FC2ブログ

納屋増築~外壁の続き




この週末は土曜日のみの作業でかつ雨で作業開始が遅れ、加えて夕方から職場の歓迎会なので4時には作業終了となり、外壁張りは少ししか進められませんでした。張った枚数としてはたったの5枚でありました。出隅を回り込む部分で手間を食う部位だったので余計であります。




前回終了時は斜辺を3枚残す所でありました。
170820-12




今回もまず目板の切り出しから初めました。
買ったままの板はなぜか中央が痩せていて両端が幅広なんですよね。
写真では見づらいかも知れませんが、両端がフェンスにくっついていても中央は隙間があるのですよ。
170826-03
まん中が細い理由を考えてみました。
2m物なので2mの長さの丸太で保管されているはずなので両木口は乾燥が進み既に収縮している状態で製材し、板になって幅も仕上げられて乾燥が促進される状態になってから乾燥不十分の中央部分が乾燥に伴って収縮するからという事ではないかと思います。つまり製材で幅を決めた時点ではまん中はまだ含水率が高かった訳ですね。




で、もし未乾燥の状態で壁に打つと後に釘の部分で割れる力が働く訳ですよね。それで無くても無垢板は膨張収縮が激しいはずなので釘位置を十分配慮しなければなりません。私は今回、釘位置を幅3等分の中央2ヶ所にしました。この結果がどう出るかはわかりません。




というわけで先に木端面の湾曲した部分を除去する為にほんの2~3mm耳を落としました。
170826-02




目板、今日使う分は確保できました。
170826-05




扉の製作も考えていかねばなりません。
6寸の板から目板(約30mm)を1枚切り出して残った約150mm9枚を扉用に確保しました。
170826-04




扉はこんな感じになる予定です。
170826-20




で、斜辺の残り3枚と東の出隅の面と、
170826-07




南面に回り込んで1枚まで張ったところで終了でありました。
170826-06









スポンサーサイト