FC2ブログ

薪狩り 道に傾斜した枯損木2本の伐倒




11月25日の作業分です。




私自身としては4回目の薪狩りですが、仲間との薪狩りはシーズン初であります。
N本くんとS苗さんが参加です。
171125-70




午前中は、私は前回に切って盛って放置してあったのを一輪クローラーで引き上げて、堅木は自宅へ、
171125-10




そしてヒノキほか軽量級は、N本くんの軽トラを借りて田んぼの薪小屋へ運びました。
171125-01
あと、ヤマザクラやイヌツゲ、ネズミモチなど小径木を数本伐らせて頂きました。




そして午後、
一番気になっていたコナラの枯損木2本の伐採をさせて頂きました。
これは何故気になっていたかと申しますと、道路の方に傾斜しているというのが最大の要因でありました。2013年に枯れて以来、私もジョギングで下を通るたびに気になっていたのでありました。当然、地主さんも気になっていたのではなかろうかと思います。
これ以外にも大きな枯損木は何本もありましたが、林の中なのでさほど気にはなってはなかったかもしれませんが、この2本だけは別でした。
171125-02
傾斜方向に倒すと当然道に落ちるので、その時に車が通ったら大変な事になります。電線にもかかりますし、植樹してあるミツマタも傷める事でしょう。




と言う訳で、ローププラーと滑車を使って谷の方へ起こし木伐採です。
171125-03
ローププラーで牽いて行ったのですがなんとも固く、途中でチルホールを追加してなんとか谷の方へ倒しました。
仲間がいると何かと助かります。今やチルホールは私よりN本くんの方が使い慣れている感じです。




という訳で1本目、
[広告] VPS


171125-04

171125-05




そして2本目、
[広告] VPS


171125-07

171125-06




4年経っているというのに赤身は全然腐朽が無く、カチカチなのでN本くんは割って腐朽の進んでボソボソになった白太を取り除いて赤身だけの上等な薪を作っていました。
171125-09




だいぶ見晴らしは良くなってきました。
でもまだ大物はほとんど残っているので、これからが楽しみです。
171125-08




いつもよりやや貯まるのが遅い感じです。
171125-11









スポンサーサイト

納屋増築~作業台完成




11月26日の作業分です。




物置台を兼ねた作業台が完成しました。
171125-12




下には一輪クローラーがすっぽり入っています。
171125-13



土間コンを早く打ちたいものです。








午後から薪狩り




11/17(金曜日)

午前中は納屋増築の作業してましたが、明日は雨とのことだったので午後から山へ行ってきました。



大枯損木2本と、右の大枯損木にもたれかかった中枯損木、これはすでに根からは離れています。
これを外そうとしてロープを掛けて引っ張ったのですが、重みで地面にめりこんでいてズレてくれなかったので途中に切れ目を入れて腰を折るようにして着地させました。
171111-15

171119-02




大枯損木のすぐ脇に生えたヒノキ2本、上で絡んでいて伐っても倒れずロープで牽きました。
171119-03




ひょろ長いコナラですが既に葉がない、樹皮を見たらオレンジ色のキノコ類が。腐朽が始まっている証拠です。
171119-05
伐倒しても、背が高いのと混んでいるのとで掛かり木になりましたが、ゆさぶって落としました。
171119-04
木口を見るとまだ今夏に枯れたらしく、薪にはできそうです。
先端は折れたくらいなのでだいぶ腐朽が進んでいました。
171119-06




他にもイヌツゲ、ネズミモチ、スギほか10cm以下の木ばかり10本以上伐って、そこそこ盛りましたが搬出はせずです。
171119-07




だんだんさっぱりしては来ました。
171119-08




牽引伐倒のアンカーにする木から大枯損木2本を見ると、まだソコソコ大きなヒノキが邪魔しています。
171119-09
また今度です。




枯れているように見える巨大コナラを、来るたびにシゲシゲと見ています。
171119-01
メジャーを巻いてみました。80cm弱と言ったところですか。
171119-10





納屋増築~建屋は一区切りつきました

11/17(金)

有給取って納屋増築の作業しました。




北面上段の目板をやっと打ちました。
納屋増築も一区切りの所までやっとたどり着きました。
171117-02

171117-03
少し気分が楽になったなあと、しみじみ眺めてしまいました。
はやくシルバーグレーにならないかなあと思っています。




芝生の上に設置した丸鋸作業台、3ヶ月お世話になりました。
撤収しました。重くて腰ぬけそうです。
171117-04




明日は雨とのことだったので、午前中に終わって午後は山へ行きました。




11/18(土曜日)

建屋は一応完成したとは言え、そのままでは使いにくいので棚や作業台や道具掛けなどを付けなければなりません。予定していた薪狩りが雨で中止となったので、ほそぼそと中をいじっておりましたです。




まず、長くてかさばる刈り払い機を邪魔にならない所へ掛けるようにしました。
暫定です、掛けるのに棒がいるので面倒です。さっと掛けられるフックをいずれ作ります。いずれですが。
171117-05




壊れたコンプレッサーのタンクだけを利用してサブタンクにしました。本当のコンプレッサーは下見板の壁のむこう、つまり納屋の中にあり、土台下のキソパッキン分の隙間からホースやら電源線やらを行き来させています。
171117-08
このタンクは両オスが付いた(黄色い)中継ホースの元にボールコックを付けてあるので、サブタンクだけを持ち出して使うことが出来ます。つまり何を考えているかと申しますと、山でチェンソーの刃を交換したりする際に便利な訳ではあります。でもたぶん持ち出すのが面倒なのでよほどでなければ持っては行かないでしょうけど。




急に寒くなりました。
寒かったのでこの投光器で気休め程度の暖を取ることが出来ます。
171117-07




作業台と物置台をかねた台を作り始めました。高さ的には小上がりみたいな感じです。
根太を組み始めたところですが、根太を太くすると下のスペースが犠牲になるので45角を使っています。でも弱いので後に鋼材で補強することになりそうです。束を増やすと邪魔だし上から吊っても邪魔になります。
171117-06



うずら豆のような斑入りの落花生、昨年は種を採っただけ、今年は少し種を増やしただけ、来年は食べます。
171117-01

薪狩り 谷底のアラカシ背負子搬出



2回目の薪狩りであります。
鬼ヶ牙をこの向きから眺める方の現場です。
ボッチです。まだ仲間はエンジンがかからないようです。
171111-01




はい、先週の伐倒で突っ立っている枯損木が少し減りました。
171111-02
↓一番初めの状態がコレです。
171111-30




とはいうものの、これらが難物なんです。
道路側に傾斜しているので谷側から起こし木の牽引伐倒なんです。
171111-15
道に沿ってミツマタが植えられているのも、まあ邪魔ですね、傷めないようにしなければなりません。
171111-04
すでにツボミが出来ています。
171111-03
今日は伐倒しません。




70cm級の大コナラ、既に葉っぱを落としています。
どうも様子がおかしい気がします。他のコナラはまだ葉っぱが青々しています、色すら変わっていません。
枯れたのなら今シーズンに伐らなければなりません。
171111-16




今日はこの深い谷底に倒れた木を引き上げます。
171111-14




これです、アラカシです。
171111-05




見上げる所にバンガロー群があります。
171111-12




25cmほどの細い木でした。
171111-08




小一時間で捌き終わりました。
171111-06
伐倒の手間が省けたので楽だったような物足りないような微妙な気持ちです。




柴は放置です。
171111-07




ロープに結び目をいっぱい作って上の方の木につなぎました。
171111-09
171111-11




ダイモンジソウが咲いていたので踏まないように。
171111-10
ダイモンジソウだというのは勿論知っていました。ウソです。
ユキノシタによく似た花なので調べたら出て来ました。ユキノシタ科ユキノシタ属とのことです。
ただ、ユキノシタは春に花が咲きますがダイモンジソウは今咲いています。




コンテナ7杯でありました。軽めの7杯です。
平地では軽めですが斜面では重めでした。
171111-13




新たに依頼を受けた現場に立ち寄りました。
ヒノキ数本です。
171111-17
依頼を受けたのは数本ですが、この下の田べりにけっこうクヌギとか生えているのも好きなように伐ってエエと言ってもらっています。




午後はいつもの場所へ、ブロックは夏の間は納屋増築の木材置き場になっていたのでそのままです。
いつものφ16鉄筋です。
先週のコンテナ8杯と今日の7杯を積みました。これでコンテナが空いたので来週行けます。
171111-18




コロはだいぶ減ってきました。
すでに今シーズンのコロがたまってきたので早く空けたいです。
171111-19








シーズン初の薪狩り




今シーズン初の山仕事であります。
仲間はまだスイッチが入ってなさそうな雰囲気を感じたのでボッチです。




今シーズンから新たに道路左の一帯を伐採依頼頂いております。
特に、道路にはみだした枝や枯損木処理を優先してほしいようです。
171105-01




2013年は猛暑で雨が少なかったので、カシノナガキクイムシにやられていたコナラ属がこの一帯で10本以上枯れました。そのうちの数本がまだ立ったままの現場です。もちろん生きたコナラも多いのですが、枯損木が危険なので先に処理します。




こいつは50cm超20m級のコナラ、枯れたすぐに言ってくれたら嬉しかったんですが、縁が無かったようです。
171105-06




これは30cm強、クヌギのようです。赤身がまだカンカンなので、腐った白太を簡単に除去する方法があったら搬出したいですね。
171105-02
枯損木となると伐倒が雑ですね、ツルが無くなっています。まあ傾斜木だったので、追いヅル伐りさえすれば少々デタラメでも滅多なことはないかと。




これは40cm強の、クヌギですかね。
171105-03




サルノコシカケがついています。
171105-04




枯損木の玉の山であります。
171105-10

171105-11




細径木を何本か伐って、
171105-07




細い目のシイタケの原木(コナラ)を数本と、
171105-08




枝薪を背負子搬出であります。この程度の登りならけっこう行けそうです。
171105-09




川べりの崩落に巻き込まれたアラカシ、これもいずれ必ず背負子搬出します。
171105-05




午後は現場を変えて、3シーズン目の現場です。田んぼの薪小屋のある所です。
地主さんが、田んぼ(休耕田)の中に木が生えているのを嫌っておられるので伐ります。
クヌギとコナラの細径木です。
171105-12




下から3玉分の高さで伐倒です。これは、谷に生えているアラカシなどを牽引伐倒する為のアンカーです。
用が済んだら頂きます。
171105-13

171105-14




やや少なめですが、欲張りはしません。このくらいが楽でいいです。
171105-15





納屋増築~外壁張りは続く


11/3と11/5
は納屋増築作業の続きをしました。久しぶりの晴天での作業でした。
11/4だけ今シーズン初の伐採に行きました。




まず、東面の壁板を張りました。
171105-16




外壁を張っただけだとこの空間がなんとも微妙なので、
171105-19




屋根垂木の下端に板を張っていきます。軒天みたいなものでしょうか。
171105-17
このあとに目板打ちとなりました。




カマキリさん、一日中とまっていました。
171105-18




北面の目板打ちが終わりませんでした。
171105-20




来週は出来そうもないので、翌々週に持ち越しであります。