてあります。
180120-10

180120-11




無事に引き上げました。
180120-30




メインでもこの程度の太さです。
180120-12




一番最後の細いのは谷に傾斜、谷へ伐倒して手持ち搬出しました。
180120-13




株立ち5本 (一番左は少し上で株立ちになっていたのでありました) すべて頂きました。
180120-14




田んぼの薪小屋2号に玉のまま積みました。
180120-15




クリとヤマザクラは未解体・未搬出です。




1月20日 今シーズンのメイン現場で薪狩り




本日は仲間との薪狩りですが、参加者はN本くんと私の2人だけであります。




前回に伐って、M森くんの事故で中断、放置してあったコナラを解体しました。
180113-08




途中の写真無く、解体完了、山分けして路上で割ってから田んぼの土場へ移動です。




前回のM森くんの分をおろして、
180120-20




私の本日分をおろして、
180120-16




昨日の玉を、
180120-17




割って、
180120-18




積みました。
180120-19
本日の分はしばらく放置です。




ここにきて急激に薪が貯まっては来ましたが、1月もやがて終わりです。
少々焦っています。少々ではないかな。
難物/大物が一体控えておられます、方案・道具を勘考中です。















薪狩り 事故発生




快晴ですが、強烈に寒いです。
本日はM森くんとN本くん参加の3人です。
180113-01




先週伐った道沿いの株立ちコナラのもう1本の方を伐らせて頂きます。
道に覆い被さっています。
180113-02




これも結構高いので、かなり離れた所にあるヒノキをアンカーにしてチルホールで牽引伐倒します。
180113-03

[広告] VPS





無事に良い位置へ着地してくれました。
180113-05




高伐りにしてあります。
牽引のアンカーにする為です。
180113-07




43cmほどでした。一部に洞(うろ)が出来てました。
180113-04




ここまで玉切りしたところでM森くんが 「すんませーん」 と叫ぶのでなんやろと思って振り向いたら、左手の指をチェンソーで負傷したM森くんがたたずんでいました。11時頃の出来事でありました。
180113-08
小指と薬指の付け根付近をかなり深く切っており、救急車の出動を要請しN本くんが同乗、追って私も病院に向かいました。診察の結果は、腱や動脈を負傷している可能性があり精密検査の出来る別の病院へ行ってくれとのこと、これが午後2時くらいだったかと思います。そして25kmくらい離れた病院へ3人が向かいました。そして結果は、腱は無事で動脈は主な側(手のひら側)のものでは無かったので焼いて処置、ただ骨にまで及んでいてしばらく抗生物質の投与が必要なので入院ということになりました。そしてM森くんを病院に残しN本くんと私は帰って現場に戻ったのが既に真っ暗の18時過ぎ、道まで出してあった玉だけ軽トラに積んで山を後にしました。




N本くんと帰りの車中で相談し、チェンソー作業用の防護手袋を購入する事を決めました。そして帰ってから注文しました。
180113-20




薪狩り初め~薪狩り4回行きました

1月2日 ヒノキ搬出

本日は12月15日に伐倒した太いヒノキ、捌いて搬出します。
171216-17
 ↓ 田んぼに落ちてった樹幹部分、たぶん5~6mはあります、引き上げます。
171216-18




まずは、幹がゴロゴロところがっていて作業がやりにくいので玉切って、昼前に第1陣を搬出~田んぼの土場へ搬入です。
180102-01




午後は田んぼに落ちてった樹幹部分をチルホールで引きます。
上にある木の高い位置に滑車をつけて倍力にします。つまりチルホールのワイヤーの先端のフックもチルホール自体のアンカーも田んぼに落ちた樹幹部分に掛けます。
180102-03




チルで2~3玉分引き上げたところで別の木からローププラーで少し先端に近い部分を保持させて玉切りし、また少し下をチルで引いてはローププラーで保持して玉切り、これを4回繰り返して樹幹部分はなんとか道まで上がりました。
180102-02




ほぼ搬出しましたが、
180102-04




あと少し落としてしまった枝が残っています。
180102-05



1月2日はここまでです。
前に伐った木だったので正月早々殺生はしていません(言い訳)。
そういえば過去の1月2日に作業した記録では既に伐った木を捌いただけでした。
三が日は刃物を使わないという習わしには背いてしまいました、山の神さんごめんなさい。
とにかく少しの余暇も依頼された仕事を進めたい気持ちが強く、心に余裕がありません。

夕方に午後作業分をコンテナ5杯と数玉を搬出しましたが、ハイエースに積んだまま1月4日まで放置です。




1月4日 地主さん依頼のシイタケ原木用クヌギ伐採

田んぼの薪小屋へ向かういつもの道は雪が積もっていました。
180104-01




1月2日夕方からハイエースに積んだままになっていたヒノキを田んぼの土場におろしました。
これでほぼ1本分です。まだ少し現場に枝が残ってますが。
180104-02




そして、地主さんから依頼のあったシイタケ原木を20本確保します。
株立ちのクヌギです。
180104-03




1本目伐倒、樹皮はコナラにしか見えないのですが、
180104-04

180104-05




葉っぱはれっきとしたクヌギです。
180104-06




木口もクヌギです。
180104-07




そして株立ちからもう1本伐りました。
180104-08
あとは起こし木になるのでまた今度です。




そして田んぼのまん中に生えたクヌギの若木で2本伐って、
180104-09

180104-10




依頼分の20本採りました。
これより太い部分と枝は薪になりました。
180104-11




1月5日 スパークライミングでトップカット~樹上玉切り

またまたヒノキの現場でありました。
180105-01




そのまま伐倒すると田んぼに落ちて行きます。
スパークライミングでトップカット+3玉分(1.2m)x5本の計6カット(全長11m強)して来ました。
180105-03




もうてっぺんが見えています。あとで計算したら目の位置で14mくらいでした。
180105-02

180105-04




トップカット、けっこうテキトーにしか切れませんでした。
180105-05




落ちてった樹幹部分です。
180105-06




元伐りします。
180105-07




法面に落ちましたが、このくらいなら全然救出可能です。
あらかじめ枝や落とした幹など敷いておいたので道のコンクリは大丈夫でした。
180105-08




太さは1本目よりやや細めでした。
180105-09

180105-10




ローププラーで引っ張って、
180105-11




無事救出できました。
180105-12




玉切って、枝も太さ2~3cmのまで薪にして田んぼの土場に運んで終了でありました。
180105-13




1月6日 仲間との薪狩り初め

道沿いの株立ちコナラの片方を伐らせて頂きます。
枝が道をまたぐほど伸びていて電線に触れそうでした。
180106-01




滑車で向き変えてチルホールで牽引伐倒です。
180106-02

[広告] VPS





枝が川に飛び出してしまいました。
引き上げるのに苦労しました。
180106-03




まあ細めです。
ツルをやたら厚く残してしまってあります。もっと慎重にやらねばです。
180106-04




3人で山分けします。
180106-05




その場で割って持ち帰りました。
180106-06




長い休みも本日で終わってしまいました。薪狩り三昧で充実した休みではありました。
さあ明日から会社の仕事を頑張ります。