FC2ブログ

納屋増築~またしても雨で

またしても雨で、それでもなんとか小降りの隙をねらって

         

やっと取り付けました。はまらんかったらどうしようと思いながら重たい扉を納屋のリビングから運んで当てて見たら、まあギリギリでしたがドア枠に入りました。そして、さっさとヒンジを取り付けました。




次にラッチを、座掘りして取り付けました。これが無いと扉は固定されずふわりふわりと風にあおられます。
ラッチの軸は7mm角の穴なのでMonotaroで買った7mmの鉄の角棒を突っ込んで、先っぽにはドアノブというかツマミですねこの小ささは、それを付けます。取っ手に隠れるようにしたかったんであります。φ20異形棒鋼です。もっと、何というかローレットのかかった真鍮製か何かの洒落たツマミにしたかったのですが、とりあえず家にあるもので作るとこんな事になってしまいます。
171029-08




これで南面は一応の最終形ということにはなるのですが、
171029-10
パテ埋めした抜け節が目立ちます。まあ節なので、そのうち濃い茶色でパテ部を塗る事にします。




ヒンジの取り付けネジも仮の姿です。恒久的にはM6ボルトで内側から締めます。防犯上の理由でです。
171029-11




取っ手の取り付けも暫定ネジです。いずれそのうち裏からボルト止めします。いずれがいつなのかはわかりません。
171029-07




内側も一応ドアノブ・取っ手・ロック・戸当たりを付けましたがゴチャゴチャしていて不快ですね。
また気が向いたらスッキリさせます。気が向いたらの話しです。
171029-12
ロックはキーを使わないタイプです。それをどこで操作するかは言えません、秘密の場所でφ9ピンを抜き差しします。




本降りになったり小降りになったりの中で扉を取り付けて、あれこれ作業をしているうちにどんどん膨張して閉まらなくなって行きました。ベルトサンダーで削りながらの作業でありました。
171029-04
まあ、おおむね計算通りの幅に仕上がったということではあります。最膨張時の隙間が1mmくらいでありました。
問題は乾燥時にラッチが掛からなくなるほどドア幅が収縮したらどうしたら良いのかです。




ところでこの扉に使ったヒンジでありますが、今回の扉に使ったのはネットで買ったエゲレス製なのですが、先日オープンしたコーナンホームセンターでそっくりのヒンジを見つけました。メーカーは日本のWAKI(和気産業)でインド製です。価格は約1/6です。
上がイギリス製、下がWAKIのです。
171029-05
同じく上がイギリス製、下がWAKIのです。
171029-06
どちらの風合いが好みかは分かれるかも知れませんが、WAKIの方が分厚く丈夫そうです。これを先に見つけていたら今回の扉はこの安いヒンジになっていたかも知れません。近々もうひとつ扉を作る必要があるので、それにこのWAKIのヒンジを使おうと思っています。




一輪クローラーを入れてみましたが、鋭角のコーナーにギリギリ一杯です。
171029-09
これではとてもじゃないけど薪割り機など収納できないので、一生マジック斧かもしれません。




センサーライトを取り付けました。この隙間からコンセントプラグを入れたいのですが、何としても入らない、カッターナイフで破風板の裏の角を削って、なんとか入れました。
171029-01

171029-02




晩秋に咲くのがツワブキであります。
って知ったかぶりで行ってますが、咲くまでは忘れていて、咲いたら「ツワブキが咲くのは秋やったんや」 であります。
171029-03




コメント返信の都合上、扉に使ったラッチの写真を上げておきます。
171031-50




スポンサーサイト



納屋増築~雨なので扉製作の続き




また雨でありました。
しかも伊勢湾台風に酷似しているなどと言われる台風が来ています。
まだ扉がついてない納屋増築部分は吹っ飛んで行きはしないかと心配ではありますが、ひたすら少しずつでも作るしかありません。



先週作りかけた扉、上下の横桟と羽目板は組み付けましたが、まん中の横桟と筋交いがまだであります。
まず、まん中の横桟と筋交いが交差する部分の相欠きを加工します。板厚25mmの半分ずつ欠き込んでコソッとはめこみます。
171021-01




無事はまってくれました。
171021-02

171021-03




そしてボンドとネジで組み付けて、一応扉の形にはなりました。
171021-04




ところが、抜け節を後ろにするつもりだったのが前に来ていることに気づきました。
こういうポカは私はよくやります。
171021-06




パテ埋めしておきました。よけいに目立ちますね。また薄い茶色でも塗っておきましょう。
171021-07




次はラッチの取り付けです。
171021-10




納屋の扉を2本作りましたが、その時の穴径と違う事にきのう気づき、慌ててamazonに注文しましたら、昼に届きました、速いです。φ21木工ドリルであります。
普通の木工ドリルは先端のネジ部が引っ張ってくれるので楽なのですが、精密な穴をあけたい時は進むのが速すぎて失敗しそうなのでネジが効かないようにφ5の下穴をあけておきます。
171021-11




治具を作りました。フリーハンドでは失敗する自信がありますから。
右の小さな穴は下穴用のφ5ドリル用ガイドで、先にそれをあけてからずらせてφ21穴をあけました。
171021-08




無事にφ21穴があきました。
171021-12




ラッチ本体が無事に入ってくれました。深さが100mmくらいあるので心配ではありました。
171021-09
四角い部分は彫り込んでから取り付けます。




入口左のドア枠の後ろの板、何というのか知りません、まあドア枠の一部ですね。ラッチの相手であるストライク(四角い穴があいた鉄板)がつく所です。これを取り付けました。
171021-05




あとは雨では出来ないので納屋の片付けをしていました。
いつか飲み会をした時の仮設の囲炉裏を分解して片付けました。
171021-13










納屋増築~扉製作



ぐずついた天気が続いています。
雨が降っていない隙に出来るだけ外作業をします。

まず扉に使う羽目板を仕上げます。
前に元の材料180mmから壁の目板30mmを1枚だけ切り出した残りの150mm幅ほどの板を扉用に9枚取っておきました。
それを更に両耳を切って幅を仕上げました。
171015-01




そしてトリマーで相决り加工をします。
171015-03
决り深さのチェックです。
171015-02
まあこんなもんかと思います。




扉はこんな感じになります。
今加工したのは、この縦の羽目板9枚です。
170826-20




扉製作の後の作業は屋内でも出来るので一旦中断して、雨が降らないうちに北面の上段の外壁を張りました。
目板の切り置きがなかったので目板打ちは次回になります。
171015-07
この部分が張ってあるのと無いのでは雨の降り込みが全然違う事がわかりました(あたりまえですが)。




面倒でした、納屋本体の下見板との取り合い部分のギザギザが。
171015-06
本当はあまりキチキチにすると地震の時に双方が別々の動きをしたときに傷む可能性があるのですが、ついやってしまいました。




雨が降ってきたので扉の製作に戻って ...
平らでソコソコ広い所、というと納屋の一室のフローリングしかありません。
扉は幅1233x高さ1945で、そこそこデカイです。
171015-08




横桟に羽目板の働き幅の位置を墨付けしておいてボンドとスリムネジで固定して行きます。
171015-10
対角線で長さを測定して、重みで垂れ下がる側を少しだけ長めに仕上げておきました。



相决り+2mmの目透かしで吸湿膨張を吸収する仕組みにしてあります。
171015-09
14年前に作った納屋の扉は目透かし無くくっつけて作ったので湿気の多い日に膨張で閉まらなくなって、外して削った事があります。








オニグルミとシイタケ





今年もオニグルミが豊作でした。
まあこれを数える人もあまりいないでしょうが、約700個ほどでした(私が数えたわけではありません)。
171015-04





不覚にもシイタケが上がっているのに気づかず勿体ない事をしました。
といっても大丈夫なのも多かったので食べますが。
昨年春に植菌した榾木です。 すその620という品種で早くから上がります。
形はすその360が好きですが。
171015-05






納屋増築~南面板張り完了と電灯取り付け




今週は有給を2日取って土曜日と合わせて3日間、納屋増築の作業をしました。



まず、入口の庇に水切りをつけました。水切りと言うよりはカバーですが。
私の作業台はいつもコンテナです。ガルバ鋼板の平板から切り出しして、
171007-01




挟み込んで曲げました。
171007-02




狭い方はこんな工具を作って曲げました。
171007-03




あまり綺麗には曲がってませんが、ともかく付きました。
171007-04




上側の板との取り合いが面倒です。けっこうテキトーです。
水切りは折り返してないので気をつけていないと切れます。
171007-05




そのあとは壁板を張り、目板を打って南壁は完了しましたです。
171007-12




休み2日目の途中から雨だったので屋根の下で出来る作業ということで、納屋の配電盤から増築部への電気配線をしました。
大きな板がなかったので仮設であります。いずれ一枚板でスイッチやコンセントをまとめて付けようと思っています。
171007-08




そして電灯を取り付けました。2番目の桁の西面に3個と東面に1個であります。
もうこれだけで十分明るいとは思いますが、チェンソー刃研ぎなど細かい作業をする時の為にあと2ヶ所をと思って電球は買ってありますがレセップを買い忘れました。
171007-07
171007-09
ちなみに色は当然電球色です。木と電球色はすごく相性が良いと思います。
LEDは安くなりました。60W型のLED電球2個で1200円しません。
かつて電球型の蛍光灯が出た時はスゴイと思いましたが、いまや同じ60W型でも大して価格に差が無いです。しかも蛍光灯は熱くなりますがLEDは熱くならないので可燃物に接近していても安心です。消費電力も60W型を6個付けても50W程度です。




そして北面の壁板下地の胴縁を杉45角で作って打ちました。例によって柱や方杖の部分の欠き込み付きです。そして上2本は桁にノミで穴掘って打ち込みです。
171007-10
あとはこの面の板張りと、




この面の板張りです。
171007-11




裏のアケビが開きました。
甘くなるまでもうしばらく待ちます。
171007-06







納屋増築~入口の庇





入口のドア枠の上に庇を付けました。

本当は庇のないシンプルなのが好きなのですが、これがあると無いではドアや蝶番の持ちが全然違います。
庇のきちんとした構造をリサーチせずに思いつくまま付けたので何やら違和感を感じますが、そんなこと言ってられませんので先を急ぎます。
171001-01
なお、庇には水切り板(ガルバ)をかぶせて、壁板の奥へ潜り込ませます。




庇の両脇は入り組んでいて壁板との取り合いを仕上げるのに骨が折れます。
171001-06




ドア枠の目に付く所に抜け節があったのでパテ埋めしておきました。
色が違いますが、いずれ木材はシルバーグレーになるので目立たなくなるでしょう。
171001-12




こちらは壁板に抜け節があるのでパテ埋めを、と思ったら中身が下に落ちていたので木工ボンドでくっつけておきました。
171001-05




昼休みには読書を少々。
171001-02




入口の両脇は無事に壁板を張り終えて、
171001-07




上段の下地の胴縁のスパンが広すぎたのと、庇が上まで伸びたので胴縁を追加です。
171001-10




45角を柱と方杖の部分だけ欠き込んで打ちました。
171001-09




本日の最終形、上段の左から1枚目まで張り終えました。
一番左の目板は納屋のぎりぎりなので、思い切って目板自体を納屋の下見板に形状合わせにして打ちました。
171001-11




残土を盛った山も少しずつお隣さんの畑に運んでイノシシが掘った穴埋めに使っています。
171001-08





キンモクセイを剪定しました



キンモクセイの花も終わったので剪定します。
本当は剪定しないキンモクセイの樹形が好きなのですが、建物の近くにある場合は毎年きちんと剪定していかないといけません。
171001-04




スッキリしましたです。
171001-13




お隣さんの茶の木の枝が道に出っ張っていて通行の邪魔になる(黄色い線)ので刈らせて頂きました。
一人暮らしのご老人、まだまだお元気です。
171001-03