連休もやはり薪関連の作業です



今シーズンに使い切れず来シーズンへの繰り越しとなった薪の整理です。
170501-01




入口近くに新たに薪棚(手前の囲い)を作って移動しました。
170501-30
奥の薪(’11~’13カシ)と手前の薪(’13ほぼコナラ・クヌギ)を合わせて約1.3立米ほどであります。
あと4立米ほど外の薪棚から取り込んで来シーズンの準備をせねばなりません。




その前に先週からやっている浸水対策をしなければなりません。
170501-05




とりあえず防水剤入りの補修モルタルを薄く塗りました。
きめの細かい補修モルタルだったのですり込んでおきました。少しはましになるでしょう。
170501-06




これは浸水対策ではありません。
3年前に屋根を葺き替えた時に取り付けた雨樋ですが、軒樋を取り付けただけで放置、垂れ流しの状態でした。
170501-12
これではやはり地面に水たまりができるのと、雨の日に薪を取りに来たときに鬱陶しいので、やっと竪樋を付ける気になりました。




たいそうに言うほどの作業ではありませんが、完了です。
170501-13




コロ薪小屋の屋根が逝ってます。
170501-09




塩ビは耐久性が低いですね。
170501-08




笠釘が無かったのかトラスネジで張ったのですがサビサビです。
170501-10




完了です。またしばらくは大丈夫でしょう。
170501-11




そろそろチェンソーのメンテの季節ですが、まだそこまで行きません。
とりあえずソーチェーンだけでも研磨です。
というわけで、こんな物を買いました。
170501-03




刃をちょっと特殊な形状に研磨できます。
170501-04
上刃の下はバックスロープの方がキックバックを押さえる効果があるはずなので、砥石の成型次第でこんな形になります。普通にRに成型すると、刃が短くなって丈が低くなってくるとボトムを削り込んでしまいますが、これだと大丈夫です。




専用の砥石をつけて首振りを10゜にすればデプスゲージも研磨できます。
170501-14




今シーズンはMS150Tで2回、MS390で2回も鉄を切ってしまいmm単位の研磨を余儀なくされました。
mm単位の研磨って時間がかかるのですよね。そしてデプスゲージの研磨がうまく行ってないことが多く、大抵は取り足りなくて切り進まないのです。その辺を一気に解決する為の投資です。




スポンサーサイト